新型ジムニー 未分類

新型ジムニーのカラーバリエーションの中でも人気ベスト5を御紹介!

2018/09/21

新型ジムニーは機能的な外装デザインが魅力のひとつですが、外観のイメージはボディカラーによってもかなり変わるものです。

新型ジムニーを購入するにあたってどの色を選ぼうかと悩む人や、みんなはどんな色を選んででいるのか気になるという人も、意外と多いのではないでしょうか?

そこで今回は、新型ジムニーのカラーバリエーションの人気ベスト5を紹介すると同時に、下取りに有利なカラーについても解説します!



新型ジムニーのカラーバリエーションは?

新型ジムニーのカラーバリエーションは、グレードにより異なります。

各グレードに設定されているカラーは、以下のとおりです。

グレード名 キネティックイエロー ブラック2トーンルーフ(43,200円高) シフォンアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ(43,200円高) ブリスクブルーメタリック ブラック2トーンルーフ(43,200円高) キネティックイエロー ブラックトップ2トーン(64,800円高・受注生産) キネティックイエロー シフォンアイボリーメタリック ブリスクブルーメタリック ミディアムグレー ブルーイッシュブラックパール3 ジャングルグリーン シルキーシルバーメタリック ピュアホワイトパール(21,600円高)
XC
XL × × × ×
XG × × × × × × × ×

最上級グレードのXCは、有料のツートーンカラー4色を含め全12色ものカラーが用意されています。

一方、中間グレードのXLはツートーンカラーが選べず、カラーバリエーションは全8色です。

廉価グレードのXGとなると、更にカラーの選択肢が減り4色しか選べません。

とはいえ、先代ジムニーはカラーバリエーションがスペリアホワイト/シルキーシルバーメタリック/ノクターンブルーの3色しかなかったことと比べれば、XGでさえも選択肢が増えているのです。

新型ジムニーはカラーバリエーションが豊富になっただけに、何色にするべきかが悩ましい問題になりました。



新型ジムニーの人気カラーベスト5発表!

ジムニーは新型にモデルチェンジされてカラーが大幅に増えましたが、人気があるのはどの色なのでしょうか?

ここで、中古車市場に流通している個体から推測される新型ジムニーの人気カラーベスト5を発表します。

    • 第5位 ブルーイッシュブラックパール3

    • 第4位 ピュアホワイトパール

    • 第3位 シフォンアイボリーメタリック

    • 第2位 ジャングルグリーン

    • 第1位 ブリスクブルーメタリック

この順位は意外だったでしょうか?それとも想定内だったでしょうか?

新型ジムニーの人気カラーランキングで特徴的なのは、一般的に人気カラートップ3になっている白系・黒系・シルバー系が3位以内に入っていないことです。

ジムニーが個性的な外装デザインを持つ軽クロカンモデルであることと、関連があるのかもしれません。

ここで、各色の特徴について解説しましょう。

まず第5位のブルーイッシュブラックパールは、パール塗装ならではの輝きを持った黒系カラーで、新型ジムニーを精悍に見せる効果があります。

ただ、悪路走行時に石が跳ねてボディに当たった場合、ほかの色よりも傷が目立ってしまうのが難点と言えるでしょう。

第4位のピュアホワイトパールは光輝感のある白系カラーで、新型ジムニーを清潔感溢れるイメージにしてくれます。

欠点は汚れが目立ちやすいことで、雨上がりや悪路を走行した後などに小まめな洗車が要求されるため、面倒臭がりの人は避けた方が良いかもしれません。

第3位のシフォンアイボリーメタリックは、ピュアホワイトパールよりも若干黄色がかった色彩が特徴です。

ジムニーのような小さい車の場合、白系のカラーを選ぶと淡白なイメージになってしまう傾向がありますが、アイボリー系のカラーはそれよりも存在感があるのが持ち味と言えます。

第2位のジャングルグリーンは、メーカーのスズキが森林に溶け込むことをイメージして設定した深緑系のカラーです。

キャンプや釣りなどで山に出掛けた時、クルマが自己主張せず自然の一部になったかのように見えるのが、このカラーの持ち味と言えるでしょう。

そして人気カラーランキング第1に輝いたブリスクブルーメタリックは、鮮やかな青系のカラーで、新型ジムニーを一層フレッシュに見せてくれるのが魅力です。

ただ、青は収縮色なので実際の距離よりも遠くにいるように見えてしまうため、事故率が一番高いというデータもあります。

それはともかくとして、青系や緑系のカラーが人気色になる車種はそうそうありません。

新型ジムニーの人気カラーランキングは、一般的な傾向からすると異色と言えるでしょう。



新型ジムニーのミディアムグレー色の人気の秘密とは?

先ほど新型ジムニーの人気カラーランキングを紹介しましたが、それぞれの順位の差は僅かで、実際は各色がほぼ満遍なく売れているようです。

今回ランクインは逃したものの、実は新型ジムニーのXC/XLで選べるミディアムグレーも人気があります。

人気の秘密は、メカニカル感のある色調が「新型ジムニーはやっぱりかっこいい!」と思わせてくれるからでしょう。

また、同系統のシルキーシルバーメタリックよりも深みを感じさせる点も、人気の的になっているようです。

更に、悪路走行をする機会も多い新型ジムニーにとって、グレー系カラーならではの汚れが目立たないという特徴も、捨てがたいメリットになります。

新型ジムニーの下取りに有利なカラーは?

新型ジムニーは、一般的な軽乗用車とは全く異なる強い個性を持っているので、購入したは良いものの波長が合わず、直に手放したくなってしまう可能性もあります。

そのため、少しでも下取りに有利なカラーを選んでおくのもひとつの方法です。

新型ジムニーに設定されているカラーはモノトーンが8色、ツートーンが4色ですが、このうちモノトーンに関しては、どの色を選んでも下取り価格に極端な差は付かないと推測されます。

ただ、黄色系のキネティックイエローはとにかく目立つ色なので、好き嫌いがはっきり分かれることが懸念事項です。

したがって、下取り価格重視の観点から色をえらぶ場合は、よほど好きな場合は別にしてキネティックイエローだけは避けた方が良いかもしれません。

また、ツートーンカラーはどの色もモノトーンよりも派出なイメージになるので、万人向きとは言えません。

ツートーンカラーは全て有料色となりますが、必ずしも下取り価格のアップにはつながらないと思われるので、敢えて選ぶ意義は少ないでしょう。

まとめ

新型ジムニーのボディカラーについて解説してきましたが、いかがたっだでしょうか?

色選びで迷ったら、人気カラーや下取り価格の高いカラーを選ぶのもひとつの方法です。

しかし、もし本当に気に入った色があるのなら、下取り価格云々など気にせずにその色を選んでしまった方が後悔しません。

単に人気のある色だから、下取りが高い色だからという理由で、好きでもないカラーのクルマを買って乗り続けるのはつまらないことです。

-新型ジムニー, 未分類