洗車方法

夜に洗車するってどうよ?夜洗車するメリットデメリットとは?

2018/07/31

夜に洗車をすることについて

一般的に気温25度程度が最も洗車に適していると言われています。

つまり 洗車をするのに最も適した条件として、晴れた日の昼間にするというのは 間違いということになります。

しかし春であれば昼間でも気温は25度以下であり最も適している季節と言えます。

さらに洗車の時に使う溶剤が問題です。

車の表面の温度が冷えないうちに、カーワックスとかをかけてしまうとすぐに乾いてしまいムラになる恐れが出てきます。

要するに洗車をする条件としては、車体が冷えてないうちにはしない方が良いということになります。

どうしても昼間しないといけない場合には、水でよく車体を冷やしてから行いましょう。

特に夏場とか昼間の洗車は良くないし、また夕方であってもまだ車体が冷え切らないうちに洗車をしてしまうと良くないということです。

そこでガゼルがふと思ったのですが、夜間洗車するのはどうだろうか?

夜間洗車した経験はありませんので疑問に思いました。

夜間洗車することについてどうなんだろうかと思い考察してみることにしました。


スポンサーリンク

夜に洗車することのメリット

洗車場が空いている

洗車場によっては、休日の朝の6時から行列ができるほど混んでいる所もあります。

ですが仕事が終わった後、夜間に洗車しようとする人は少ないのでかなり空いています。

洗車ブースも自由に選べる所が良い点です。

日焼けしない

夏場の昼間だと炎天下の中での作業になりますので、かなり日に焼けてしまいます。

長袖で作業すると暑くなりますので、どうしても日焼け対策が必要になります。

夜だとそんな心配はいりません。

着替えいらず

特に夏場の作業になると気温が暑くなり汗がかなり出てきます。

特に車内の清掃は密閉状態になりますので汗の量が半端ないです。

その点夜は涼しく汗もそんなにかきません。

すぐ乾かないのでゆっくり洗車ができる

昼間の太陽の下であれば水洗いをすると水滴が乾いた時にウォータースポットができます。

洗車には水道水を使いますが、カルキやミネラル分が乾燥することによって濃縮されて、丸く固まってしまう現象をウォータースポットと言います。

流し台などでよく水玉模様で白くなっているのをよく見かけますがそのような現象です。

ウォータースポットの跡には雨が集まりやすくなっています。

雨は酸性雨が多いので、乾くとどんどん濃縮されて強酸性になり塗装を侵食して行きます。

軽いうちはすぐに取れますが、ひどくなるといくら磨いても取れにくくなってきます。

とにかく水滴が乾かないうちに拭き取りを急いで行わなければならないのです。

夜に洗車するデメリット

車体が暗くてよく見えない

せっかくカーシャンプーをしても洗い残しがあるかどうかわかりません。

また汚れが落ちたかどうかもよくわかりません。

カーワックスを施行した時でも、拭き残しがあるかどうかも分かりません。

特にフロントバンパーの下やサイドスカートの 下などは、汚れが落ちたかどうかは照明をつけても分かりにくいです。

車体に露が付いてしまう

夏場などは大気の状況によっては夜露が付いてしまうことがあります。

また冬場寒い気温であれば霜が車体につくこともあります。

こういう時は水洗いはできても乾きは遅いですし、ワックスやコーティングは難しいでしょう。

洗車は冬は寒いし夏は暑い

当たり前のことですが、洗車作業は外でしますので気温が高すぎたり低すぎたりすると辛くなってしまいます。

夏は薄着をしますので日焼けをしやすいですし、冬場は洋服を着込みますので動きにくく作業がしづらくなります。

夏場は洗車中虫が寄ってきて辛い

夏場に照明の下で夜洗車をするとよく虫が飛んできます。

水洗い中は良いのですがカーワックスを施工している最中であれば悲惨です。

虫の体液はなかなか取れないのでひどい場合はまた洗い直しということになります。

虫と一緒にふいてしまわない様に注意しましょう。


スポンサーリンク

夜どこで洗車するか

夜の洗車はガソリンスタンドがおすすめ

ガゼルはガソリンスタンドでの洗車をお勧めします。

なぜなら夜のコイン洗車場は人気が少なく物騒だからです。

また暴走族やヤンキーの兄ちゃん達が来る可能性が高いです。

盗難や強盗などの被害に遭う危険性が高くなります。

女性だと特に危険ですので夜の洗車はやめましょう。

24時間営業のガソリンスタンドだと朝まで洗車機が使えるんじゃないかと思われるかもしれません。

しかし深夜はDQN客が来るからという理由で洗車機を使えないGSもあります。

また騒音や照明の問題で、ガソリンスタンドの周辺の自治体と相談をして洗車機の営業時間を決めているケースもあります。

だいたい夜の8時から10時の間であれば洗車機は使えると思いますが、それ以降はガソリンスタンドに問い合わせてみないと分かりません。

コイン洗車場はどうか

コイン洗車場であれば夜中は空いていますので場所も選び放題です。

次を待っている人もいないのでまた自分のペースで洗車ができます。

前述したように暴走族やヤンキーの兄ちゃんとかがくる恐れがありますのでよく下調べをしておきましょう。

自宅で洗車をする

近隣の住民になると結構うるさい人が多いので、騒音には気を付けなければなりません。

隣の住人にはあらかじめ言っておくと安心です。

しかしながらあまりにも時間が遅いとか、照明が明るすぎるとか、水の音がうるさいとか、苦情がくる場合はやめなければなりません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本にははっきりとした四季がありますし雨の多い梅雨もあります。

洗車に最も適した季節は春です。

でも他の季節には洗車しないというわけにはいきません。

そして朝するか昼間するか夜するか についてはそれぞれメリットデメリットがあります。

人それぞれ事情がありますが状況に応じて洗車する時期を判断する必要があります。

私の記事が参考になりましたら幸いです。



-洗車方法