新型ジムニー

新型ジムニーの評価は?試乗して感じた良い点と悪い点

2018/09/19

スズキの軽クロカン4WD「ジムニー」は2018年7月に20年ぶりのフルモデルチェンジが実施され、現在人気が沸騰しています。

新型ジムニーの購入を検討している方にとっては、ネットユーザーからどのように評価されているのか、気になるのではないでしょうか?

そこで、新型ジムニーに対するネット上の口コミ評価を紹介すると同時に、管理人が自ら試乗して良い点と悪い点を探ってみました。



新型ジムニーの口コミによる評価は?

まず、新型ジムニーがネット上の口コミでどう評価されているのかを、項目ごとに紹介しましょう。

エクステリア

  • ・文句なしにかっこいい
  • ・軽自動車離れしたデザイン
  • ・個性的でかっこいい
  • ・メルセデス・ベンツGクラスのミニチュアのようでかわいい
  • ・ワイルドでありながら洗練されている

エクステリアは非常に好評で、「新型ジムニーはかっこいい!」という口コミが大半でした。

けなすような口コミはまず見掛けないので、新型ジムニーのエクステリア・デザインは大成功だったと言えるでしょう。

インテリア

  • ・メーターの視認性やスイッチ類の操作性が良い
  • ・シンプルだが決してチープではない
  • ・室内は広いが運転席の足元が狭い
  • ・パワーウィンドウスイッチの位置が悪い
  • ・荷室スペースが狭い
  • ・前席は広いが後席は狭い
  • ・軽自動車とは思えない質感
  • ・視界が良い
  • ・運転席のサポート性が良い

新型ジムニーのインテリアに関しては、質感の高さを評価する口コミなどが多く見られた一方で、一部に後席や荷室スペースの狭さを指摘する声もありました。

また、スイッチ類の操作性は概ね好評であったものの、パワーウィンドウスイッチの位置に戸惑う声が少なくなかったのが印象的でした。

エンジン性能

  • ・ターボらしくないリニアなトルク特性
  • ・吹け上がりがシャープ
  • ・パワーが少し物足りない
  • ・静粛性が高くジムニーとは思えない
  • ・ターボラグがなく扱いやすいが、低速トルクがやや不満
  • ・加速感が乏しい
  • ・平坦路なら十分だが、上り坂では物足りない
  • ・静粛で振動が少なく、高級車のよう
  • ・もっさりした加速

ジムニーは新型になってターボエンジンが一新され、結果としてドライバビリティが改善されています。

新型ジムニーのエンジン性能に関しては、先代よりも扱いやすくなった点や静かになった点を評価する声がありました。

一方で、加速性能に対しては不満の声が少なからずありましたが、やはり1トンを超える車両重量が大きく影響しているようです。




走行性能

  • ・オンロードではそれなりだが、ふらつきはない
  • ・視点が高いので運転しやすい
  • ・ステアリングの重さが気になる
  • ・ステアリングのフリクションが気になる
  • ・特にふらつきは感じない
  • ・路面が悪いとハンドルを取られるが、許容範囲
  • ・ふらふら、グラグラする

新型ジムニーの走行性能に関しては、コーナリング時もふらつきを感じないという口コミがあった一方で、ふらつきが気になるという声もありました。

個人の主観により、感じ方にかなり差があるようです。

また、ステアリングフィールに対する不満の声がありましたが、ステアリング形式が最近の車には珍しいボール・ナット式である点が影響しているのかもしれません。

乗り心地

  • ・先代と比べドタバタ感が減少
  • ・オンロードではドタバタした乗り心地
  • ・予想以上に快適な乗り心地
  • ・少し跳ね気味だが、その後の収まりは良い
  • ・先代より快適になったが、路面状況を感じられなくなった点は残念
  • ・固い乗り心地
  • ・可もなく不可もなし
  • ・固からず柔らかからずの絶妙な乗り心地
  • ・しなやかで、適度に路面の凹凸が感じられる点も良い
  • ・非常に上質な乗り心地

新型ジムニーの乗り心地に関する口コミは、軽クロカン車らしから快適さを高く評価する口コミが多く見られましたが、一方で乗り心地の粗さを指摘する声もありました。

どの車を基準にして比較するかにより、評価が大きく分かれるようです。

総評

  • ・こんなに素晴らしい車を作ってくれたスズキに感謝
  • ・街乗り用としても悪くない
  • ・旧型のような無骨さに欠けるのが不満
  • ・予想以上の仕上がり
  • ・全てが完璧
  • ・運転が楽しくワクワク感のある車

新型ジムニーに対する総評は、一部に不満の声もありましたが、絶賛する口コミが大半を占めました。

ここまで称賛される車は、なかなかありません。



ジムニー 試乗して感じたこと

この項目では、管理人が実際に新型ジムニーに試乗して感じたことをお伝えします。

試乗車は最上級グレードXCの4AT車でしたが、まずエクステリアが画像で見る以上にかっこいいと感じました。

軽自動車らしからぬボリューム感がある上、機能美に溢れたデザインなので、これなら購入しても飽きずに長く乗れそうです。

また、インテリアもデザイン・機能性ともに気に入りましたし、パワーウィンドウスイッチの場所も慣れれば問題ないと感じました。

一方で、XCは加飾が多いのでややオーバーデコレーション気味に感じましたが、このあたりは好みの問題でしょう。

走り出してすぐに感じたのが、軽自動車らしからぬ静粛性の高さです。

また、3気筒特有のブルブルした振動も全く気になりませんでした。

さらに、乗り心地の面でもほとんど乗用車並みで、ゴツゴツ感や突き上げ感はほとんどありません。

総じて快適性の点ではとても軽自動車とは思えず、ヘタなコンパクトカー顔負けと感じました。

一方動力性能の点では、出足こそややもっさりしているものの一旦走り出してしまえば特に問題はなく、必要十分という印象でした。

ただ、それはあくまでも平坦な道路でのことで、上り坂に差し掛かると、先行車に付いていくためにはアクセルを深く踏み込む必要がありました。

また、コーナーに進入する際はスピードを控えめにする必要がある点と、ステアリングレシオが若干スローな点が気になりましたが、これは車の性格からしてやむを得ないところでしょう。

最初、つい乗用車並みのペースでコーナーに進入したところ、ESPが作動して後輪がキュっと鳴いてしまったことを付け加えておきます。

ただ、コーナリング中のロールは思っていたよりも小さく、背が高い車の割には安定感があることには感心しました。

ブレーキは、踏力に応じてリニアに効く印象でした。

新型ジムニーの良い点とは

口コミ評価や管理人が試乗した結果から、新型ジムニーの良い点をまとめてみました。

    • ・内外装デザインが良い
    • ・静粛性が高い
    • ・軽クロカン4WDとしては乗り心地が良い
    • ・コーナリング時のロールが少なく安定感がある
    • ・とにかく運転していて楽しい

新型ジムニーの悪い点とは

続いて、新型ジムニーの悪い点をまとめました。

      • ・加速性能がいまひとつ
      • ・オンロードでの走行性能は乗用車には劣る
      • ・乗り心地は、良くできた乗用車には劣る




新型ジムニーは買いか?

最後にまとめを兼ね、新型ジムニーは果たして買いなのか、それとも買わない方が良いのかについてお話します。

新型ジムニーは、発売前から「現行モデルもいいが新型も気になる」という声が数多くありました。

新型ジムニーは、内外装デザインや快適性、エンジンの扱いやすさなどの点で先代から明らかに進化しています。

ただ、乗用車と比較すると、動力性能やオンロードでの走行性能の点で見劣りするのもまた事実です。

また、新型ジムニーの燃費は口コミによると約10~11km/l程度ですが、これは先代ジムニーと大差なく、最近の軽自動車としては決してほめられた数値ではありません。

結局のところ、新型ジムニーは軽クロカン4WDとしての完成度は抜群ながらも、オンロード性能や燃費には割り切りが必要ということになります。

もし、乗用車より劣る面があることを割り切りれるならば、新型ジムニーは「買い」と言って良いでしょう。

-新型ジムニー