あなたの車生活に寄り添った車関係の情報サイトです。車の紹介から洗車、車の整備まで網羅した情報を提供します。

新型ジムニー

新型ジムニーはかっこいい!でもベンツに似てるしダサい?

2018/09/28


下取りは絶対に一括サイトを利用すべきです!

ディーラーで30万円の下取りが買い取り業者では
80万円になることも珍しくありません。

信じられないかもしれませんが
車の一括査定サイトを使うことによって
最大10社の車買取業者が競合し
あなたの車の買い取り価格が必然的に上がっていきます。

どうしてもディーラーに下取ってもらいたいのであれば
買取業者の買取価格をディーラーに提示して
交渉を有利に進めることもできます 。
査定は無料ですので使わない手はありませんよね !

 

 

このサイトは新型ジムニーのエクステリアについて情報をまとめています。

2018年7月に20年ぶりのフルモデルチェンジを受けた「スズキ・ジムニー」は外装デザインが好評で、「かっこいい!」という声が多いようです。

しかし、一方でメルセデス・ベンツのクロカン4WD「Gクラス」に似ているという声もあります。

今回は、結局のところ新型ジムニーはかっこいいと断言できるのか、それともベンツGクラス似でダサいのかを検証することにしました。




スポンサードリンク

新型ジムニーデザイン変わったところ?

まず、新型ジムニーのデザインが先代からどう変わったのかを検証してみましょう。

基本的な外装デザインは、先代JB23型ジムニーがスクエアな中にも曲線を取り入れたフォルムであったのに対し、新型ジムニーは2代目初期のSJ30型ジムニーを彷彿とさせる、直線基調の角張ったフォルムへと変貌しています

新型ジムニーは、先代の乗用車テイストの外装デザインを捨て、オフロード車の原点に帰った外装デザインに変わった、とも言えるでしょう。

一方で、丸型ヘッドライトや5スロットのフロントグリル、バックドアに背負ったスペアタイヤが先代ジムニーから受け継がれるなど、完全にイメージが変わってしまったわけではありません。

新型ジムニーは、ジムニーとしてのアイデンティティを踏襲しながらも、より合理的で機能美溢れる外装デザインに生まれ変わったと言えます。

一方、内装デザインにおいても、先代ジムニーが曲線基調であったのに対し、新型ジムニーでは直線基調・水平基調へと大きく変貌しているのが特徴です。

どちらのデザインが良いかは主観にもよりますが、新型ジムニーの方がすっきりして機能的な印象があることは、誰もが認めるところではないでしょうか?

また、カーナビの装着位置が高くなり、視認性が向上していることも新型ジムニーの内装デザインの美点です。

新型ジムニー発表でユーザーの反応は?

この項目では、新型ジムニーが発表された際に、ユーザー(歴代ジムニー所有者)がどんな反応をしたのかを振り返りたいと思います。

新型ジムニー発表時には、以下のような反応がありました。

  • めちゃくちゃかっこいい
  • かっこいいし可愛い
  • いい感じ
  • ジープに似ている
  • いじるとかっこよくなりそう
  • 思っていたよりかっこいい
  • ガイコツみたいなJB23型よりずっといい
  • 原点回帰がよい

以上のように、新型ジムニーに対する反応はほぼ絶賛の声で埋め尽くされていました。

一部にジープとの類似性を指摘する声もあったものの、少なくとも「新型ジムニーはかっこ悪い」と評する声はほぼ皆無でした。

今回のジムニーのフルモデルチェンジは、デザイン面からは大成功だったと言えるでしょう。



新型ジムニーはベンツに似てる?

先ほど、新型ジムニー発表の際にユーザーから「ジープに似ている」という反応があったことを紹介しました。

一方で、おそらくジムニーユーザーからの反応ではないと思われますが、「新型ジムニーはベンツGクラスに似ている」「まるでベビーGクラス」という声も少なくありませんでした。

実際に新型ジムニーとベンツGクラスの外装デザインを比較してみると、大きさこそ全く異なるものの、全体的なフォルムはともに直線基調という類似点があります。

更に、全てのガラスが平面で構成されていることや、バックドアにスペアタイヤを背負っていることも共通です。

また、丸型2灯式のヘッドライトが備わるフロントマスクの雰囲気も、どことなく似通っていると言えるでしょう。

更に、横型の小振りなリアコンビネーションランプが低い位置に備わる点も、両者に共通しています。

ただ、ベンツGクラスはオーバフェンダーとランニングボードが備わるのに対し、サイズに厳しい制約のある新型ジムニーにはそれらがありません。

しかし、オーバーフェンダーの備わる新型ジムニーシエラならば、その面でもベンツGクラスに類似していると言えます。

全体的な雰囲気を比べると、新型ジムニー(と新型ジムニーシエラ)がベンツGクラスに似ているという意見も、決して的外れではないでしょう。

しかし、決して新型ジムニーがベンツGクラスのデザインをコピーしたわけではありません。

ともにオフロード車としての機能性を追及した結果、たまたま似通った雰囲気になった、と言うべきでしょう。

一方で、内装デザインは新型ジムニーとベンツGクラスでは大きく異なり、ラグジュアリー性ではさすがに遥かに高価なベンツGクラスが圧倒しています。

しかし、インパネのデザインが水平基調であることや、機能性重視のレイアウトになっていることなどは両者共通です。

 

新型ジムニーはかっこ悪い、ダサい?

好評を博している新型ジムニーのデザインを「かっこ悪い」「ダサい」とけなすような意見は存在するのでしょうか?

少なくとも、ジムニスト(歴代ジムニーのユーザー)からは、そのような意見はまず見られないようです。

また、ほかの車種のユーザーからも、新型ジムニーがかっこ悪い、ダサいと評する意見はほとんど見かけません。

しかし、ネット上では「ベンツGクラスと並んだ時に見下されるぞ」などと、新型ジムニーをけなすような書き込みも見受けられます。

とはいえ、一部のネットユーザーによるネガティブな意見など気にする必要はないでしょう。



結局新型ジムニーはかっこいい?

では、結局のところ新型ジムニーはかっこいいのでしょうか?

どんなデザインをかっこいいと感じるかは、個人の主観により大きく左右されます。

背が低く、フロントピラーが大きく傾斜した空力的なデザインがかっこいいと思う人にとっては、新型ジムニーの外装デザインはかっこ悪いと感じるかもしれません。

一方で、背の高さや空力特性云々よりも、機能美に溢れたデザインをかっこいいと思う人にとっては、新型ジムニーは間違いなくかっこよく見えるはずです。

また、内装デザインに関しても、新型ジムニーのデザインを素っ気ないと感じる人もいれば、シンプルかつ機能的でかっこいいと思う人もいることでしょう。

ただ、割合からすれば、新型ジムニーの内外装デザインがかっこいいと思っている人の方が多数派であることは間違いありません。

したがって、人から自分の車がどう見られているのかを気にする方でも、自信を持って新型ジムニーを購入して良いと思います。

新型ジムニーの値引き金額 から更に50万円安く購入する方法

新型ジムニーは高すぎて予算オーバーだ。
新型ジムニーをなるべく安く購入したい。
ディーラーを何件も回るのは面倒。
ディーラーの売り込みが苦手だ。
新型ジムニーを最安値で購入したい。

など新型ジムニーを購入したいと思っている人の悩みは深くまた悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

この方法は本当に有効です。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値で新型ジムニーを購入できることになります。

これが、新型ジムニーを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

-新型ジムニー