洗浄剤

ホイールの洗浄剤選び!マジックリンVSサンポール結果は?

2018/08/17

純正の鉄ホイールからアルミホイールに履き替えるとかっこいいですよね。

ガゼルもハスラーの鉄チンホイールからかっこいいアルミホイールに履き替えました。

でもアルミホイールは、かなり汚れますしその汚れが目立ちます。

ホイールの色によりますが白色を選択しますと、かなり汚れが目立ってしまいますね。

そこでアルミホイールを洗浄する必要があります。

ホイールの洗い方が知りたい

ホイールの洗浄剤にはどのようなものがあるのか?

家庭用の洗浄剤ではダメなのか?

ホイールを洗うスポンジやブラシはどれが良いのか?

色々と疑問が出てくると思います。

ホイールの内側とかは特に、どう洗っていいのか分からないと思います。

ホイールの汚れ自体落ちにくいので面倒で放っておく人が結構いらっしゃると思います。

今回はこれらの疑問について答えていきたいと思います。


スポンサーリンク

車のホイールの洗い方

本気でホイールを洗ってみた パープルマジックにピカール

まず車のホイールの洗い方から説明していきます。

ホイールの洗浄はタイヤと同じで、ボディ洗浄よりも先に行ってください。

タイヤホイールの汚れは油などを含んでいる場合が多いので、ボディに飛び散る可能性があるからです。

洗浄の流れ

まず最初に水で大まかに汚れを洗い流します。

次にカーシャンプーをスポンジにつけ、細かいところまで綺麗に汚れ落とします。

水で泡を落としてからホイールの洗浄剤をつけ、ピッチやタールの汚れを落とします。

さらにカーシャンプーでホイールを磨きます。

ホイールの内側は普段は洗えませんが、スタッドレスタイヤの交換ついでにガソリンスタンドとかに依頼すると良いと思います。

少々面倒くさいですが自分で交換される方は、ホイール専用の洗浄剤を使うと良いでしょう。

さらに自己責任でお願いしたいのですが、家庭用のサンポールを使用すると見事に汚れが落ちます。

この方法については後で詳しく述べます。

最後に水で洗い流してください。

ホイールの内側の洗浄について

ホイールの内側というのはなかなか洗うことは困難です。

なぜならタイヤごと外さなければならないからです。

冬になってスタッドレスに履き替える時がチャンスです。

外して内側を見てみるとたくさんの油汚れやブレーキダストがこびりついて汚れています。

表面はツルツルで鏡面加工がしてありますが、裏側ザラザラなので汚れが落ちにくいのです。

カーシャンプーで洗うなんて事は出来ません。

専用の洗浄剤で汚れを落としてください。


スポンサーリンク

おすすめのホイール洗浄剤は?

アルミホイールを洗浄するおすすめの洗剤はスプレータイプの洗浄剤です。

家庭用洗剤で安い代用品はあるのですが、タイヤやアルミホイールを痛めないように注意しなければなりません。

アルミホイール専用の洗浄剤のほとんどが、タイヤやホイールの表面を痛めることなく強力に洗浄してくれます。

おすすめの洗浄剤紹介

アルミホイール専用洗浄剤にはスプレータイプのものがあります。

簡単で便利ですが、タイヤやアルミホイールを傷つけないで油汚れを落としてくれます。

さらに鉄粉除去成分が入っているので、ブレーキダストを綺麗に落としてくれます。

おすすめのスプレータイプ洗浄剤

カーメイト 洗車用品 ホイールクリーナー ストロングショット パープルマジックRS スプレータイプ 440ml

●スプレーをして3分程度放置、液の色が紫色に変化します。

●スポンジやブラシで汚れを落とします。

●液がたれにくく留まりやすく強力に分解します。

●クロームメッキホイールもOKです。

●ブレーキダストはもちろん油汚れも強力に落とします。

カーメイトのマルチ&コーティング

●非イオン系表面活性剤で、泡状に噴出しタイヤもホイールも一度に洗浄出来ます。

●洗浄した後には撥水被膜を作ってくれるコーティング効果があります。

ホイール専用の洗車ブラシについて

どんなブラシが良い?

アルミホイールはメタリック塗装したものとアルマイトで表面処理したものがあります。

それぞれのアルミホイールを痛めないようなブラシを選ぶ必要があります。

またアルミホイールは、複雑な入り組んだ形をしているので普通の洗車ブラシでは洗いにくいです。

そこで、細長くてホイールの隅々まで行き届くアルミホイール専用のブラシを使用します。

これなら強固な泥や油汚れも隅々まで洗浄出来ます。

おすすめのアルミホイール洗浄ブラシは?

●ツイスト加工されたマイクロファイバーが、ガンコな汚れやブレーキダストを絡め取り、さらに、内部の山型スポンジ形状により、細いスポーク部の汚れや隙間汚れをしっかりと落とします。

●柄の角度(12度)を人間工学的な視点で設計し、洗いやすい柄の角度にしました。

●また、手になじむグリップ形状でフィット感も抜群です。

●これ1本でスピーディーに洗えて、とってもラクに作業が完了します。

ホイール専用の洗車スポンジについて

スポンジの良いところは、キズが付きにくいというところです。

柔らかいので狭い所でも、密着して汚れを落としてくれます。

ホイール洗車スポンジのおすすめ商品は?

created by Rinker
プロスタッフ(Prostaff)
¥567 (2018/8/17 12:22:53時点 Amazon調べ-詳細)

●ホイール洗車に適した強さと優しさを兼ね備えている保水力が高いウールを選別し贅沢に使用しました。

●持ち手部分は感覚が伝わりやすく疲れにくいベストなサイズの設計で仕上げています。


スポンサーリンク

ホイール 洗車 マジックリンVSサンポール

マジックリンで洗うと?

created by Rinker
マジックリン
¥1,080 (2018/8/17 12:23:09時点 Amazon調べ-詳細)

これについては刺激が強いので手袋をはめて作業してくださいという注意書きがあります。

タイヤに対する攻撃性が強いので注意が必要です。

普通のカーシャンプーを使っても泥や砂が落ちるぐらいでブレーキダストは落ちません。

マジックリンは強いアルカリ性ですのでタイヤに良くありません。

これでしつこい油汚れは落ちますがブレーキダストは落ちません。

ホイールの表面を洗うのにはいいでしょうが、ブレーキダストがビッシリ付いた内側を洗うのには適していません。

長所はこの洗剤が家庭用でどこにでも売っており値段が安いことです。

サンポールで洗うと?

created by Rinker
サンポール
¥2,980 (2018/8/17 12:23:25時点 Amazon調べ-詳細)

トイレの便器を洗う洗浄剤として有名なのがサンポールです。

サンポールの成分は希釈した塩酸です。

ですのでブレーキダストを溶かして洗浄するという方法になります。

サンポールを塗って3分ほど放置してスポンジでゴシゴシこすると、アルミホイールにこびりついたブレーキダストは驚くほど綺麗に落ちます。

しかし塩酸なので、残らないように綺麗に水で洗い落とさなければなりません。

マジックリンでは油汚れは落とせましたが、ブレーキダストは落とせませんでした。

サンポールでは見事に綺麗になりました。

いずれにせよタイヤにもホイールにもダメージを与える恐れがありますので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アルミホイールは非常に汚れやすくまた汚れが目立つところです。

大抵の人はボディーを洗うついでにカーシャンプーで、アルミホイールを洗浄している人がほとんどだと思います。

しかしそれではアルミホイールの油汚れやブレーキダストは取れません。

専用の洗浄剤がおすすめです。

家庭用の洗浄剤のマジックリンやサンポールというものがありますが、これはカーシャンプーよりも油汚れやブレーキダストを落としてくれます。

しかもたいていの店で売っている商品ですし、ひょっとすれば家庭にあるかもしれません。

安価で便利な商品です。

しかしその反面アルカリ性であったり、酸性であったりとタイヤやアルミホイールにあまり良い影響は与えません。

使用後は必ず綺麗に洗い流すことが必須です。

ガゼルとしてはこの記事で紹介した専用の洗浄剤をお勧めします。

専用の洗浄剤とブラシやスポンジを使うと綺麗に汚れを落とすことができます。

たとえ内側の汚れでも一発で洗浄できます。

私の記事が参考になりましたら幸いです。



-洗浄剤