あなたの車生活に寄り添った車関係の情報サイトです。車の紹介から洗車、車の整備まで網羅した情報を提供します。

コーティング剤

マツダのコーティングMGシリーズは必要か?その効果と注意点!

2018/08/22


マツダコーティングMGシリーズはディーラーオプションのボディコーティングです。

ガゼルもディーラーオプションじゃないですが、ハスラーを購入したときにボディーコーティングをしてもらいました。

最近では新車を購入したときに、ボディーコーティングを勧められることが普通になってきましたね。

あなたは便利だからと言って、安易にディーラーオプションのコーティングを利用していませんか?

賛成派と否定派といろんな意見があるようです。

マツダ CX-5 新車 6層ボディコーティングとディーラーコーティングの保証について

マツダのMGシリーズですが、一般の人はどのようなものか分からないので不安だと思います。

そこでディーラーでやってもらうのがいいのか?

専門のコーティング業者に頼むのが良いのか?

自分で施工したほうがいいのか?

悩むところです。

今回はマツダのディーラーオプションのボディーコーティングMGシリーズについて考察していきたいと思います。


スポンサーリンク

スポンサードリンク

MGシリーズの施工料金

MGシリーズの施工料金はどうなっているのでしょうか?

保証期間によって料金が異なりますので注意しましょう

新車施工価格

対象車種 MG-1 MG-3 MG-5
軽自動車、デミオ、ベリーサ、ロードスター 33,943円
(31,429円)
44,229円
(40,953円)
54,515円
(50,477円)
アクセラ、プレマシー、CX-3 39,086円
(36,191円)
49,372円
(45,715円)
59,658円
(55,239円)
アテンザ、MPV、ビアンテ、CX-5 44,229円
(40,953円)
54,515円
(50,477円)
64,800円
(60,000円)

( )内は消費税抜きの価格です
マツダアフターサービス参照:http://www.mazda.co.jp/carlife/service/care/coating/body/

メンテナンスサービスの内容

専用メンテナンス剤を使った洗車とコーティング面の状態の点検

油汚れやピッチ、タール除去など細かい作業は有料になります。

MGコーティングは専用のメンテナンスキットが付いて来ますが、これはディーラーで購入できますがネットでも購入が可能です。

MGシリーズは比較的高額ですが、自動車の購入ローンと一緒に購入できますので、煩わしさがなくローンを支払う者にとっては良いかもしれません。

MGシリーズはガラス系のコートで超撥水を謳っています。

説明を聞くと硬質の皮膜なので傷がつきにくいようです。

たとえばたとえばMGー1ですと1年保証になります。

1年の間に光沢や撥水性がなくなると、保証期間ですのでメンテナンスしていただけるようです。


スポンサーリンク

マツダ ボディコーティングは必要なのか?

否定派の意見

見積もり時にボディーコーティング5万円の見積もりをお勧められました。

私の場合、以前はボディーコーティング肯定派でしたが、今では否定派に変わりました。

否定派に変わった主な理由は下記の2点です。

・メンテナンスキットによる手入れに手間が掛かる。

・コンパウンドによる傷消しが出来ない。

メンテナンスキットはネット上でも評判が良く、優れたものだと思っています。

しかし中には、メンテナンスキットによる作業は大変だと思っている人もいる様です。

面倒くさいのであれば、シャンプーで汚れを取ってから撥水強化剤でも良いと思います。

コンパウンドによる傷消しはボディコーティングした後は出来ない様ですね。

コーティング剤が取れてしまうので当たり前ですが仕方ないことだと思います。

新車で親水タイプなら3万円位で施工してくれるコーティング専門店てありますよ。
ボディコーティング否定派ではありませんが、ディーラーではやっても意味がないと思います。
所詮素人がコーティング液塗り込むだけで下地処理なんかやってないと思います。
そんなのに5万は高過ぎる!

確かに3万円くらいで施工してくれるコーティング専門店は多いと思います。

良心的な業者がほとんどだとは思いますが、手を抜く業者もいるので注意が必要です。

ディーラーは、コーティング専門店の様な技術者がいるとは限らないので注意が必要です。

仕上がりにこだわるなら、専門店で専門設備の中で職人に施行してもらった方が良いです。

それに車の販売では値引きがあるので、競合になればそれほど利益を上げる事は出来ません。

そこで利益を上げる為にコーティング作業を勧めるのです。

コーティング専門業者の見積もりも取ってみましょう。

適正価格というものがあるので、安易にコーティングを頼むものではありません。

コーティングお薦め派の意見

コーティング施工時には塗装面を鏡面にします。

新車以上の艶とコンディションを作りますので、それだけでもコーティング施工は価値があります。

コーティング業者価格とディーラー価格+自分メンテ代の比較で決めましょう。

ディーラーコーティングのいいところがあります。

それは、事故のとき保障で直した部分をコーティングしてくれる事です。

ディーラーのコーティングは品質は間違いないと思います。

ディーラーのコーティングは、新車購入の中のローンに組み込まれているので何かと楽です

車の点検のついでに、コーティング作業をしてもらえれば一石二鳥です。

わざわざ別の業者に頼むのも、時間がかかり面倒くさいことになります。

メンテナンスキットがすばらしい!

メンテナンスキットは、シャンプーと撥水強化剤とシミ取り剤の3点セット+スポンジやクロスです。

別にリンスもありますがこれは任意で購入されたら良いと思います。

マツダコーティングシャンプー

このメンテナンスシャンプーはディーラーおすすめということで安心感があります

研磨剤が一切配合されていないのでボディを痛めません。

さらに泡立ちが良く泡切れも良いので、使いやすいし洗浄力も良い様です。

マツダコーティングリンス

メンテナンスリンスは、メンテナンスキットに入っていないので別売りで購入する必要があります。

もちろんディーラーやネットで販売しているので普通に購入できます。

このリンスは洗車後に水滴を拭きとらなくても施行することができます。

リンスをつけて拭き取ると、油汚れなどを落として艶や光沢も出るので便利です。

また虫の死骸もよく落ちますし、その上ワックスの様な艶が出るので最高です。

シミ取り剤

撥水強化剤やシミ取り剤が付属していますが、面倒くさい時はリンスのみで良いかもしれません。

マツダツヤ出し撥水強化剤

「メンテンナンスキット」の中に艶出し撥水強化剤というものがあるのですが、これがなかなかの優れものです。

マツダのボディコーティングMGシリーズを施行した後は基本的に水洗いで良いのです。

しかしやはり油汚れなどが付くと、水洗い洗車では簡単に落ちません。

その際にこの艶出し撥水強化剤で軽く磨きます。

そうするとまるで新車時の様な艶と撥水性が元通りになると言うわけです。


スポンサーリンク

MGコーティングとゼロウォーター

MGシリーズのコーティングを施工しているのに、ゼロウォーターなど親水性の艶出しスプレーを使用している人がいます。

使用することに問題はあるのか?

ディーラーの説明によると、MGシリーズのメンテナンスキットを定期的に使用しているにも関らずコーティングが剥がれた場合にのみ、無償で再施工をする事になっている様です。

ゼロウォーターなどを使用していた場合でも、施工の相談をする前にメンテナンスキットを何回か使用しておくことをお勧めします。

そうしないと再施工をした場合に料金が発生する場合があります。

ゼロウォーターでコーティングがはげる?

コーティングをした後にゼロウォーターを使用すると艶が落ちることがある様です。

そういう場合には使用を止めてください。

そしてメンテナンスキットのみ使用して様子を見てください。

撥水のコーティングに親水をかければ艶が落ちることがある様です。

ゼロウォーターの説明書には、「コーティング処理車は施工業者に確認してください」と書いてある様です。

MGシリーズを施工していてコーティング剤が剥がれた場合は保証があります。

しかしゼロウォーターなどの艶出しスプレーを使用してコーティングが剥がれた場合は、その限りではありません。

基本的に塗装部分に使うのをやめて、樹脂部分だけにしたら良いのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

前述したように、利益を上げる為にディーラーではコーティング作業を依頼しています。

外注の専門業者や出張でディーラーに作業に来た技術者がほとんどです。

ディーラーは中間マージンを取るだけですので美味しいですね。

適正価格で施工するには、やはり専門の業者に直接依頼するほうが良いです。

ただメンテナンスキットは、優れもので素人が施工してもある程度、艶や輝きが出る様です。

MGシリーズの施工に満足できない人は、自分でやっても構いませんがその時は必ずメンテナンスキットを使用することをお勧めします。

別の艶出しスプレーなどをを使用して、コーティング剤が剥がれてしまっても無償で再施工できる保証がないからです。

ガゼルは訳あってガソリンスタンドで新車を購入したので、ガソリンスタンドでコーティングしてもらいました。

コーティングに対して知識がなかったので、どういう作業工程だったのかわかっていません。

ただそれも新車購入価格の中に入っていたので特に気にしなかったのです。

新車購入時のコーティングが一般的になってしまい、全く違和感がなくなってしまいました。

ディーラーオプションが、技術的に全くダメというわけではありません。

「ディーラーに頼む方が何かと便利だ」という方は、購入前に保証や施行料金についてディーラーと相談することをお勧めします。

私の記事を参考になりましたら幸いです。

新車の値引き金額 から更に50万円安く購入する方法

新車は高すぎて予算オーバーだ。
新車をなるべく安く購入したい。
ディーラーを何件も回るのは面倒。
ディーラーの売り込みが苦手だ。
新車を最安値で購入したい。

など新車を購入したいと思っている人の悩みは深くまた悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

この方法は本当に有効です。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値で新車を購入できることになります。

これが、新車を値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

-コーティング剤