あなたの車生活に寄り添った車関係の情報サイトです。車の紹介から洗車、車の整備まで網羅した情報を提供します。

セレナ

新型セレナの全長を旧型と比較して機械式駐車場に入れるか考えた!

2018/11/22


セレナは新型になって外寸はどう変わったのでしょうか?
旧型に比べて全長や全幅は大きくなったのでしょうか?

ボディが大きくなることによっていいこともありますが悪いことも当然あります。

ボディが大きくなることによって直進安定性が良くなったり、室内が広くなったりといったメリットもあります。
しかし一方で、重量が重くなり燃費が悪くなったり取り回しが大変になったりします。

その中でも気になるのが機械式の駐車場に入れるかどうかというところだと思います。

というわけで今回は、新型の日産セレナのボディサイズについて考察していきたいと思います。



スポンサードリンク

新型セレナの全長全幅はどのくらい?

新型セレナの外寸(ハイウェイスター)

全長:4,770mm
全幅:1,740mm
全高:1,875mm

※グレードによってサイズが違います。

セレナはミニバンですので当然ですが全長は長いです。
そのことによって取り回しが難しく、ミニバンが初めてだという人は苦戦するかもしれません。

全幅は5ナンバーよりも若干広いと言う感じでしょうか?
取り回しに支障はないと思います。

次に全高は1875 mm ですがミニバンということを考えると新型セレナは標準的な高さと言えます。

ただしこれは8人乗りを基準にしていますので若干大きめのサイズになります。

新型になってセレナの外寸は大きくなった?

では新型セレナの外寸を旧型と比べてみましょう。

【新型セレナc-27】

全長:4,770mm
全幅:1,695mm
全高:1,875mm

【旧型セレナc-26】

全長:4,770mm
全幅:1,735mm
全高:1,865mm

旧型から新型にフルモデルチェンジして外観のデザインが変わりました。
それだけでなく外寸も変わっています。

どれぐらい変わったかというと全幅が +5 mm 全高が+10 mm になっています。
全長は変わりがありません。

外寸が変わったと言っても極端に大きくなったわけではないので、今までのセレナに乗った人でも特に違和感はないのではないでしょうか?

車のサイズは2種類

車のサイズは2種類ありますが車のナンバープレートによって分けられています。

それは、3ナンバーと5ナンバーになります。

3ナンバーと5ナンバーをわける基準について説明します。

全長4.7m×全幅1.7m×全高2.0m以下
総排気量2,000cc以下

これが5ナンバーを決める基準です
上記の条件を満たしている場合には5ナンバー、どれか一つでも違っている場合は3ナンバーになります。

前述したように新型セレナはグレードによってボディサイズが変わってきます。
3ナンバーモデルもあれば5ナンバーモデルも存在するのです。

【3ナンバー ・セレナ ハイウェイスター】

・セレナ ハイウェイスターVセレクション
・セレナ ハイウェイスターG
・e-POWER ハイウェイスター
・e-POWER ハイウェイスターV

サイズ:4,770×1,740×1,865

【5ナンバー ・セレナ S】

・セレナ X
・セレナ XVセレクションⅡ
・セレナ G
・e-POWER
・e-POWER X

サイズ:4,690×1,695×1,865



セレナの取り回しはどう運転はしやすい?

ミニバンは一般的にサイズが大きいので取り回しが難しいし、運転がしづらいと思っている方もいらっしゃるかと思います。

でも実際に乗ってみないとそれは分からないと思いますがどうなのでしょうか?

 

新型セレナはベルトラインが低くなっていて視界がとても良好です。

新型セレナの購入者の口コミによると、快適な走りに加えて取り回しも良いと評価が高いようです。

ハンドル操作が軽く自分の手足のように運転でき、まるでコンパクトカーを運転しているようだと評判です。

ミニバンを運転するのは怖いという人は案外いますが、どういうところが苦手なのでしょうか?

その理由としてあげられるのが後方視界の悪さです。

新型セレナに限らずミニバンは全長が長いので、後方の視界が悪く距離感がつかみにくいということがあります。

新型セレナにも導入されていますが、最近の車にはバックビューモニターというものが装備されています。

バックの時でもカメラで周囲を表示してくれるので安心です。

取り回しが苦手という人に後方や周辺を確認することができる装備を紹介します。

【スマートルームミラー】

通常ルームミラーはミラーに映る部分だけを確認するためのものです。
ですからミラーに映らない部分は確認できないわけです。

しかしセレナのようなミニバンはボディサイズが大きいので、死角になる部分が多くなかなか目視できないことがあります。

そんな時に便利なのがスマートルームミラーです。

バックドアの付近にカメラを設置していて、車の後方をミラーに映し出してモニターで確認することができます。

雨の日でもカメラが濡れることがないのでしっかりと確認できるので安心です。

 

【アラウンドビューモニター】

アラウンドビューモニターは GPS を利用していますので上空からカメラで車の修理を確認できます。

車の前後左右だけでなく車の周囲の情報をモニターに映し出してくれます。
ですから狭い駐車場に車を停める際にとても便利です。



セレナは機械式の駐車場に入るの?

セレナに限らずミニバンはサイズが大きいので一番心配なのは駐車する時です。

普通の駐車場であればよほど狭くない限りは、新型セレナを駐車するのに問題はないでしょう。
でも機械式の駐車場や自走式の駐車場ではどうでしょうか?

ショッピングモールが増えてきましたが大体立体駐車場が多いです。
しかもそこではほとんど高さ制限をしています。

そこでは新型セレナは駐車できない可能性が高いです。

立体駐車場では高さ制限の基準は設けてありません。
ですから余計厄介です。
高さの制限は任意で設定していることが多いということです。

どのくらいのサイズであれば機械式駐車場に停められるのか?

一般的に機械式の立体駐車場は高さを1550 mm 以下で設定しているところが多いです。

最近では高さ制限を1550 mm よりも高くしている駐車場も出てきました。
しかしまだまだ1550 mm ぐらいに設定している機械式駐車場がほとんどです。

新型セレナの全高は1875 mm ですから止めることはできません。
ほとんどの機械式駐車場に新型セレナは止められないということです。

もちろんセレナに限ったことではなくほとんどのハイト系ミニバンなら止めることはできません。

自走式駐車場はどうか

自走式駐車場は高さ制限が2000 mm から2200 mm 前後が普通です。
ですから新型セレナも余裕で駐車することができるでしょう。

車幅と全長に関しては全く問題なく機械式駐車場にも止めることができるでしょう。

結論を言いますと機械式駐車場に新型セレナを止めることはほぼ不可能だということです。
諦めて一般の駐車場に停めることをお勧めします。



まとめ

新型セレナはサイズが大きくなったと言っても、旧型と比べてもわずかのサイズアップなので取り回しとか運転のしやすさは特に変わりないと思います。

新型セレナにはアラウンドビューモニターやパーキングアシストなど簡単に駐車できるオプションがあります。
駐車が苦手という方はこれらのオプションを設定することをお勧めします。

一般の駐車場を止めるには問題ないのですが、機械式の駐車場は高さ制限があるので停めることを諦めた方が良いです。

実際には機械式の駐車場に止めることはあまりないと思いますので気にする必要はないと思います。

私の記事が参考になりましたら幸いです。

-セレナ