ソリオ バンディット

ソリオバンディットのハイブリッド車に試乗してみた結果?

2018/07/30

前回ガゼルはハスラーを購入する際に、ソリオを購入するかどうか迷ったと申し上げました。

それはガゼルの住宅事情にぴったりマッチしていたからです。

ソリオとソリオバンディットは、日本の住宅事情にぴったり合った車だと思っています。

駐車場は狭いですし、家から出たらすぐ狭い路地があったりして大きい車では運転が難しいです。

ソリオとソリオバンディットであれば、離合も簡単ですし取り回しも非常に楽だと思っています。

「ソリオ/ソリオバンディット」にフルハイブリッドモデルが加わった。

荷物も結構積めますし、ウォークスルーですし、両側スライドドア付きです。

これはとても魅力的でした。

ソリオとソリオバンディットにはマニュアルシフトがなかったのと、最低地上高がハスラーの方が高かったって言うのが購入しなかった理由になります。

まあソリオとソリオバンディットには、マニュアルシフトは似合わないかもしれませんけども・・・

ソリオとソリオバンディットは、ガゼルが好きな車ですのでぜひあなたには乗っていただきたいと思っています。

ソリオとソリオバンディットについて試乗した感想をまとめてみました。


スポンサーリンク

スズキのスキマ戦略について

ソリオとソリオバンディットの違いについて

前回の投稿で、ソリオとソリオバンディットの違いについて詳しく述べています。

ソリオにはガソリン車とマイルドハイブリッド車とハイブリッド車があります。

しかしソリオバンディットには、ハイブリッド車しか設定されていません。

ソリオバンディットのグレードは一つで、選択肢としてはFFか4WDかデュアルカメラブレーキサポートがあるかないかです。

両車の価格差はほとんどありません。

シャシも同じですしサスペンション設定なども一緒になります。

ソリオとソリオバンディットは車両重量が軽い

新しいセグメント型のプラットフォームを使用したことで、ソリオとソリオバンディットの車両重量はとても軽くなりました。

2010年発売のソリオとソリオバンディットに対して100kg 近く軽くなっています。

ハイブリッド車は、基本的にバッテリーなど余分な機材を積んでいますので重量が重くなりがちです。

しかしソリオとソリオバンディットは950kgに収まっており4WDでも1tを切っています。

1tを切ると重量税も安くなるのでこれは大きなメリットになります。

日本の生活環境にぴったり

さらに全幅は1625mm で、先代のソリオとソリオバンディットよりも5mm程度広くなっています。

5ナンバーの車の全幅が1700mm 以下ですので、5ナンバーの車よりも幅は狭くできてます。

そのコンパクトさに加えてウォークスルーと左右両側スライドドアがついています。

これは日本の狭い住宅の駐車場にも対応できる寸法であると言えます。

なのでソリオとソリオバンディットは、日本の生活環境にマッチしていると思います。

ワゴンRになくてソリオとソリオバンディットにあるもの

室内のゆとり

とにかく室内は結構広いです。

特に後ろの席は、足元にかなりの余裕があり頭上にもかなりの余裕はあります。

しかしこれは軽自動車のワゴンRやダイハツムーブでも実現していることです。

さらに言うとダイハツウェイクやスズキスペーシアであれば頭上高はかなり高く余裕がかなりあります。

何しろウェイクに至ってはスノーボードが縦に積めるわけですから・・・

しかしソリオは頭上の高さに加えて左右のゆとりが軽自動車に比べてかなりあります。

軽自動車の規格には車幅の制限があります。

高さについては特に制限はないのですが、車幅が狭いのに頭上ばかり高くしてしまうと少しアンバランスになるのではと思います。

普通車の規格であるソリオは軽自動車の規格であるワゴンRよりもバランス的には自然だと思います。


スポンサーリンク

ソリオとソリオバンディットの内装について

内装はどうなってる?

前席はダッシュボードが低く抑えられ結構視界が良くなっています。

センターメーターを採用しており目線の移動が少なくて済みます。

運転席と助手席の間にも十分距離があり狭いという印象はありません。

ウォークスルーを採用していますが、床がフラットなので後ろの席へ移動しやすくなっています。

後部座席は広々としていて、座席を一番前に出した状態でも膝の前には結構余裕があります。

それにシートに腰を下ろした時に気が付くのですが、座席の位置が高めになっています。

これによって開放感を演出しています。

座席でのリクライニングと前後スライドの調整は、同じ位置にありショルダー部分のレバーで操作ができます。

 

急いで荷室を広げたい時にも簡単に操作ができます。

後部座席の中央の席のヘッドレストがない

これは口コミでもよく言われていることですが、後部座席の中央部分のヘッドレストがありません。

新しく出たライバル車のトールやルーミーなどは、ちゃんとヘッドレストが付いています。

後発だけにそういうところはちゃんと研究していますね。

確かにコンパクトカーは5人乗ると結構窮屈な印象があります。

そこで基本的には4名乗車という考えになってるかもしれません。

しかし軽乗用車に対して普通車は5人乗れるというメリットがあります。

それが理由でソリオとソリオバンディットを買う人もいると思われますので、そこは改善の余地があるのではないでしょうか?

内装の質感

全体的に内装の質感は悪くはないと思います。

他の小型車の、ホンダフィットや日産ノートと比較しても特に見劣りするところはありません。

特にシートはよくできていると思います。

だからといって高級感があるわけではありません。

あくまでも小型車レベルの標準的な内装といったところです。

結構使い勝手が良く小物入れもたくさんあります。

家族で使うことを想定しているということがよくわかります。


スポンサーリンク

 

走ってみてどうよ?

足回りの設定

ボディ自体は案外しっかりとしていますが、特に固い印象ではありません。

荒れた路面ではバタバタする感じはありますが、全体的なバランスは良いと思います。

軽自動車よりは良いのですが、幅が狭く車高が高いのでその辺は仕方がないのかと思います。

直進安定性はありますので、スピードを上げても 安定しています。

もちろん車を操作して楽しむという正確ではありませんが、車の挙動も落ち着いており倒れそうになることもありません。

高速での移動は

高速を走っているところで気になるのは車高の高さゆえの空気抵抗です。

ソリオとソリオバンディットは車高が高いので、どうしてもスピードが落ちてしまうのでは?と思われるかたもいらっしゃるかと思います。

しかし車体が軽いので100km 近くのスピードで巡航中に追い越しをかけてもしっかりと加速してくれます。

ソリオとソリオバンディットのハイブリッド仕様とは

マイルドハイブリッドとの違い

 

マイルドハイブリッドの仕組みは、まず減速した時にそのエネルギーを専用のバッテリーに貯めます。

先代のソリオとソリオバンディットは、マイルドハイブリッドとガソリン車でした。

現行のソリオとソリオバンディットは、ハイブリッド仕様が追加されております。

そのエネルギーを使って、ISGと呼ばれるモーターを動かし駆動のアシストを行う仕組みです。

はっきりした違いは、ハイブリッドでは電気モーターだけでの走行ができるということです。

その違いは燃費にも表れています。

燃費はJC08モードでマイルドハイブリッド車は27.8km/Lです。

しかしハイブリッド車は32.0km/Lを実現しています。

これは約15%の向上を実現しています。

ライバル車との比較

現在トヨタ、ダイハツ、スバルからソリオの二番煎じを狙ったライバルが登場しました。

 

ソリオとは大きさもパッケージも違い有利な部分もあります。

しかし燃費に限っては、ソリオの牙城を揺るがすほどには至っておりません。

ソリオは軽自動車で培ったノウハウを昇華させたと言えます。

ソリオとソリオバンディットの駆動システムについて

変速機のフィーリングは

変速時のショックは?

変速機のフィーリングですが、スズキ独自開発のAGSのシフトフィーリングはあまり良くありません。

なぜなら変速のショックが大きいからです。

それは首が前後に揺さぶられるほどです。

しかしハイブリッド車にはそれがありません。

なぜかというと変速中にクラッチが切れていてもMGU(ハイブリッドモーター電気モーター兼発電機構)は繋がったままなのでずっと駆動力を与えたままになっています。

ですから変速中も失速することがなく、タイムラグを感じることはないので首を前後に揺さぶられるほどのショックは起こらないのです。

小難しい話になりましたが要するに、変速時のタイムラグによるショックを駆動力を与え続けることによって無くすということです。

エコモードでの走りはどう

ソリオとソリオバンディットは、ステアリングの右脇あたりにあるボタンを押すとエコモードになります。

エコモードでは発進が(MGU)つまりモーターのみで行われるので緩やかに加速します。

慣れてしまえばこれで十分だと思います。

まとめ

ソリオとソリオバンディットはトヨタ、ダイハツ、スバルからライバルの車が出てきましたが牙城を崩されることもなく販売は好調です。

その理由はこの記事の通りですが、やはりスズキが軽自動車で培ってきたノウハウを昇華させたと言うことだと思います。

ワゴンRからワゴンRワイドからワゴンRソリオ、この進化の過程で磨かれてきたのだと思います。

ガゼルもスキー場に行かないのであれば、ソリオバンデットを選んでいたと思います。

もちろん人それぞれ生活環境が違いますので、あなたの生活環境に合った車を選んでください。

コンパクトで使い勝手がよくて燃費の良い、ソリオとソリオバンディットにハイブリッドが加わってとても魅力的な車になったと思います。

私の記事が参考になりましたら幸いです。



-ソリオ バンディット