あなたの車生活に寄り添った車関係の情報サイトです。車の紹介から洗車、車の整備まで網羅した情報を提供します。

洗車方法 洗車

洗車傷はコーティングで消せるのか?洗車傷をなるべくつけない方法とは?

2019/04/23


洗車傷はどうしてついてしまうのでしょうか?
洗車傷がつくのは仕方がないことで傷を消す方法はないのでしょうか?

光を通してみるとボディには無数の傷がついています。
普段は気になりませんが洗車をする時にはどうしても気になってしまいます。

洗車して傷がつく原因は何で対策はあるのでしょうか?

今回は洗車傷について考察していきたいと思います。



スポンサードリンク

洗車傷がつく原因

ボディに傷を付ける原因は汚れです!

当然ですが車を走らすと道路に落ちている埃が車に付着します。
車を停めていても風に漂っている塵や埃がボディに付着します。

そのままで洗車グッズを使ってゴシゴシとこすってしまうと、細かい塵や埃の影響で傷がついてしまいます。
塵や埃が洗車グッズの隙間に入り込みますが、そのままボディに擦り付けると傷がついてしまうのです。
つまりチリやホコリがコンパウンドの役割をしてしまうのです。

傷がつきにくい洗車方法

1:最初に大量の水でボディーを洗い流す
できるだけ大量の水をまんべんなくかけ、ボディについた塵や埃や泥を洗い落とします。
汚れは下の方に落ちますので上の方からかけ流していくことが大事です。

2:水を流しながらボディを洗う
水をかけながらスポンジや洗車ブラシでボディを洗います。
水をかけながら洗うことですぐに水と一緒に汚れが流れていきます。
その時にスポンジやブラシを強くボディに擦りつけないことです。

3:ボディの吹上は服のではなく水を吸うように
洗車が終わった後ボディーに水滴が付いていますが、そのままにしておくと蒸発して乾き丸い輪っかになってしまいます。
この輪っかが乾いてしまうと非常に取りにくいのです。

そこですぐに水滴を拭き取ることが大切なのですがここで注意する点があります。

タオルで拭き取ると繊維の部分の摩擦で傷をつけてしまいます。
ですからタオルよりも吸水スポンジやセーム革を使うと良いでしょう。

拭き取るというよりも吸い取る感じでいいと思います。
左右にこするとどうしても傷がつきやすいですから、吸水スポンジなどでポンポンと軽く当てていくように水滴をとってください。



洗車キズ つけない技術とは?

洗車傷ができるだけつけないようにするには?

前述したように洗車傷をなるべくつけない洗車方法というものはあります。
しかしここで盲点があります。

実は洗車方法とか洗車グッズより大事なことは間違った洗車道具を使わないことです。
つまり長く使って劣化した道具や明らかに傷が入りそうな道具は使用しないということです。

長い間使った面タオルなどはガサガサになっています。
こういった間違った洗車道具の選択をしてしまうと傷がついてしまいます。

汚れている車の洗車について

前述したように綺麗な車を洗車する場合は、問題のある洗車グッズを使用しなければ一般的な洗車グッズで傷がつくことはありません。
しかし車を放置していて汚れがこびりついている場合は別です。

その際に注意すべき点をあげてみたいと思います。

・洗車する時に力を入れてゴシゴシこすらない。
・急いでいると言ってすばやく作業はしない。
(早く作業することで自然と力が入りますしよく汚れを落とさないで洗車すると傷がついてしまうからです。)

こういった点に注意すれば傷も付きにくいと思うのです。
基本的に力を入れてゴシゴシこすらなければ傷はつかないとと思います。

洗車技術云々というよりも基本的にはこの程度のレベルで良いのではないでしょうか?

洗車 キズ 消え ない

洗車 傷 消し シャンプー

シャンプーでボディの傷が消えるのなら簡単でいいですよね。
洗車のついでにボディの傷が消えてしまったら洗車時間の短縮になって楽ですね。

そこで洗車傷を消す目的のシャンプーの紹介をしたいと思います。

created by Rinker
プロスタッフ(Prostaff)
¥500 (2019/06/19 02:23:51時点 Amazon調べ-詳細)

洗車傷 コーティングで 消えるのか

塗装のクリア面が削れて白っぽい傷になっている場合どうしたらいいのでしょうか?
大きな傷がついている場合は傷消しワックスやコンパウンドで傷を消せるかもしれません。

どちらも似たような働きをしていますが、傷消しワックスの中には傷をシリコンなどで埋めて目立たなくさせるタイプもあります。
これは研磨することがないので良いように思いますが、大元の原因の傷は消せているわけではないですし埋めたシリコンもそのうち消えてしまう可能性があります。

そういった理由でおすすめは研磨成分の入ったワックスか研磨する目的のコンパウンドを使用することです。

どちらを使い分けるかということは傷がついている部位や深さなどによります。
つまり深めの傷がついた場合にはコンパウンドでゴシゴシ磨くことが必要です。

逆にまんべんなく細かい傷が付いている場合は研磨剤入りのワックスが効果的です。
磨いていくとみるみるうちに傷が消えていくのは快感です。

ちなみに拭き取り無用と言う傷取りワックスもありますがこれはどうでしょうか?
残ったワックスが日焼けして変色したり、新たな傷のもとになったりしますので拭き取っておいた方が無難でしょう。

それでも消えなかった深い傷にはタッチアップなどの塗装が必要です。



コーティングの艶で隠蔽する

深くなった傷に関しては磨き取るしか方法はありません。
しかし個人で行うには作業が大変ですし、業者にお願いすると高額な金額を請求されます。

ですからそんなに目立たない程度の傷であればコーティングの艶でごまかす方法もあります。
コーティングの艶である程度気にならないのであればそれが一番安く済むからです。

傷が気になるからと言って毎回のように磨いていたら塗装にとっては良くないことですからね。

普通に磨くとはいえ作業は大変なので、仕上げ用のウレタンバフで施工すれば作業も楽になります。
それと仕上げ用のコンパウンドで軽く傷を消し磨きを出してあげれば良いのではないでしょうか?

研磨剤が配合してあるコーティング剤と仕上げ用のウレタンバフで施工してあげると艶が出ます。
さらに多少キズも見えなくなるので良いのではないでしょうか?

洗車傷 仕方ない?

元々塗装には傷がついている?
あなたは知らないかもしれませんが、新車で購入した時にすでに傷はついています。

それは納車前にディーラーの店員さんが車を洗車しているからです。

コーティングをする前に表面をコンパウンドのついたバフマシーンを使って磨いた時点ですでに傷はついているのです。

つまり目に見える傷や塗装の際にできたムラや気泡などを削り取るために傷がついてしまいます。
そしてそれをごまかすためにピカピカに磨いているのです。

目で見て確認できるような大きめな傷や塗装に対して付着したゴミなどを細かい傷をつけるように磨いていきます。
そして人間が確認できないレベルにまで傷をつけて行きます。

つまり人間の目をごまかし傷が全くないように見せる作業が磨きということです。

洗車をすれば必ず傷はつく

洗車をすれば必ず傷がつくのは仕方がないことです。
勘違いしてはならないのは人間の目で確認できない傷は傷ではないということです。

ですから洗車することで汚れを取り傷がつくリスクをなくしているのです。
目に見えるような大きな傷がある場合は研磨入りのワックスやコンパウンドで取ればいいのです。

そして人間の目に見えない程度の傷にしておけば車はピカピカに見えるのです。

気にせず放置するのもひとつの手

世の中にはいろんな人がいるのでボディーの傷はそこまで気にしないという人も多くいらっしゃいます。
新車を買ってすぐに汚れたからといって傷消しワックスなどで車を綺麗にしようと思う人はあまりにも神経質なのではないでしょうか?

いつも車をピカピカに磨いているよりも、かなり汚れた車を洗車してピカピカになった時の感激の方が大きいと思います。

人それぞれ車の接し方があっても良いと思います。



まとめ

いかがでしたでしょうか?
洗車の傷は仕方がない。
問題はその汚れを放置した後に洗車することでさらに深い傷をつけてしまうことです。

車の汚れを放置することはもちろん誤った洗車道具の使い方にも問題があります。
傷がつきやすい洗車道具で洗車をしても本末転倒ということです。

本来車を磨くということは人間の目で見えるような深い傷を徐々に傷つけながら研磨して言って目に見えないほどの傷にしていくことです。

人間の目で見えなければそれは傷ではないのです。

私の記事が参考になりましたら幸いです。

-洗車方法, 洗車