ミニバン

スライドドア車のメリットとは?子育て主婦必見!

2018/09/28


一昔前ならほとんど見られなかったスライドドア車!

以前はほとんどが商用車の物だったんですね

しかし現在は軽自動車にもミニバンにもたくさん見られます。

なぜこんなにも増えてきたのでしょうか?

それは、電動化によるところが大きいと思います。

以前は手動がほとんどで女性や子供には重くてあけられなかったんですね。

また勢いよく閉めないと半ドアになるものですから、指を挟んでケガしたとか事故が絶えませんでした。

現在は軽自動車でも電動化された車種が多くなり、便利になりました。

子育て世代の家族にはとてもありがたいことだと覆います。

ではスライドドア車のメリットやデメリットについて考えていきたいと思います。


スポンサーリンク


スライドドア車のメリットとは

開け閉めに必要なスペースが小さい

近くに柱などがあったり狭い駐車場で隣の車が近かった場合など乗り降りがしにくいシチュエーションの時に、スライドドアだと柱や隣の車にドアをぶつけず狭いスペースでも乗り降りが出来ます。

開口部が広いのでチャイルドシートを載せやすい

シャイルドシートって割と大きいので乗り降りの時にスペースが確保されていないとかなり面倒なことになります。

ヒンジドア(引っ張って開けるドア)ではどうしても開口部が狭くなりがちです。

安全性が高い

前述したように過去にはほとんどの車が手動式のスライドドアでした。

なので勢いよく閉めないと半ドアになる場合があり体の一部を挟んでしまう事故もありましたが、自動になりまた安全装置(一定の負荷がかかると閉まるのをストップする)が付きましたのでヒンジドアより安全を確保できるようになりました。

両側スライドドアがある

買い物をしてからチャイルドシートに子供を乗せるというシチュエーションの場合運転席側に電動スライドがあったほうが便利です。

大体片側だけだと助手席側が一般的ですが、一人の時でも何かと便利ですよ!

子供の送り迎えや買い物時に便利!

小さいお子様の送り迎えをするとき抱きかかえたままリモコンでドアの開閉が出来ますし、また運転席に乗ったままドアの開閉ができます。

 

お子様自身も重たいドアの開け閉めを自分でしなくて済みますし買い物でも荷物をもったままリモコンでドアの開閉が出来るととても重宝します。


スポンサーリンク

スライドドアのデメリットとは?

燃費が悪い

まず一番のデメリットにあげられるのは、車体の重量増です。

 

特に電動両側スライドドアの場合、自動でドアを開閉するためにモーターなどの余分な付属品が付くのですね。

その重量はかなりのもので100キロ近く違い 燃費でも JC08モードで2㎞/L変わってくることもあるようです。

開閉に時間が掛かる

自動でしかも安全を確保しなければならないためにどうしても開閉速度は遅くなってしまいます。

せっかちな方はいらいらされるかもしれませんが仕方ないです。

故障時に修理費がかかる

どうしても消耗品ですから、いつかは故障してしまいます。

修理に対する部品代や工賃はヒンジドアよりも余分掛かってしまうことはあると思います。

価格が割高になってしまう

普通のヒンジドアの車よりも、自動スライドドア車のほうが当然価格は高めになります。

ただエンジン形式や馬力、内装や安全装置などグレードが上がると価格も上昇しますので確認が必要です。

手動だと開け閉めが危険だし大変

前述したように、手動のスライドドアは開け閉めの際指を挟む可能性があり危険です。

またただでさえ重量があるのに坂道に止めたときなど重量が増しとても重くなり開け閉めが大変です。

手動のスライドドアで現在も選択できます。

子育て世代にはお勧めしませんが、それなりにメリットはありますので選択される方もいらっしゃいます。


スポンサーリンク

結論

子育て主婦や家族には手動のスライドドアより電動、更に欲を言えば両側スライドドアがおすすめです。

小さいお子様は特に周りが見えていないので、安全性の確保の意味でもお勧めします。

また、間口や室内が広く荷物や子供を抱いていてもリモコンで開閉が出来るなど、主婦にとってはかなり使い勝手が良いです。

デメリットも少なからずありますが、子育て主婦の選択としては電動スライドドア車特に両側スライドドア車はお勧めです

-ミニバン