修理・整備関係

ラバースプレー気になる耐久性は?洗車して大丈夫なの?

2018/08/15

ラバースプレーはとても便利な塗料です。

どこが便利かと言うと、一度スプレーして失敗してもすぐにはがせるところです。

つまり何度失敗してもやり直しが効くということです。

普通の塗装ですと一度塗ってしまえば剥がすのは不可能です。

ですので色の選択を間違えてもやり直しは効きません。

しかしラバースプレーだと何回でもやり直しは効きます。

ガゼルは純正の鉄チンホイールにスタッドレスタイヤをはめています。

色はガンメタリックですがマッドブラックに塗り直そうかと思っています。

でもスキー場へ行くのに山道を通るのですぐに塗装が剥げないか心配です。

汚れるのですぐに洗車をしたいのですが耐久性が気になります。

一本のホイールに対してどれくらいのスプレー缶はいるのか疑問です。

さらにラバースプレーの塗り方が分かりません。

これらはふと思いついた疑問点ですがこれらについて考察していきたいと思います。


スポンサーリンク

ラバースプレーの耐久性は?

まずラバースプレーの耐久性ですが、これは吹き付けた塗料の厚みや用途によって異なります。

ネットで調べてみると半年とか3ヶ月かとか意見は色々様々ですが、長期にわたって使用できるという考えは捨てた方が良さそうです。

一時的なイメージチェンジをすると言う考えであれば満足できるでしょう。

ラバースプレーは短期間であれば耐久性はあります。

洗車は気をつけねばなりませんが、洗車機に入れても塗装は大丈夫のようです。

洗車時にブラシでゴシゴシやらなければ傷つかないようです。

もし仮に傷が付いたり剥がれたりしても塗り直すことも簡単ですからね。

色が気に入らなければ、すぐに剥がしてやり直すことができますので自由自在に塗装できます。

 

ラバースプレーの剥がし方

ラバースプレーはうまく剥がせないと切れて残ってしまいます。

うまく剥がす方法はあるのでしょうか?

ラバースプレーが上手く剥がれない時の対処法

ラバースプレーを剥がそうと思ったら塗料が薄くてうまく剥がすことができなかったり、細かい部分を剥がすことができないことがあります。

そんな時の為に剥がす裏技を紹介します。

もう一度ラバースプレーを吹き付ける。

塗装が剥がせないのは塗装の厚みが薄い場合が多いです。

ですので薄く塗装されたラバースプレーの上に、さらにラバースプレーを吹きかけることで厚塗りにできます。

そうすることで剥がしやすくなるのです。

一度使用したラバースプレーをもう一度使うわけですがその時はノズルをきれいにしましょう。

なぜなら綺麗にしておかないと噴射口にラバースプレーが固まってこびりつきます。

そうなると出にくくなったり噴射角度が変わったりします。

ですので一度使ってしばらく経った場合は、一度新聞紙などに試しに吹き付けてみると良いでしょう。

そうすることで塗り間違いを防ぐことができます。

細かい部分の剥がし方

ホイールのスポーク部分などは細く入り組んでいるので塗料が剥がしにくいです。

剥がそうとしても塗料が切れて残ってしまう場合があります。

そういう場合は、布にパーツクリーナーを吹きかけて拭くと簡単に落ちます。

ラバースプレーを落とす裏技

薄く塗ってしまったラバースプレーを落とす裏技をさらに紹介します。

金属のブラシやヘラでやってみると剥がれるとは思いますが傷がついたりするのでやめましょう。

ではどうすれば良いのでしょうか?

まずガムテープを用意して剥がれかけた塗料をくっつけて剥ぎ取ります。

後は洗車場に行って高圧洗浄機などで吹き飛ばしましょう。


スポンサーリンク

ラバースプレー1本でホイール何本分使えるのか?

ホイールラバースプレーは、割と高価なものですからできるなら本数はあまり使いたくないですよね。

ではホイール一本あたりどのくらいの量で良いのでしょうか?

それはまずホイールのタイプによって違ってきます。

メッシュタイプやフィンタイプだと塗装面が細いので、吹き付けても通過する部分があり無駄になる量が多いでしょう。

さらに形状が細かく複雑なので一定方向だけでなく、いろんな角度から吹き付けないといけないので必然的に量が増えます。

内側からも丁寧に吹き付けなければならないので、必然的に吹き付ける量は増えます。

通常はホワイトを吹き付けておいてそれから好きな色で仕上げます。

下地と全く異なる色を吹き付ける場合には、白色を吹き付ける必要があるのです。

そうしないと色が映えません。

使用量については、吹き付け面積と吹き付けの厚みによって異なります。

使用量はスプレー一本につきホイール一本です。

塗装手順

全体を中性洗剤頭で洗います。

脱脂剤で油やほこりを除去します。

乾いたらラバースプレーを吹きます。

放置して乾いたら完成です。

ラバースプレーの注意点

脱脂作業を怠ると塗料が弾いてうまく塗れない。

ラバースプレーを塗布する前に油や埃を取っておかなければなりません。

そうしないと油分が邪魔をして塗装を弾いてしまいます。

そうなると何度塗ってもムラが出来、ボコボコになってしまいます。

ですので必ず脱脂作業はきちんとやりましょう。

ケチらずできるだけ重ね塗りする。

もったいないとか面倒くさいとかと言って重ね塗りをしない人がいます。

重ね塗りをしないと剥がれにくくなりますしうまく塗ることができません。

できるだけ厚く重ね塗りするようにしましょう。

もったいないからといってケチって一回や二回塗って終わりにすると、薄塗りになってしまいうまく剥がれず所々塗料が残ってしまいます。

剥がす途中でちぎれてうまく塗料が取れません。

ですからケチらず最低3回は重ね塗りしましょう。


スポンサーリンク

ラバースプレー おすすめ

脱脂剤

created by Rinker
ソフト99(Soft99)
¥682 (2018/08/19 13:17:21時点 Amazon調べ-詳細)

ペイント補修に欠かせない脱脂作業の定番商品。

広範囲な脱脂作業でも安心してたっぷり使用でき、頻繁な使用にも耐える大容量タイプです。

AZラバースプレー

薄膜で塗ってはがせる、液体ゴム塗装スプレーです。

簡単イメージチェンジ!重ね塗りすることで、きれいに剥がせます。

女性でも手軽にDIY!
スプレー塗装口を横広と縦広に変えることが可能なので より簡単に塗装が行えます。
また速乾性で液だれしにくいです。ファッション感覚で塗装を楽しめます!

created by Rinker
エスデザイン
¥2,218 (2018/08/19 13:17:23時点 Amazon調べ-詳細)

噴射口が広い特殊ノズル(日本製)&垂れにくい塗料を採用
初心者でもムラになりにくい仕上がり


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ラバースプレーは車だけでなくいろんな物を塗装することができます。

しかも失敗すれば剥がして元通りにすることができます。

こんな便利なものがあるんですね。

ガゼルも購入して一度試してみたいと思います。

初心者でも手順さえ踏めば問題なく施工できると思います。

AZラバースプレー はおすすめです。

なんといっても信じられないほどの価格の安さです。

ホイール4本分使用してもマットブラックやホワイトでしたら 1080円です。

一本は280円になります。

どうですか?

かなり安いと思いませんか?

これなら失敗してもまた購入すれば良いのです。

あなたもラバースプレーを使用して愛車のイメージチェンジをしませんか?

私の記事が参考になりましたら幸いです。



-修理・整備関係