あなたの車生活に寄り添った車関係の情報サイトです。車の紹介から洗車、車の整備まで網羅した情報を提供します。

セレナ

日産セレナを試乗評価した結果と試乗の際に確認すべきポイントとは?


今回は新型セレナの試乗をしてみました。
その時のことをレポートしてみたいと思います。

インテリアやエクステリアなどの感想を中心に新型セレナの良い点や悪い点についてレビューしています。

新型セレナを購入する際の参考にしていただければ幸いです。



スポンサードリンク

セレナのデザインと外装は?

まず最初に新型セレナのエクステリア外装についてです。

 

上記の写真が新型セレナのエクステリア外装です。
ツートンカラーですがこの組み合わせがガゼル的にはとても気に入っています。

意外かもしれませんが5ナンバーの M サイズミニバンでツートンカラーを初めて採用したのはセレナなのです。

ボディカラーは赤色なので見る人によっては派手と感じることもあると思います。
新型セレナなら赤色に抵抗がある人でも、天井の色をブラックにすることによってとても引き締まって見え落ち着いた感じになるのでおすすめです。

新型セレナのエクステリアで注目していただきたいのは、フロントグリルとヘッドライトです。

【フロントグリル】

まずフロントグリルですが新型セレナでは V モーショングリルを採用しています。

 

標準モデルでは、グリルが2段ハイウェイスターでは3段のメッキ調のバーになっています。
その影響で旧型のセレナよりも凛々しいフロントマスクになっています。

ファミリーカーのイメージが強いセレナですが、このグリルによってとても精悍な印象に変わりました。

【ヘッドライト】

ヘッドライトは、旧型セレナと比べて印象がまるっきり変わりました。
どう変わったかというと、旧型の優しいデザインから凛々しい逞しいフロントマスクに変わったように思えます。

それは、最近のトレンドでもある上下に二段重ねしたデザインによるものだと思います。
最近は、ミニバンでも荒々しい感じのフロントマスクを採用することが多くなりました。

【サイドビュー】

次に新型セレナを横方向から見た写真になります。

ミニバンは横に長いのでのっぺりとした印象になりがちですが新型セレナはリアの方に向かってキャラクター LINE を入れていますのでシャープな感じに仕上がっています。

さらにドアハンドルをメッキ調にし高級感を出しています。
フロントの三角窓はシャープな感じを出すためにできるだけ鋭角にデザインされています。

【バックビュー】

新型セレナの後ろから見たデザインです。

バックドアのガーニッシュの部分にはセレナのロゴが刻印されています。
バックからのデザインの特徴はこのくらいで特に目立った特徴はありません。
もう少しデザイン的にスタイリッシュなところがあれば良かったと思います。




【ハーフバックドア】

新型セレナの機能として注目したいのはハーフバックドアです。
通常のミニバンですとバックドア全体が開きますが、新型セレナはガラスの部分だけを開閉することができます。

このことによって狭い駐車場での荷物の出し入れにはとても重宝します。
それはドアを開けた時の張り出しの長さが半分程度に収まるからです。

 

新型セレナのエクステリアは、旧型の優しい印象からV モーショングリルやヘッドライトのおかげで凛々しい印象に大きく変わったと言えます。

この劇的な変化には賛否両論があると思いますが、ガゼル的にはとてもかっこいいデザインになったと思っています。

セレナに乗り込んでみたら内装と使い勝手は?

新型セレナは、旧型に比べてデザインがとても良くなったと入っている人が多いようです。
またデザインだけではなく使い勝手も大きく向上したと言われています。

【インストゥルメンタルパネル】

新型セレナのインパネのデザインです。

新型セレナの内装色は4種類用意されています。

【インテリアカラー】

ブラック、フェザーグレー、グレージュ、プレミアムインテリアになります。

その中でもブラックは定番色なので飽きがこずずっと乗り続ける人にはお勧めのカラーだと思います。

インストゥルメントパネルには、ホワイトステッチが施されていてとても良いデザインに感じます。

【センタークラスター】

さらに新型セレナの内装で一番変化を感じたのがセンタークラスターです。
旧型セレナは木目調のパネルでした、しかし新型はピアノブラック調のパネルに代わっています。

ピアノブラック調のパネルにしたことで艶が出てより高級感が増しました。
小さな変更点ですが、ダッシュボード手前の張り出しが小さくなっていますので運転席から助手席の移動が楽になりました。

【メーター】

メーターのデザインも旧型と比べて大きく変わっています。

メーターはデジタル式で数字が表示されます。
そしてステアリングの上から見るタイプになり、スピードメーターの隣にマルチインフォメーションディスプレイが搭載されています。

【マルチインフォメーションディスプレイ】

このマルチインフォメーションディスプレイはライバル車のノアやヴォクシーよりもサイズが大きくなっていてとても見やすいと思いました。

 

【シートの材質とデザイン】

次にシートの材質とデザインです。
プレミアムインテリアはオプション設定されていますので注意してください。

標準装備のシートはファブリックシートを採用しています。
ですからプレミアムインテリアに比べるとどうしても質は落ちます。
しかし標準装備のシートもデザインは結構良いものだと思っています。

新型セレナで一番気になるのは居住性と快適性ですね。
家族で使用することが多いので注目すべきポイントです。

【2列目シート】

注目したのは2列目シートの移動距離です。
足元のスペースを広くとることができるようになって、大人が乗車しても快適に座ることができます。
シートアレンジが多彩になりましたので様々なシーンでいろんな乗り方ができるようになりました。

元々天井が高いので長距離をドライブしても全くストレスがないと思います。

 

【マルチセンターシート】

内装でもう一つ注目したい装備はスマートマルチセンターシートです。
普通は2列目の真ん中にありますが背もたれを折りたたんで前方にスライドさせることができます。
そうすることで2列目のシートは独立したキャプテンシートに変化するということです。
人数が少ない場合は快適に座れますね。

【3列目スライドシート】

もう一つシートアレンジで特筆すべき点があります。
それは3列目シートもスライド機能があるという点です。
この機能は、ライバル車のノアヴォクシーやステップワゴンにもない機能でとても好印象です。



セレナの試乗評価!良い所と悪い所は?

【良い点】

まず一つ目が状況に応じてシートアレンジを変えることができるという点です。

新型セレナはミニバンのメリットである居住性を追求しているなと感じました。
シートアレンジによって7人乗りにも8人乗りにもできるという点が本当に便利です。
それが2列目中央部のシートをたたんで前方にスライドするだけなのですから簡単ですね。

二つ目が3列目の座席も快適に過ごせるというところです。
新型セレナでは、3列目のシートにもスライド機能がついているからです。
通常のミニバンだと3列目のシートは窮屈なのが当たり前です。
新型セレナはシートの座面と床の間隔が広いので、足元に余裕があり窮屈さを感じることがありませんでした。
さらにシートにはクッション性がありとても快適に座っていられます。

【悪い点】

まず1つ目は、乗り降りしにくいという点です。

それはどういうことかと言いますとライバル車のノアヴォクシーやステップワゴンに比べて運転席のフロアの位置が高いというところです。
例えば新型セレナの地面からサイドステップまでの高さは400 mm トヨタのノアヴォクシーが役360 mm です。
少しの差と思うかもしれませんが実際に試乗してみるとノアヴォクシーの方が圧倒的に乗り降りがしやすいと感じるでしょう。
特に足腰の弱いお年寄りにとっては新型セレナは乗り降りするのをためらうことでしょう。

2つ目は、3列目シートを収納した場合のことです。
3列目のシートを収納した場合にシートの張り出しが大きく荷室幅は750 mm になってしまいます。
通常は950 mm ですので200 mm も狭くなってしまうことになります。
ライバル車のノアヴォクシーと比較すると約250 mm も荷室幅が狭くなってしまうのです。
この差はとても大きいので車を設計するときにどうにかならなかったのかなと残念に思います。

セレナを試乗するときの注意すべきポイントとは?

新型セレナを試乗するときのポイントは3つあります。

●外観チェック
●後部座席に座ってチェック
●実際の運転チェック

まずは外観のチェックです。

大抵の場合は、カタログの車体の色と実際に見る車体の色とは結構違うことはよくあることです。
カラーによっては日中と夜間とでは違って見える場合もありますので、必ず実写を見て判断したいところです。

また新型セレナのようなミニバンでは後部座席や荷室の確認は怠らないようにしましょう。
シートは快適に座れるのか、足元に余裕はあるか、頭上の圧迫感はどうか、など実際に座ってみなければわからないので要注意です。
また夫婦でセレナに試乗される場合は、奥様にも運転席に座ってもらったりして意見を聞いてみましょう。

男性と女性では体格も違いますし見え方も違ってくるものです。
アクセルとブレーキに足が十分に届くか、前方の視界は確保できるか、メーター類の視認性は?などは必ずチェックしましょう。

最後に運転チェックです。

今回は運転のチェックの記事は載せませんでしたが、次回記事にしたいと思っています。
ハンドリングの操作性、乗り心地、コーナリング性能、加速性能、静粛性、車庫入れのしやすさ、など運転してみなければ分かりません。
このようなことに注意しながら新型セレナに試乗してみてください。



セレナ試乗まとめ

新型セレナに限らず新車を購入する前には必ず一度試乗された方が良いです。
それは、カタログで見るのと実物を見るのとでは結構違いが感じられるからです。

できれば数回試乗を繰り返し、いろんなシチュエーションで試してみるのも良いでしょう。
私の記事が参考になりましたら幸いです。

-セレナ