SUV車

SUVと四駆の違いが分かりますか?二駆と四駆選び方教えます!

2018/07/31

「ガゼルはSUVと四駆は同じ意味ですか?」と質問されたことがあります。

結論から言うとSUVと四駆は全くではないですが違います。

全くではないと言うのは同じではないですが、関連性があると言う意味です。

●それではSUVと四駆の関連性とはどのようなことでしょうか?

●なぜ SUV=四駆と勘違いされるのでしょうか?

●SUVは四駆じゃないとダメなのでしょうか?

●二駆と四駆の違い、そしてわざわざ四駆を選択するメリットとデメリットはどこにあるのでしょうか?

SUVと四駆の意味を考えながらこれらの疑問を解き明かしていきたいと思います。


スポンサーリンク

なぜ SUV =四駆と勘違いされるのか?

前述したように SUV =四駆ではありません。

SUVと四駆はまったく違う意味なのです。

ではなぜこんな単純な勘違いが起きてしまうのでしょうか?

SUVの中には四輪駆動の車もある

四駆と言うのは四輪駆動車(4WD) のことです。

ですので同じ意味ではありません。

もちろんSUVの中には四輪駆動車もあります。

ですがSUVは必ずしも四輪駆動車じゃないといけないと言うわけではないのです。

四駆は4輪全部に駆動がかかる車のことです。

四輪駆動車に対しては2輪駆動車と言うのはあります。

これは一般的な駆動方式で前輪か後輪かどちらかが駆動します。

要するに四駆とは車の駆動方式のことで、SUV は車の種類のことを示します。

SUVとは

一般的にアウトドアに使用する車のことを SUVと言いますがSUV とは何の略でしょうか?

「SUV」って何の略?

Sports Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の頭文字をとったものです。

意味は、Sports(スポーツ) Utility(実用的な、万能の)Vehicle(乗り物、車両 )です。

「多目的な空間を持った車」、「スポーツ用多目的車」、「多目的スポーツ車」という風に訳されています。


スポンサーリンク

SUVの特徴は

見た目は普通の車よりタイヤがでかくて、車高がやたら高い車と言うイメージです。

タイヤが大きいので最低地上高が高くなり、凹凸の多い悪路や雪道でも余裕で走れます。

一般的にはアウトドアによく使います。

夏はキャンプ、冬はスキーなどに使用される方が多いです。

昔から大体そういう使い方をされていますが、最近では使い方が変わってきている様です。

SUVはおしゃれな車

 

最近はストリートを意識したデザインの SUV が増えてきました。

街中を走っていても違和感のないおしゃれなデザインになっています。

若者や女性を意識しているのがよくわかります。

昔の様に四角い無骨なデザインではなく、かっこいいクーペスタイルが主流になっています。

代表的な車が、ハリアーやCH-Rやエクストレイルやベゼルなどです。

これらは街中で走ってもさまになっていますし、いざという時は四輪駆動車で悪路も行けるスタンスです。

街中中心なので、4WDではなくFFを選ぶ場合も結構あります。

四駆とは

四駆とは4WD のことです。

4WD とは(four wheel drive )の略称です。

4WD と言い方は世界全体では使用しません。

日本独特の言い方で世界ではAWDと言う言い方が主流です。

AWDと言うのは (all wheel drive )の略称です。

つまり6輪だろうが8輪だろうが全てのタイヤが駆動しているという意味です。

元々雪道や凸凹道を走るために開発されたシステムだと言われています。

タイヤの駆動力は、4つに分散されるので少々スリップしても車自体は進むことができます。

 

SUV 四駆

SUVは四駆じゃないと意味がないのでしょうか?

四輪駆動車のメリットは、悪路に強く4つのタイヤに駆動力が分散しているためにスリップを起こしにくいと言うことです。

では四輪駆動車のデメリットはどの様な所にあるのでしょうか。

四輪駆動車のデメリット

四輪駆動車は、二輪駆動車に比べてシステムが複雑になるために重量が重くなってしまいます。

したがって重量が重くなると燃費は悪化します。

さらに重量が増えると当然動力性能が悪化してしまいます。

ばね下重量(足回り以下の重量)は軽くなるほど乗り心地が良くなる傾向があります。

従って重量が重くなると乗り心地が悪くなると言うことです。

さらに4WDは、ドライブシャフトとデフの重量が加わりますのでバランスの悪い乗り味になってしまいます。

重量が重くなるとロードノイズが増えることもある様です。

一番の違いは車両本体価格

一般的に4WD 仕様の車は、2WD 仕様の車よりも20万~30万円高くなってしまいます。

しかし買取の時に20万~30万円高くとってくれると思いがちですがそうではありません。

昔はそうでしたが今は違うのです。

このように、SUVでも基本的に2WDの方が様々な面でバランスがよくお得なのです。


スポンサーリンク

2WDと4WDの選び方

前述したように4WDは、雪道や悪路を走るために開発されたシステムです。

ですので真価を発揮するのはそういった 場面です。

アイスバーンのカチカチに凍った路面で、坂道の途中からスタートするのは2WDではかなりつらいです。

でも4WD だとお尻を振ることもなく登ってしまいます。

2WDと4WDで迷った場合は、きつい上り坂で雪の降る時に走行する場合があるかどうかということで判断したら良いです。

ガゼルはスキー場へ1年に25回以上行きます。

そう考えると普通は4WD なのですが、今まで2WD で困ったことはありません。

ぶっちゃけ普通の圧雪された雪道であれば、2WD でも登っていけます。

車が埋まってしまう様な大雪の時とか、カチカチに凍ったアイスバーンとか、雪が溶けてぐずぐずになった状態であれば少し苦労しますね。

しかしそんな時でも、最低地上高の高いハスラーであれば大丈夫だと思っています。

さらに軽量で下り坂でも滑りにくいですし、マニュアルなのでスピードコントロールがしやすくスタックからの脱出もしやすいです。

今までスイフトで平気でスキー場に行ってましたから自信はあります。

SUV車なのに2WDなの?

なぜ4WD にしないの?SUV の意味がないでしょう。

とよく言われますが4WD のデメリットの方は多いのでガゼルは特に気にしていません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

SUV =4WD と勘違いしている人もいる様です。

またSUVと4WDはどこが違うのか知らない人もいる様です。

結局違いも何も元々比較の対象にならないのですが・・・

SUVは車の種類で、4WDは車の駆動方法のことですのでまったく違う意味なのです。

SUVは今や車の中ではおしゃれな車という位置付けになりました。

昔の様に悪路だけを走る車ではなくなったのです。

ガゼルは、昔人間なのでオシャレなハスラーをあえてオフロード車風にカスタムしてしまいました。

ガゼルは、SUVがおしゃれなクーペスタイルになったことに違和感を感じています。

内装は高級車と変わらなくなり、道具としてのイメージがなくなってしまいました。

初代エクストレイルは道具としての使い方をアピールしていましたが、現在はおしゃれな SUV というイメージに変身してしまいました。

ガゼルは初代エクストレイルが一番好きです。

悪路を走るのが目的の方は、多分ガゼルと同じ考えの人が多いと思います。

話が横道に逸れましたが、SUVと四駆が違う意味だと言うことが分かっていただけたと思います。

私の記事が参考になりましたら幸いです。



-SUV車