あなたの車生活に寄り添った車関係の情報サイトです。車の紹介から洗車、車の整備まで網羅した情報を提供します。

セレナ

【日産セレナ】のサイズは旧型よりデカい?ライバル車種と比較した。 

2018/11/22


新型セレナを購入したい人は車体の大きさが気になる人も多いのではないでしょうか
さらに他のライバル車種と比較してみたいと思う人もいらっしゃるでしょう

そこで今回は新型セレナと旧型セレナのサイズやライバル車種との大きさの比較をすることで新型セレナ購入の参考にしていただければと思います

新型セレナと旧型セレナのサイズの違いは下記の通りです



スポンサードリンク

新型セレナと旧型セレナのサイズの違いについて

ボディサイズ

全長 4,690~4,810mm 4,685~4,790mm
全高 1,695~1,740mm 1,695~1,735mm
全幅 1,850~1,875mm 1,865~1,875mm

車内サイズ

車内長 3,170~3,240 3,060mm
車内幅 1,545 1,480mm
車内高 1,400 1,380mm

まずボディサイズですが、厳密に言うと新型セレナの方が少し大きくなっています。
とはいえ2 mm 程度ですのでぱっと見は分からないほどのサイズの変更です。

新型と旧型と比較してサイズは変わらないわけですから、取り回しのしやすさには影響がないということが言えます。

運転するのが主婦が多いということを考えますと、新型も旧型と同様に運転がしやすいというのはありがたいことですね。

新型セレナの室内の広さはどうよ?

次に肝心な室内の広さについてです。

前述したように新型と旧型ではボディサイズにほとんど変わりがないということですから室内のサイズも変わらないだろうと思っていました。

ところが室内サイズの全項目において新型の方が広くなっているようです。
旧型と比べて室内のサイズが大きくなったことで居住性が良くなり大人が数人乗車しても窮屈だと感じることはなくなりました。



セレナのグレード別の車体サイズについて

新型セレナはグレードによって車体のサイズは違うのでしょうか?

今回はグレード別に車体サイズを比較してまとめてみましたので参考にしてください。

【グレード】セレナ S、 セレナ X、 XV セレクション、セレナ G

ボディサイズ

全長 4,690mm
全幅 1,695mm
全高 1,865mm

車内サイズ

全長 3,240mm
全幅 1,545mm
全高 1,400mm

標準のグレードでは車体サイズは最も小さくなります。

でも心配しないでください。
他のグレードと比較しても室内の広さの差が小さいので快適性そのものはほとんど違いはありません。

【グレード】ハイウェイスター、ハイウェイスター V セレクション、ハイウェイスター G

ボディサイズ

全長 4,770mm
全幅 1,740mm
全高 1,865mm

車内サイズ

全長 3,240mm
全幅 1,545mm
全高 1,400mm

ハイウェイスターはエアロパーツが着いているので車体サイズは大きくなります。
全長と全幅が5ナンバーを超えるので3ナンバーになります。

ちなみにですが3ナンバーは税金が高くなると思っていらっしゃる方が多いと思います。
しかし排気量2000cc を超えない限りは自動車税額は同じになります。

【グレード】 AUTECH、AUTECH V Package、AUTECH Safety Package、AUTECH SPORT SPEC、e-POWER AUTECH

ボディサイズ

全長 4,810mm
全幅 1,740mm
全高 1,865mm

車内サイズ

全長 3,240mm
全幅 1,545mm
全高 1,400mm

セレナのエアロ付きの特別仕様車です。
オーテックジャパンがカスタマイズしています。

専用のエアロパーツがつくためハイウェイスターよりもさらに全長が長くなります。

【グレード】NISMO

全長 4.805mm
全幅 1.740mm
全高 1.850mm
車内長 3.170mm
車内幅 1.545mm
車内高 1.400mm

セレナニスモはセレナの特別仕様車です。

快適なドライブを実現するために色々なパーツが奢られています。
セレナは使い勝手の良さと快適性に優れています。

というわけで使い勝手の良い快適な室内で爽快なドライブを楽しむことができる車になっているのです。

セレナの車体サイズについては気にする必要はない

セレナの車体サイズはオーテックやニスモになると3ナンバーサイズとなり大きくなります。
だからといって極端にボディサイズが変わるというわけではありません。

ですから普通の駐車場であれば問題なく駐車できます。
わざわざ駐車場を探さなければならないということはないので安心してください。



セレナとライバル車とのサイズ比較

ミニバンは一般的に SS, S ,M ,L ,LL の五つのサイズに分類することができます。

セレナは M サイズのミニバンです。
それでは同じ M サイズのミニバンとサイズを比較してみましょう。

M サイズのミニバンの大きさは?

主なミニバンの車種は下記の通りです。

日産セレナ
ホンダステップワゴン
三菱デリカ D 5
トヨタノアヴォクシーエクスクァイア

などです。

M サイズミニバンのボディサイズと室内サイズをまとめてみたよ!

※Mサイズミニバンとは、「全長4,700~4,800mm」「全幅1,700mm~1,800mm」「全高が1,800mmを超える」ハイト系ミニバンのことです。

各Mサイズミニバンのボディサイズと室内サイズを表にまとめてみました。

ボディサイズ(mm)全長×全幅×全高

日産 セレナ 4.690 1.695 1.865
ホンダ ステップワゴン 4.690 1.695 1.840
トヨタ エスクァイア 4.695 1.695 1.825
トヨタ ノア 4.695 1.695 1.825
トヨタ ヴォクシー 4.710 1.735 1.825
三菱 デリカD:5 4.730 1.795 1.870

室内サイズ(mm)室内長×室内幅×室内高

日産 セレナ 3.240 1.545 1.400
ホンダ ステップワゴン 3.220 1.500 1.425
トヨタ エスクァイア 2.930 1.540 1.400
トヨタ ノア 2.930 1.540 1.400
トヨタ ヴォクシー 2.930 1.540 1.400
三菱 デリカD:5 2.915 1.505 1.310

やはりセレナの室内サイズはライバルよりも広くなっていますね。
セレナの標準車のサイズは5ナンバーに治りますので驚異的です。

このようにセレナは M サイズのミニバンの中ではナンバーワンの広さを誇ります。

日産が公式ページにもアピールしています。

特に注目すべきは室内長です。
他社のライバル車よりも20 mm から100 mm 程度長くなっています。

これはどういうメリットがあるかと言うとシートの足元空間を確保できるということです。

ですから3列目のシートに座っても快適に過ごすことができます。
セレナはライバル車よりもた人数の乗車において圧倒的に有利だということが言えます。

室内の広さに余裕があるとドライブも楽しくなりますね。



セレナの取り回しはどうか?運転はしやすいか?

新型セレナの取り回しや運転はどうなのでしょうか?

ネット上の口コミサイトの意見を基に評価をまとめてみました。

【セレナの取り回し・運転の良いところ!】

・プロパイロットは高速道路でハンドル操作をしなくていいところが快適です。
・サイドウィンドウの位置が低く周囲の視界が良好である。
・室内が長く三列目まで快適に座れるので多人数で旅行に出かけるのに適している。
・直進安定性が非常に高く高速でも安定している。

【セレナの取り回し・運転ここがだめ!】

・走行安定性は良いがハンドル操作がやや鈍い。
・カーブでは少し曲がりにくい印象がある。
・ライバル車種に比べて加速力が物足りない。

セレナサイズまとめ

・旧型と新型ではボディサイズに大きな変更はないので安心。
・旧型でも室内サイズの広さには定評がありましたが新型に変わりさらに大きくなってライバルに差をつけている。
・室内の長さは長くなり足元に余裕ができて多人数乗車に最適な車になった。

まとめますと新型セレナは走行性能に不満が残りますが室内サイズが広いので居住性や快適性に優れたミニバンと言えるでしょう。

私の記事が参考になりましたら幸いです。

-セレナ