ソリオ バンディット

ソリオの乗り心地は悪い!無償で改善してくれるってホントなの?

2018/08/17

何度も言いますが、ガゼルがハスラーとソリオバンディットの購入を悩んだ理由は使い勝手です。

ソリオは本当に使い勝手の良い車です。

ガゼルの車庫は入り口が狭いので、小さい車でなければならないというのも理由です。

ソリオは小さい車体で、広い室内空間を実現しています。

さらにスライドドアにウォークスルーが設定されています。

これがアウトドアにはかなり効くんです。

スノボが趣味でなかったらおそらくソリオバンディットを選んでいます。

走行性能とか乗り心地は考えたことがありませんでした。

スズキ 新型ソリオ 乗り心地、価格、燃費の違いは!?

走行性能は気にするかもしれませんが、アウトドアを趣味にする人は特にそういう事は気にしないのではないでしょうか?

しかしあまりにも口コミでソリオの乗り心地が悪いというクレームが多かったので、実際どうなんだろうかと疑問に思いました。

乗り心地が悪いと言ってもどの程度悪いのか?

その改善方法はあるのか?

興味があって今回考察してみたいと思いました。

結論から言うと、乗り心地の悪さを改善する方法はありました。

後で述べますが、しかも無料でそれはできます。

それでは行きましょうか。


スポンサーリンク

ソリオの乗り心地は悪い

サスペンションの設定が硬い

ソリオの足回りは基本的に硬めのセッティングになっています。

しかし運転席助手席はシートのクッションがよく衝撃を吸収してくれるので程よい硬さに感じられます。

しかも比較的ホールド感のあるしっかりとしたシートの作りになっています。

ですから凹凸感や突き上げ感があっても、シートがしっかりと吸収してくれます。

ところが後部座席の乗り心地はよくありません。

ソリオの後輪のサスペンションは設定が固めのため突き上げ感が半端ないです。

路面の凹凸を乗り越える時など、バウンバウンと跳ねる印象があります。

しかもシートの背もたれと座面がフラットで、ホールド感に乏しいため横揺れも激しく感じられてしまいます。

日産のノートやホンダのフィット3などと比べると、かなり乗り心地は硬めと言わざるを得ません。

一般的なファミリーカーと比べるとサスペンションは、結構固めのセッティングになっています。

ソリオ の後部座席の乗り心地は?

ソリオの横揺れはひどい?

ソリオの後部座席に座って気になったのはゆらゆらと揺れる感覚です。

前述したように、ソリオの後部座席の乗り心地はゴツゴツして硬くあまり良いものではありません。

それに加えて凹凸を乗り越えた瞬間の衝撃の後に、ゆらゆらとゆすられる感覚があります。

ソリオは直進安定性が良くないかもしれません。

ドライバーが速度出した時に、体が揺れる感じが他の車と比べてひどいよな気がしました。

ソリオは高速で速度を出せば出すほど揺れは大きくなる感じです。

乗り物酔いしやすい人は要注意です。

特に小さいお子さんなどはちょっときついかなと思います。

後部座席は背もたれがフラットでホールド感がなく、また座面も平らでお尻が落ち着きません。

そういうことで体が余計揺れてしまい乗り物酔いを引き起こす可能性があります。

コーナリングした時にかなり体が横にずらされ転びそうになります。

後部座席は結構広く快適なのですが、走ってみるとこれが変わります。

ですので必ず試乗してからの購入をお勧めします。

ソリオ 乗り心地 が良いという意見



スポンサーリンク

ソリオの硬めの足回りは走行性と安定性に貢献している。

ソリオとソリオバンディットの乗り心地の悪さは、足回りのセッティングにあります。

しかし足回りが硬めにセッティングしてあるということは、逆に言えばコーナリング安定性に寄与しているということになります。

ソリオに標準装着されているタイヤは扁平率65%のタイヤです。

でも試乗した感じでは扁平率が60%のタイヤの様に感じます。

60%の扁平率思わせるような硬い足回りなので乗り心地は良くないと思いましたが個人的には悪くないと思いました。

60%の扁平率を思わせるような足回りは、ソリオとソリオバンディットの走行性能に安定感を感じさせられます。

ソリオとソリオバンディットはスポーツ走行を楽しむ車ではないのですが、きびきびとした走りを見せます。

コンパクトなサイズですので、ハイトワゴンなのに安定していてひらりひらりとした軽い身のこなしを見せてくれます。

実際硬い乗り心地ですので多少ゴツゴツした感じはありますが、細かい揺れや早い周期の揺れはかなり吸収されてるように思います。

ソリオとソリオバンディットはサスペンションもしっかりしていて、柔らかい乗り心地ではないのですがそれなりにショックは吸収してくれます。

ソリオの乗り心地を改善する方法

スズキのディーラーでは整備勉強会をやっています。

フル乗車で荷物が満載の状態で道路の凹凸やうねりなどを走行した時のことです。

その時にサスペンションが底付きすることがたまにあるというクレームが紹介されました。

そこでスズキではサスペンションの底付きを何とかして欲しいというクレームがあれば、無償で対応しましょうということになっているようです。

要するに補償修理扱いで無償で対策部品を出してくれるということです。

いわゆるリコールみたいなものです。

その対策を施した前後のサスペンションを見てみると、単品で見てみると違いがよくわかりません。

しかしもともと付いてあるサスペンションと比べると、直径が大きくなっていて減衰力を上げているようです。

IMG_1571-300x225

出典:http://ibaraki-suzuki.com/blog/?p=4114後部座席に二人乗ると少しの段差で突き上げがあり、サスペンションの底付きが起きてしまう場合があります。

そういった場合でも減衰調整された前後サスペンションを装着すると、伸び側も縮み側もノーマルとは全く別物になるらしいです。

早速試乗をしてみると、ゴツゴツとした突き上げる感じがなくなりサスの動きが良くなりました。

後部座席に乗ってみるとよくわかります。

前述したように交換はリコールみたいなもので、クレーム対応で処理されるので部品代も作業工賃も無料になります。

ぜひ後部座席の突き上げ感が気になる方はディーラーで相談してみてください。

無料で対応してくれます。

まとめ

ソリオとソリオバンディットの足回りは硬めの設定のようです。

運転席と助手席はシートの作りが良いのと、しっかりしとしたホールド感があるので特に気になりません。

ところが後部座席に座るとこれが一変します。

ゴツゴツした突き上げ感があり、その後ゆらゆらと揺れが生じます。

後部座席は背もたれにホールド感がなく、座面も平面なので横に倒れそうになります。

ただその一方で固めのサスペンションの設定は、きびきびとした走りに貢献していると言う意見もあります。

確かにサスを硬くすると乗り心地は悪くなりますが、基本的に走行性能はアップするはずです。

ただ日常的に車を使うとなると荷物も積まなければならないし人も載せなければなりません。

安定したコーナリング性能があったとしてもそれでは意味がありません。

ソリオとソリオバンディットは、日常生活に必要な足として使われることが多いのでそう言った不満があるのだと思います。

ただ後部座席の背もたれのホールド感が無いとか座席の平面と言うのは逆に普段使いには必要なものなのかもしれません。

例えばフルフラットにする時とかですね。

ガゼル的には車両価格はそんなに高くない車で完璧を求めると言うのは少し違うと思いました。

ソリオとソリオバンディットは、日常的に使い勝手の良い車という設定です。

サスペンションを良くすれば乗り心地は良くなるでしょう。

しかし何人の人がそれを求めているのでしょうか?

とにかく乗り心地に不満があるのであればディーラーで相談してください。

無償でサスペンションを交換してくれるそうですから・・・

私の記事が参考になりましたら幸いです。



-ソリオ バンディット