ソリオ バンディット

ソリオのストロングハイブリッドとマイルドハイブリッド比較した!

2018/07/31

ソリオには、マイルドハイブリッド車とストロングハイブリッド車があります。

以前に、マイルドハイブリッド車とストロングハイブリッド車の燃費を見てきました。

マイルドハイブリッド車とストロングハイブリッド車の燃費を比較して、どちらを選ぶか考察したわけです。

しかし選ぶ理由は、燃費だけではないはずです。

燃費だけなら当然ストロングハイブリッド車を選ぶでしょう。

しかしコスト面で考えるとストロングハイブリッド車は不利になります。

そこでマイルドハイブリッド車にはない、ストロングハイブリッド車の魅力について考察していきます。

また改めて、なぜスズキがマイルドハイブリッド車を残したのかさらに深く考察していきます。


スポンサーリンク

フルハイブリッドタイプ (HYBRID SZ・HYBRID SX)

まずストロングハイブリッドの大きな特徴が2つあります。

その一つがエコモードと標準モードの2つが選択できるということです。

ストロングハイブリッドのエコモードはコストパフォーマンスが良い

ストロングハイブリッドで使用できるエコモードの説明です。

駆動用のバッテリーに充電されている状態を確認します。

そしてブレーキペダルから足を離すとEV走行のみでゆっくりと発進できます。

それからエンジンがスタートします。

そして時速60km 以下になると、走行状態に応じてエンジンが止まりEV走行にのみになります。

この時再始動するのは、ISG [三菱電機製のモーター機能付き発電機(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)] でこれはベルトでエンジンを回すから静かです。

さらにエコ機能として、エアコンをつけた時に自動で燃料消費量が調整できる様になっています。

運動性能と遮音性に優れる

今までのマイルドハイブリッドとフルハイブリッドの違い。

マイルドハイブリッドは ISG(モーター機能付発電機) が減速した時に生じるエネルギーを充電します。

それはアイドリングストップやエンジンの補助を行います。

ストロングハイブリッドは、マイルドハイブリッドのISGにプラスして駆動用のモーター MGU とリチウムイオン電池などが追加されました。

マイルドハイブリッド同様、減速時にはエネルギーを使った回生を行い駆動用電池に充電します。

シングルクラッチ AGS

マイルドハイブリッドとはトランスミッションも異なります。

マイルドハイブリッドは CVT(無段変速AT)ですがストロングハイブリッドはシングルクラッチを使うAGS(オートギアシフト5速AT)となります。

ストロングハイブリッド 人気急上昇のソリオを紹介!

AGS を採用した理由について

システムの大型化で CVT の搭載スペースが確保できなかった。

巡航時に駆動力の伝達効率が優れ、速度調節の正確に行えた。

しかし欠点もあります。

それは変速に少し時間かかり加速の度にタイムラグが出来てしまうという事です。

搭乗者の体は前後に揺さぶられる可能性があります。

ソリオのストロングハイブリッドでは、変速のタイミングを見計らってモーターで駆動力を増幅させ、なめらかな加速を実現しました。

マイルドハイブリッド車の CVT はアクセルを踏み込んだ時に、回転数だけが先に上がり後から加速がついてくることがありました。

それは加速が鈍重だと感じさせるものでした。

しかしストロングハイブリッド車の5速 AGS はアクセルを踏み込んだ時に、即座に反応しその後なめらかな力強い加速をします。

もちろん気持ち良い加速をするのは後者です。


スポンサーリンク

マイルドハイブリッド (HYBRID MZ・HYBRID MX)

ソリオの標準車は G ですが MZ と MX はこれにハイブリッドシステムを搭載したグレードです。

マイルドハイブリッドの特徴!

マイルドハイブリッドはハスラーやワゴン R にも設定されています。

それは S エネチャージと呼ばれています。

ソリオのマイルドハイブリッド車と同じ様にエンジンに ISG と言うモーターが取り付けられています。

ISG と言うモーターは発電効率に優れています。

ハイブリッド効果とコストダウン

マイルドと言うだけあって、ハイブリッドといっても簡易的なシステムです。

ブレーキングの時の減速エネルギーを通常のバッテリーや、リチウムイオンバッテリーに蓄電します。

そしてそれをエアコンやヘッドライトなどに使用します。

さらに時速100キロまでのスピード領域で加速を補助する電力に使っています。

マイルドハイブリッドはシンプル

ハイブリッドシステムとしては、マイルドハイブリッドはシンプルです。

しかし軽自動車やコンパクトカーなら車重が軽いので、効果はかなり期待できます。

ストロングハイブリッドには劣りますが、システムも軽量でシンプルなのでコストダウンが期待できます。

マイルドハイブリッド車は、コストパフォーマンスに優れますので 賢い選択と言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ソリオには、ストロングハイブリッド車とマイルドハイブリッド車と2種類の選択肢があります。

ストロングハイブリッド車は、燃費をもちろん良いのですが運動性能も優れます。

しかし車両価格がどうしても高額になり、コストパフォーマンスが優れているとは言えません。

マイルドハイブリッド車は、燃費はストロングハイブリッド車と比べたら劣ります。

しかしシンプルな構造なので、車両価格も安くなりコストパフォーマンスは高くなっています。

先進性や運動性能や静粛性を考えると、ストロングハイブリッドを選択することになります。

しかしコストパフォーマンスを重視すると、マイルドハイブリッド車となります。

どちらを選ぶかはあなた次第ですが、ガゼルはストロングハイブリッド車を選びます。

なぜかと言うと乗っていてより快適な方が良いと思うからです。

ガゼルはハスラーの CVT 車に乗っていてその加速にがっかりした経験があります。

ですのでストロングハイブリッド車の AGS 5速 AT 車の加速は期待できると思います。

新車を購入する時は悩むことも一つの楽しみなので大いに悩んでください。

私の記事が参考になりましたら幸いです。



-ソリオ バンディット