ソリオ バンディット

ソリオは軽に見える!でも実は軽と小型車の良いとこ取りだった?

2018/07/31

ソリオは コンパクトカーの中でも一番小さい車ではないでしょうか?

ガゼルが実際にソリオを見た時、「これって軽自車じゃないの」と思いました。

ソリオは車購入の候補に入れていたのですが、実際に車を見てちょっとがっかりしました。

昔の軽自動車だったら似てると思わなかったでしょうけども、今のスーパーハイトワゴンはソリオにそっくりです。

でもディーラーの説明を聞いてこのサイズがソリオの良さなんだと感じました。

実際に取り回しは良いですし、燃費も良いですし、普通のコンパクトカーより荷物は詰めます。

しかし小さいんです。

でも軽自動車とコンパクトカーの間ぐらいの絶妙なポジションで人気を得ているということみたいです。

これならガゼルの小さい車庫にも入りますし、何よりも荷物が積めますからスキー場に行くにも便利です。

普通に考えれば軽自動車よりも維持費は高くなると思います。

そこでソリオと軽自動車の比較をしてみたいと思いました。



スポンサーリンク

ソリオと軽自動車の関係

スズキソリオの歴史はワゴンRを抜きにしては語れません。

そもそもワゴンRの派生車のワゴンR ワイドやワゴンR ソリオから歴史が始まっています。

見た目同様スズキソリオはワゴンRを拡大した車と解釈できなくもないです。

まあ現在で言うとスズキスペーシアがそれにあたるかと思います。

スズキソリオを見ていると軽自動車のスーパートールワゴンにそっくりですね。

スズキソリオの新型は確実に先代と比べて進化しています。

ガゼルも実際にスズキソリオ見に行ったのですが、とにかく背が高いので見た感じはスペーシアにそっくりでした。

近くから見ると車の大きさを感じますが・・・

しかし遠くから見ると白ナンバーを見ない限り、軽自動車と言われても全く気付かないと思います。

やはりスーパーハイト系ワゴンのデザインを世襲していると言う意味で、似ているのは仕方がないと思います。

スズキソリオの本気度

スズキは以前にワゴンRベースのワゴンRソリオというコンパクトカーを出していました。

この車はまんまワゴンRを一回り大きくした様な車でヒンジドア(手前に引いて開けるドアの事)でした。

しかしスズキソリオはワゴンRではなくスーパーハイト系ワゴンのスペーシアを拡大した様な車になっています。

何が言いたいかと言うとスズキソリオが人気が出たのは両側スライドドアのお陰だと思うからです。

 

ソリオと軽の比較

●軽自動車よりも大きくて重い、でもコンパクトカーの中でも小さいサイズ

●お互いに小回りが利いて燃費も良く維持費が安い

そういうわけでどちらを購入 したらよいか迷っている人も多いと思います。


スポンサーリンク

どういう事で迷っているの?

●軽自動車は車両価格が安いけど最近は高額になった。

●軽自動車は馬力制限があって非力。

●最近の軽自動車は燃費の悪いものもある。

●軽自動車よりもコンパクトカーの方が維持費が高い。

コンパクトカーと軽自動車同じ様なものじゃないの?

色々と比較して悩んでいる人はかなり多いと思います。

それでは軽自動車とスズキソリオ、この二つをいろんな条件から比較してみました。

実際お得なのはどちらでしょうか?

軽自動車の乗り心地と静粛性はどうなのか?

●軽自動車と言うとシートが薄くサスペンションが悪いので振動が多い。

●静粛性が悪くエンジンの音が車内に入ってうるさい。

一般的に軽にはこんなイメージをもっといる人もいるかと思います。

しかし現代の軽自動車はボディーと足回りががしっかりしていて乗り心地はかなり良くなっています。

ボディがしっかりしているので静粛性もかなり高くなっています。

軽自動車のパワーはどうか

軽自動車は排気量が660ccに制限されているのでパワー不足は否めません。

まためいっぱいアクセルを開けなければならないので、エンジン音がうるさいのは仕方ありません。

でもパワー不足が不満な人はターボ付きを選べば満足できます。

軽自動車のターボは車体の軽量と相まって、特に出足がコンパクトカーよりも俊敏になっています。

しかし車両価格が高くなり、燃費は悪くなります。

それでもコンパクトカーよりは安いし燃費も良いです。

維持費で比較

維持費はどちらのほうがお得なのか、比較してみましょう。

軽自動車 小型車
自動車税 年間 10,800円 34,500円
重量税 2年間 7,600円 45,000円
自賠責保険料 2年間 26,370円 24,950円
10年間合計 277850円 694,750円

10年間の合計だけで見るとコンパクトカーの方は圧倒的に高いです


スポンサーリンク

価格で比較

軽自動車全体における平均価格は、コンパクトカーに比べて489,832円安くなっています。

軽自動車を3年ローンで購入したとすると、毎月の支払い金額は35,658円ほどになります。

コンパクトカーを3年ローンで購入したツすると毎月の支払い金額は41,260円ほどになります。

5年ローンで購入したとすると月々8,000円程度 コンパクトカーの方が高くつきます。

燃費で比較

一般的に軽自動車の方が燃費が良いので、ガソリン代は安いと思っている人がほとんどだと思います。

しかし軽自動車は加速を得るためにアクセルを全開にしなければならない場合が多いようです。

またターボ車を選択すると普通車よりも燃費が悪いことも考えられます。

ですので軽自動車の方が一概に燃費が良いとは言えず、コンパクトカーよりも悪い場合もあるということです。

任意保険料で比較

任意保険料は軽自動車で月平均3,273円ほどです。

対してコンパクトカーは月平均3,738円で年間の差額は44,854円ほどになります。

基本的に軽自動車の方が任意保険については安いと言うことがわかります。

最後に軽自動車の安全性はコンパクトカーと比較してどうか?

 

軽自動車はフロント部分が短くなっているために、正面衝突事故を起こしてしまうとフロントがぺしゃんこになってしまいます。

それで胸部や足に重傷を負ってしまうケースが多いようです。

運転手の場合は、さらにステアリングに頭や胸を打ち付けたりシートに体を叩きつけられたりします。

一般的に軽自動車のボディ強度はあまり強くないということが言えます。

対してコンパクトカーはどうかと言うと、以前は軽自動車と同様ボディ剛性が弱かったので、ぺしゃんこになる可能性が高かったようです。

しかし現在のコンパクトカーは、衝突安全性能が5つ星以上となっていて、レベルがかなり上がっていると言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スズキソリオは一見して軽自動車のハイトワゴンの様に見えます。

しかしハイトワゴンの寸法を縦横を微妙に伸ばした結果、とても利用価値のある車になりました。

軽自動車のもう少し幅があればとか、もう少し長いものが詰めればという要望に応える形になりました。

普通のコンパクトカーよりもサイズが小さいのですが、室内が広いので荷物がたくさん詰めます。

さらに天井が高いので圧迫感がありませんし、ウォークスルーが付いていますので後部座席から歩いて運転席に移ることができます。

さらに両側スライドドア付きですので、雨の日など荷物を持ったまま乗り込む事が出来ます。

またリモコンキーでスライドドアを開け、後部座席に荷物を置きそのまま運転席に移るという芸当もできます。

スズキソリオは、日本の交通事情にピッタリあったコンパクトカーといえます。

軽自動車の様に見えるので嫌だと言う方もいらっしゃるとは思います。

しかし使い勝手が良く、コンパクトで取り回しもいいので「よくできた車だなー」としみじみと思います。

ガゼルは色々と事情があって軽自動車のハスラーに決めましたが、スズキソリオも良い車ですので是非購入を検討してみてください。

私の記事が参考になりましたら幸いです。

-ソリオ バンディット