あなたの車生活に寄り添った車関係の情報サイトです。車の紹介から洗車、車の整備まで網羅した情報を提供します。

新型ジムニー

新型ジムニーの4ドアがついに!?発売はいつ?価格は?性能は?

2018/09/28


下取りは絶対に一括サイトを利用すべきです!

ディーラーで30万円の下取りが買い取り業者では
80万円になることも珍しくありません。

信じられないかもしれませんが
車の一括査定サイトを使うことによって
最大10社の車買取業者が競合し
あなたの車の買い取り価格が必然的に上がっていきます。

どうしてもディーラーに下取ってもらいたいのであれば
買取業者の買取価格をディーラーに提示して
交渉を有利に進めることもできます 。
査定は無料ですので使わない手はありませんよね !

 

 

2018年7月に20年ぶりのフルモデルチェンジを受けた「スズキ・ジムニー」ですが、従来同様2ドア(3ドア)車のみの設定で、4ドア(5ドア)の設定はありません。

今回は、新型ジムニーに4ドア車が追加される可能性を探るとともに、もし発売されるとすれば時期はいつ頃になるのか、価格や性能がどのくらいになるのかを予想します。




スポンサードリンク

新型ジムニーに4ドアってなんでないの?

そもそも新型ジムニーには何故4ドアの設定がないのか、疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

ドアが2枚しかないと、後席に人を乗せたい場合はいちいち助手席を倒さなければならず、不便です。

また、ただでさえフロアの高い新型ジムニーなので、特にお年寄りが後席に乗り降りする場合はかなり大変なことでしょう。

さらに、ちょっとした荷物を後席に放り込みたいことが結構あると思いますが、2ドア車はそれもやり辛いので、結局テールゲートを開けて積み込まなければなりません。

2ドア車はファミリーカーとしてはとても不便ですし、後席に人を乗せる機会の少ない独身者にとっても便利とは言い難いのが現実です。

現在販売されている軽自動車は、一部のスポーツカーを除き全て4ドア(5ドア)車であることを考えれば、2ドアしかない新型ジムニーは大きなハンディを抱えているとも言えるでしょう。

次の項目で、新型ジムニーに4ドアがない理由を検証します。

新型ジムニーに4ドア(5ドア)がない理由

ジムニーの5ドアが新型にフルモデルチェンジされても設定されない理由は、どこにあるのでしょうか?

まず考えられるのが、新型ジムニーの場合、物理的に後席用ドアを設けるのが難しいことです。

新型ジムニーは、従来モデル同様エンジンが縦置きなので、一般的な軽自動車よりもボンネットが長くなっています。

軽自動車の全長は規格で3.4m以下と定められているので、ボンネットを長くすればキャビンが短くなるのが道理です。

その短いキャビンに4枚のドアを設けるのは、現実的にかなり困難になってしまいます。

さらに、新型ジムニーは大径タイヤを履くためホイールアーチが大きくえぐれていることも、後席用ドアの設置を困難にしている要因のひとつです。

また、そうした無理を押して4ドア化したとしても、開口部が大きくなったことに伴いボディ剛性が低下してしまいますし、車両重量も増加します。

悪路走破性の高さが売り物の新型ジムニーにとっては、ボディ剛性の低下や車両重量の増加はデメリット以外の何物でもありません。

これらの点が、ジムニーの5ドアが新型になっても設定されない理由と言えるでしょう。



ジムニーシエラ 新型5人乗りはより現実的

ジムニーと同時に兄貴分のジムニーシエラもフルモデルチェンジを受け、新型になりました。

新型ジムニーシエラの乗車定員は、新型ジムニーや先代ジムニーシエラと同様4人乗りです。

家族持ちの方の場合、後席に人を乗せる機会も多いはずですが、後席に2人しか乗れないよりも3人乗れた方がベターなことは間違いないでしょう。

軽自動車の新型ジムニーの場合は、法的に4人しか乗車できないのでどうにもなりませんが、登録車の新型ジムニーシエラなら5人乗りに変更することも可能なはずです。

新型ジムニーシエラは、室内幅が先代ジムニーシエラよりも80mm広い1,300mmになっています。

この幅に大人3人が掛けるのはかなり窮屈になるとは思いますが、短時間の乗車なら耐えられるはずです。

かつてダイハツから販売されていた軽ワンボックス車ベースのワゴン「アトレーセブン」は、室内幅が新型ジムニーよりも10mm広いだけだったものの、2列目シートが3人掛けになっていました。

それを考えると、ジムニーシエラの新型が5人乗りに変更されることは現実味を帯びていると言えそうです。

少なくとも、新型ジムニーの5ドア車よりも現実的でしょう。

新型ジムニーの4ドアはいつ?価格と性能は?

話を新型ジムニーの4ドアに戻しましょう。

新型ジムニーの4ドア車を期待している方もいると思いますが、前の項目で説明した理由から、残念ながら実現する可能性は非常に低いと言えます。

しかし、ボディサイズに制約のない新型ジムニーシエラなら、可能性は十分あります。

ただし、新型ジムニーシエラのボディシェルは基本的に新型ジムニーと共通なので、今のままでは4ドア化は困難です。

考えられるとすれば、ボディとホイールベースを延長して4ドア化する手法です。

全長とホイールベースを300~400mmほど延長すれば、後席用ドアを設けることも十分可能になるでしょう。

この手法で2ドア車を4ドア化した実例として、フィアット・クライスラー社の「ジープ・ラングラー/ラングラーアンリミテッド」があげられます。

2ドアのジープ・ラングラーをベースに、ホイールベースを520mm延長して4ドア化したのがジープ・ラングラーアンリミテッドです。

この例にならえば、新型ジムニーシエラの4ドア車が実現します。

ただ、問題はスズキが新型ジムニーシエラに4ドア車を追加する意思があるかどうかですが、現状ではその計画はないようです。

しかし、新型ジムニーシエラの4ドア車を望む声は少なくないので、場合によってはスズキが開発に動き出す可能性もあります。

新型ジムニーシエラ4ドア車の発売時期は?

もし4ドア車が追加されるとすれば、その時期はいつ頃になるのでしょうか?

管理人は、おそらく早くとも2年以上先になると予想します。

現在スズキは新型ジムニー/ジムニーシエラのバックオーダーを大量に抱えているため、その生産に追われているのが現状です。

このような状況なので、新たな派生モデルを追加する余裕は当面ないはずです。

需要と供給のバランスが落ち着き、工場のラインをフル稼働させずに済むのはおそらく1年半以上先になるものと思われます。

これが、新型ジムニーシエラ4ドア車の登場が2年以上先になると予想する理由です。

新型ジムニーシエラ4ドア車の価格は?

では、もし新型ジムニーシエラの4ドア車が発売されるとすれば、価格はいくらくらいになるのでしょうか?

ジープ・ラングラー/ラングラーアンリミテッドを例にあげると、同一グレード同士の場合、4ドアのラングラーアンリミテッドは2ドアのラングラーよりも約8%高価でした。

この比率をそっくりジムニーシエラに当てはめると、価格はおよそ190~218万円になります。

実際はこれよりも高価になるかもしれませんが、良心的な価格設定が持ち味のスズキのことですから、200万円台の前半には収まるでしょう。

新型ジムニーシエラ4ドア車の性能は?

もし新型ジムニーシエラの4ドア車が実現するとすれば、その性能はどの程度になるのでしょうか?

ボディの延長に伴い、車両重量はおそらく150~200kgくらい重くなる可能性があります。

もしエンジンが現在の1.5L直4自然吸気のままだとすれば、性能の大幅なダウンは免れません。

ジムニーシエラ2ドア車並みの性能を維持するには、ターボ化などの対策が必要になりますが、スズキがそれを実現させるかどうかはなんとも言えないところです。



新型ジムニーの4ドアは買いか?

最後にまとめを兼ね、もし新型ジムニー(新型ジムニーシエラ)の4ドアが発売されたら買いなのかどうかについて解説します。

もしエンジンが現状のままだとすれば、4ドアならではの利便性は得られるものの、走りの面では遅くてストレスの溜まる車になってしまいます。

新型ジムニーシエラ4ドアが買うに値する車になるには、現状よりもパワフルなエンジンを搭載することが必須条件と言えるでしょう。

新型ジムニーの値引き金額 から更に50万円安く購入する方法

新型ジムニーは高すぎて予算オーバーだ。
新型ジムニーをなるべく安く購入したい。
ディーラーを何件も回るのは面倒。
ディーラーの売り込みが苦手だ。
新型ジムニーを最安値で購入したい。

など新型ジムニーを購入したいと思っている人の悩みは深くまた悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

この方法は本当に有効です。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値で新型ジムニーを購入できることになります。

これが、新型ジムニーを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

-新型ジムニー