洗車 洗車機

最新の洗車機だったら 新車でもキズはつかないのか?

2018/06/20

水が冷たい日や熱射病になりそうに暑い日は洗車をしたくないですよね。

そんな時洗車機があれば便利ですよね。

ところであなたは洗車機で車を洗った事ありますか?

ガゼルは何回もあります。

前の車のスイフトはある程度年数が経ってから洗車機に入れるようになりました。

スキー場によく行きましたので泥はねが多く、しょっちゅう洗車機にかけていました。

冬は寒くてとても手洗いなんかできなかったのです。

ただ最近ハスラーを新車で購入しましたがまだ一度も洗車機に入れた事はありません。

何故かと言いますと、洗車機で洗うとキズが付くと思っているからです。

高級車を洗車機にぶっこんだらどうなるのか(動画)


あなたも伝説や言い伝えのようにそう聞いた事はありませんか?

それは本当の事なのかそれとも伝説なのか検証していきたいと思います。


スポンサーリンク

洗車機の種類と機能について

セルフ型洗車機

たいていのガソリンスタンドに置いてあるのがセルフ型洗車機です。

セルフと呼ばれているのは自分で操作をしないといけないからです。

コントロールパネルで操作できます。

後は洗車機にお任せです。

乗員が乗ったまま洗車できるものもあり、洗車が効率的に早く終わります。

現在はコーティングやワックスがけをしてくれる洗車機もあります。

ドライブスルー型洗車機

ドライブスルーという名前の通り、コントロールパネルであらかじめ設定したコースを運転手が乗ったまま洗車機に入ってそのまま通り抜けます。

ガゼルが住んでいる町では見た事がありません。

田舎にはないのでしょうか?

普通の機械自体が移動する洗車機と違い、シャンプー、コーティング、ブロワーなどが車を移動させる事によって完結します。

ですから洗車機自体の長さが長いようです。

ノーブラシ洗車機

たいていの人は洗車機は大きなブラシが回転する事で汚れを落としていると思っているでしょう。

でもブラシを使わない洗車機もあるのです。

ノーブラシ洗車機と言って、高圧のスプレーで汚れを落とすという洗車機です。

でもしつこい汚れや水垢や油汚れは落としきれないようなので、洗車機で大体の汚れを落としてから手洗い洗車をしている人が多いようです。


スポンサーリンク

キズが付くのは洗車機のせいだけではない事実

原因は砂やホコリ

最新の洗車機はブラシだけではなくスポンジやムートンが使われている洗車機も多くなりそんなにキズはつきにくくなっています。

ですので、キズがついてしまう原因は他にあります。

それは、ボディーに付いているチリや砂です。

どういう事かと言いますと、ボディーに砂があるとブラシやスポンジが拾ってしまいこすった時にキズをつけてしまいます。

せっかく汚れを落としても後にキズが残ってしまうという事になります。

ガゼルも経験があります。

日産ガゼールは黒と銀のツートンだったのですが、黒の部分が傷だらけになっていました。

太陽の光に当ててよく見てみたらそうなっていてがっかりしたことがあります。

洗車機に通す前に、高圧スプレーで砂やホコリを落とせばキズが付くのはある程度防げるのではないでしょうか?

手洗い洗車の方がキズが付きにくいというのは嘘

手洗いでもキズは付く?

洗車機を通すと車体にキズが付くから手洗いにした方がいいよと言われた事ありませんか?

これを鵜呑みにしない方が良いです。

前述したようにボディーには砂やホコリが付いていてそのままこするとキズが付いてしまいます。

それは手洗いでも同じです。

それでなくてもスポンジでこすると普通に傷が付きます。

何も考えずに一般の人が洗車をするともしかしたら洗車機よりも傷をつけてしまうかもしれません。

シャンプー前の泥や砂の除去
水圧の加減
適切なカーシャンプー
水の拭き取りタオルの材質

このへんをしっかり管理していないと、手洗いだろうが簡単にキズが付きます。

最近の車は頻繁に洗車する必要がない

ボディーコーティングのおかげ

新車の購入から1〜2年の間はワックスがけはしない方がいいと言われた事ありませんか?

それはワックスに含まれている研磨剤が特殊なコーティング剤を剥がしてしまうためです。

そのコーティングのおかげで汚れがつきにくくなったり、付いても落ちやすいようになっています。

新しいうちはそんなに頻繁に洗車をする必要はありません。

洗車をする事で普通に傷が付きますのであまり頻繁に洗車をする必要はないでしょう。

まとめ

常に車のボディをキレイにしておくために毎週のように洗車している人もいますが、今の車は頻繁に洗車しなくても良くなっています。

洗車機は進化していますので、手洗いが面倒くさいと思われる方は洗車機を利用すればいいのではないでしょうか

大事なことは、洗車機に入れる前も手洗いする前にも必ず砂やホコリやチリは高圧スプレーなどでよく落としておくことです。

大事な車ですので、頻繁に洗車したくなる気持ちはよくわかるのですが、新車で買って1年から2年はワックスがけはやめて水洗いだけにしておいた用が無難です。

洗車が趣味という方もいらっしゃいますので、できない人もいるかもしれませんね

私の記事が参考になりましたら幸いです。

-洗車, 洗車機