CHR ヴェゼル

ヴェゼルとCHR徹底比較!あなたならどちらを選ぶ?

2018/08/01

「ホンダヴェゼル」と「トヨタchr」は、共にコンパクトでスタイリッシュな都会派SUVとして、市場で大きな存在感を放っています。

ガゼルはこれはブームとしてとらえていて現在はSUVがトレンドだという事でしょう。

デビューが早かったのはヴェゼルの方で、長い間このカテゴリーでベストセラーカーの座にありました。

chrは、このヴェゼルを意識して開発されたと見て間違いないでしょう。

販売面では、一時はchrが大きくリードしていましたが、ヴェゼルも2018年2月のマイナーチェンジで息を吹き返し、chrに迫っています。

今回は、そんなライバル関係にあるヴェゼルとchrのどっちを選んだら良いかについて、様々な角度から検証します!


スポンサーリンク

ヴェゼル chrは似ているのか?

まず、ヴェゼルとchrは似てるのか、それとも似て非なるものなのかどうかを検証します。

ヴェゼルとchrのボディサイズを比較すると、以下の通りになります。

車名 全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) ホイールベース(mm)
ヴェゼル 4,330~4,340 1,770~1,790 1,605 2,610
chr 4,360 1,795 1,550~1,565 2,640

両者を比べると、chrの方が全長とホイールベースが僅かに長いことと、ヴェゼルよりもワイド&ローなプロポーションを持っていることが分かります。

しかし、実質的にはほぼ同等のサイズと言えるでしょう。

次にボディタイプに関してですが、ヴェゼル、chrともに5ドアで、クーペとSUVを融合させたようなスタイリングを持っています。

また、後席ドアのノブがCピラーに装備され、一見2ドア車のように見えるデザイン処理が施されている点も共通です。

続いて、内装に目を向けてみましょう。

インパネは、ヴェゼル、chr共にドライバーに向かって湾曲したコクピット感覚のデザインが採用されるなど、どちらもパーソナルカーとしての性格が強いことが見て取れます。

また、内装色も共にブラック系がメインで、一部グレードにブラウン系が設定されている点も共通しています。

こうしてヴェゼルとchrを比べた結果、サイズや内外装の意匠が似ていることがはっきりしました。

やはり、両者は真っ向からぶつかるライバル同士と言えます。


スポンサーリンク

ヴェゼル chr デザインはどっちが良い?

内外装のテイストが似ているヴェゼルとchrですが、デザインはどっちが良いのでしょうか?

まずは、エクステリアデザインを比較してみましょう。

ヴェゼルのエクステリアデザインは、アグレッシブな中にも洗練された雰囲気が感じられます。

フロントマスクは押し出し感がありますが、上品さを兼ね備えているので嫌味がありません。

ボディ側面は複数のキャラクターラインが入り、立体感と同時に流麗さが強調されています。

リア回りは彫刻的な造形が印象的で、フロントマスクとの統一感の点でも問題ありません。

一方、chrはヴェゼル以上にアグレッシブで迫力あるフォルムが印象的です。

フロントマスクは、近年のトヨタ車に共通するキーンルックと呼ばれる意匠が採用され、見る者に強烈なインパクトを与えます。

ボディ側面は、大きく張り出した前後のフェンダーとキックアップしたリアクォーターウィンドウが特徴で、ヴェゼルと比べると大胆な雰囲気です。

リア回りもエッジの効いた意匠で、フロントマスクに劣らない大きなインパクトが感じられます。

全体的な印象は、ヴェゼルはchrよりも大人しいイメージなので、万人受けしそうです。

一方、chrは大胆かつ挑戦的なイメージがあるので、好き嫌いがはっき分かれるかもしれません。

ただ、ヴェゼルもchrもデザインのまとまりが良いので、客観的にどっちが良いかを決めるのは困難です。

次にインテリアデザインに関してですが、インパネはヴェゼル、chrとも共通の基本ポリシーが感じられます。

ただ、中央部のスクリーンのデザイン処理が異なり、ヴェゼルがセンタークラスター内に収められているのに対し、chrは上部に飛び出したデザインを採用しています。

外観的な洗練度はヴェゼルの方が勝るかもしれませんが、スクリーンの見やすさの点ではchrが一歩リードしています。

インテリア面では、機能性の観点からどちらかと言えばヴェゼルよりもchrの方が良いと言えそうです。

ヴェゼル chr 居住性はどちらが広い

この項目では、ヴェゼルとchrの居住性を比較します。

室内の広さの目安になるのはカタログに記載されている室内寸法ですが、その数値は以下のとおりです。

車名 室内長(mm) 室内幅(mm) 室内高(mm)
ヴェゼル 1,930 1,485 1,265
C-HR 1,800 1,455 1,210

ヴェゼルの室内寸法は、chrと比べて長さが130mm、幅が30mm、高さが55mm大きくなっています。

実際の居住性は、運転席・助手席の広さに関しては大差無く、シートの出来も甲乙付け難いので互角と言えるでしょう。

一方、後部座席の広さはヴェゼルの方がやや勝っています。

膝元のスペース、頭上のスペースともにchrよりもヴェゼルの方が広いので、大柄な人を乗せる機会が多いならヴェゼルの方が好適です。


スポンサーリンク

ヴェゼル chr 後部座席居心地がいいのは?

ヴェゼルの後部座席

C-HRの後部座席

 

後部座席の広さではヴェゼルがchrを上回ることが分かりましたが、必ずしも広さが居心地の良さに結び付くとは限りません。

そこで、この項目ではヴェゼルとchrの後部座席の居心地を検証してみます。

居心地の良し悪しを左右するのは、シートの出来や視界です。

シートの出来を比較するとchrの方が座面が柔らかく、座り心地の点で一歩リードしています。

ヴェゼルは多彩なシートアレンジが魅力のひとつになっており、リアシートのチップアップやダイブダウンが可能です。

しかし、その分座面のクッションが薄手になっているので、座り心地がchrよりも劣ります。

一方、後部座席からの視界の点では、chrはヴェゼルよりもリアクォーターウィンドウの面積が小さいので、閉所に押し込まれたような感覚が否めません。

また、chrは後席用ドアの開口部がヴェゼルよりも小さいので、乗降性の面でも劣っています。

したがって、総合的な後部座席の居心地の良さでは、座面が硬いという欠点はあるものの、広さと開放感で勝るヴェゼルがややリードしていると言えるでしょう。

ヴェゼル chr 燃費と価格を比較!

次に、ヴェゼルとchrの燃費を比較してみます。

それぞれのカタログ燃費(JC08モード燃費)と実燃費(みんからのデータ)は、以下のとおりです。

車名 カタログ燃費(km/l) 実燃費(km/l)
ヴェゼル・ガソリン車 19.6~21.2 14.6
ヴェゼル・ハイブリッド車 21.6~27.0 18.0
chr・ガソリン車 15.4~16.4 12.0
chr・ハイブリッド車 30.2 20.6

カタログ燃費・実燃費ともに、ガソリン車の場合はヴェゼルが、ハイブリッド車の場合はchrが優れていることが分かります。

ガソリン車同士の比較でヴェゼルの方が低燃費なのは、エンジンの違い(ヴェゼルは1.5l自然吸気、chrは1.2lターボ)に加え、車両重量がchrよりも約200kgも軽いためでしょう。

一方、ハイブリッド車同士の比較で逆にchrの方が低燃費なのは、燃費の面で不利な4wdの設定がないことと、モーターの出力が大きくエンジンの負担が少ないことが、車両重量のハンディを上回ったためと推測できます。

最後に、ヴェゼルとchrの価格を比較してみましょう。

まず、ヴェゼルの価格は以下のとおりになります。

  • ・g(ff) 196万5,000円~207万5,000円
  • ・g(4wd) 218万1,000円~229万1,000円
  • ・x(ff) 209万5,000円~216万5,000円
  • ・x(4wd) 231万1,000円~238万1,000円
  • ・rs(ff) 247万5,000円
  • ・ハイブリッド(ff) 235万円~246万円
  • ・ハイブリッド(4wd) 256万6,000円~267万6,000円
  • ・ハイブリッドx(ff) 246万9,000円~253万9,000円
  • ・ハイブリッドx(4wd) 268万5,000円~275万5,000円
  • ・ハイブリッドz(ff) 271万円
  • ・ハイブリッドz(4wd) 292万6,000円
  • ・ハイブリッドrs(ff) 281万

続いて、chrの価格は以下のとおりになります。

  • ・s-t(ff) 229万円(北海道地区は231万760円)
  • ・s-t(4wd) 248万4,400円(北海道地区は250万8,160円)
  • ・s-t ledパッケージ(ff) 234万6,000円(北海道地区は236万9,760円)
  • ・s-t ledパッケージ(4wd) 254万400円(北海道地区は256万4,160円)
  • ・g-t(ff) 260万5,200円(北海道地区は262万8,960円)
  • ・g-t(4wd) 279万9,600円(北海道地区は282万3,360円)
  • ・s(ff) 261万4,000円(北海道地区は264万2,080円)
  • ・s ledパッケージ(ff) 267万円(北海道地区は269万8,080円)
  • ・g(ff) 292万9,200円(北海道地区は295万7,280円)

価格を比較すると、ヴェゼルの方が最大で約33万円も安く設定されています。

装備面では大きな差が無いにも関わらず、chrよりもヴェゼルの方が安いのは、ガソリン車は製造コストが低い自然吸気エンジンであること、ハイブリッド車はモーターや駆動用バッテリーの容量が小さい上、制御システムがシンプルなことが要因と推測できます。


スポンサーリンク

ヴェゼル chr 結局とっちを選ぶの?

ヴェゼルとchrを内外装デザインや居住性、燃費などの観点から比較してきましたが、結局どっちを選んだら良いのでしょうか?

これまでの検証から、内外装デザインは優劣云々よりも好みの問題、居住性はヴェゼルがやや上、燃費はガソリン車はヴェゼルが勝るがハイブリッド車はchrが勝る、価格はヴェゼルの方が安いということが分かりました。

また、今回は詳しい検証をしなかったものの、荷室スペースやシートアレンジの多彩さはヴェゼルが、乗り心地はchrが勝り、動力性能やハンドリングは互角と言えます。

総合的に判断すると、居住性や荷室スペース、コストパフォーマンスを重視するならヴェゼルが、乗り心地を重視するならchrが適していると言えるでしょう。

とは言え、車としての完成度は甲乙付け難いので、最終的な判断はあなたのお好み次第ということになります。



-CHR, ヴェゼル