あなたの車生活に寄り添った車関係の情報サイトです。車の紹介から洗車、車の整備まで網羅した情報を提供します。

修理・整備関係

車の引っかき傷やこすり傷の直し方と修理代の相場について!

2018/09/28


自分でも気がつかないうちに、こすり傷や引っかき傷がついていることがあります。

傷がつく原因にはどのような事があるのでしょうか?

また、傷の程度によっては修理にかなりの出費をしなければならないこともあります。

修理を依頼するとどのくらい費用がかかるのでしょうか?

また自分で治すにはどうしたらよいのでしょうか?

走っている間についた傷なら諦めつくのですが、いたずらで傷つけられると腹が立ちますよね。

いたずらされた時はどういった対応をしたらいいのでしょうか?

いたずらを防ぐ方法はあるのでしょうか?

今回はボディのこすり傷や引っかき傷の対応について考察していきたいと思います。


スポンサーリンク


スポンサードリンク

車の引っかき傷やこすり傷の原因

まずは車に引っかき傷やこすり傷がつく原因についてです。

仕方がない場合もありますが注意すれば回避できることもあります。

車の走行中の傷

トラックの荷台などから飛んでくる石
石を跳ね上げた時
昆虫などが当たってきた時
草木などに当たった時
●縁石に擦った
●他車と接触した

停車(駐車)中につく傷

荷物が当たる
傘や時計などが当たる
洋服のボタンやファスナーやベルトなどが当たる
子供が遊んでいるときに当たる

車の引っかき傷やこすり傷の治し方

程度によりますが、車のこすり傷やひっかき傷程度であれば自分で治した方が安上がりの場合があります。

ただしあくまでもへこみがなく軽い傷に限った方が無難です。

 自分でDIYする方法

最初に汚れを落としてコンパウンドの細目で磨く

まず傷がついた部分を水洗いし、埃や汚れを落としましょう。

コンパウンドの荒目、細目、極細を用意しましょう。

created by Rinker
ソフト99(Soft99)
¥1,150 (2018/11/16 12:07:42時点 Amazon調べ-詳細)

ペーストでもリキッドでも良いですが、使いやすいほうを選択してください。

まず粒子の細かいものから試していきます。

ウエスにコンパウンドを少量取って傷の方向に沿って磨いていきます。

それでも消えない場合は一つ上の粒子のものを試してみます。

体型の引っ掻き傷であれば細目までで消えるはずです。

次はさらに細かい粒子のもので磨いていきます。

そうすることで艶が出てきます。



スポンサーリンク

1.マスキングする

塗るのは傷の部分だけなので他の所にはみ出さないようにマスキングテープを貼りましょう。

created by Rinker
ソフト99(Soft99)
¥119 (2018/11/16 12:07:42時点 Amazon調べ-詳細)

2.脱脂する

シリコンオフスプレーを購入して傷の周りをきれいな布等で油脂を拭き取りましょう。

created by Rinker
ソフト99(Soft99)
¥682 (2018/11/16 12:07:42時点 Amazon調べ-詳細)

傷をパテで埋める

created by Rinker
ソフト99(Soft99)
¥484 (2018/11/16 12:07:43時点 Amazon調べ-詳細)

3.塗り方

筆で塗るテクニックとして筆の先で点を打つように傷を塗料で埋めましょう。

筆を走らせると傷の溝が埋まりません。

エアータッチを使うと筆で塗るわずらわしさがありません!

created by Rinker
ソフト99(Soft99)
¥510 (2018/11/16 12:07:43時点 Amazon調べ-詳細)

4.乾燥させる

しっかり乾燥させましょう。

5.仕上げ

最後はワックスかコーティング塗布で仕上げます。

車の引っかき傷とこすり傷の修理代はいくら?

引っかき傷やこすり傷のような深くない傷は、修理にどれくらいの費用がかかるのでしょうか?


スポンサーリンク

ディーラーの場合

一般的に料金が高くなり、時間も長くなる傾向になります。

その理由は、板金塗装をディーラーではおこなっておらず下請け業者に依頼しているからです。

ですから時間もかかりますし、両方の利益が含まれてしまうので高額になってしまうのです。

料金の目安

【傷は10cm×10cmあたり】

ドア/25,000円~45,000円
バンパー/12,000円~25,000円
ボンネット/30,000円~50,000円

カーショップで修理する場合

カーショップで修理する場合は、ディーラーで修理する場合よりも時間が早くなりますし料金も安くなる傾向があります。

ただしカーショップによって金額や時間は様々です。

オートバックスでの車の引っかき傷とこすり傷の修理について

●ミラーのこすり傷

傷の程度によるので問い合わせしてみないとわからないのですが、一番安い店舗で3000円程度でした。

●フロントバンパーのこすり傷

バンパー類のこすり傷に対しては、大体の店舗で1万円前後の値段を表示しているところが多いようです。

●ヘコみを伴う傷

へこんでしまった傷であれば3万円以上の金額を提示している店舗が多いようです。

オートバックスに依頼する時の注意点

全国のオートバックス店すべてで修理作業を行っているわけではない。

修理作業専門にやっている工場ではないので場合によっては対応できない場合もあります。

オートバックス各店舗によって参考価格が異なる。

オートバックス各店によって修理価格が異なります。

ですので修理費用を抑えたいのであれば、各店舗で相見積もりを取ってみると良いでしょう。

オートバックスでは状況によって修復不可能な場合もある。

オートバックスは修理専門業者ではないので修理には限界があります。

傷や凹みの程度によって、完全な形での修復は不可能な場合もありますので気をつけましょう。

オートバックスでは車の状態によって断る場合もある。

オートバックスでは全ての車を修理対象にしているわけではありません。

改造車や特殊な塗料を使っている車は受け付けない場合もありますので問い合わせましょう。

対応には限界がある。

全国のオートバックス全てでメンテナンスや修理作業を行っているわけではありません。


スポンサーリンク

車の引っかき傷やこすり傷のイタズラについて

車に対するいたずらは困りものですね。

車のいたずらを防止するにはどうしたらよいのでしょうか?

車イタズラを防止する方法とは

●防犯カメラをつける

いたずらをされて警察に報告しても、証拠がなければ証拠不十分で解決できないことがあります。

そんな時に防犯カメラがあれば犯罪が起きた時の証拠になります。

●ドライブレコーダーをつける

最近は、一般的になりつつあるドライブレコーダーも記録としては頼りになります。

運転時の事故状況にも対応できますので何かと安心できます。

●ステッカーをつける

車のよく見える場所に防犯カメラ作動中のステッカーを貼っておくのはかなり有効です。

●車体カバーをかける

脱着の手間はありますが、4000円前後と安価でコスパの高いものが車体カバーです。

いたずら犯から見ると、わざわざカバーを外してするのは面倒なので他の車を狙うと思います。

●センサーライトをつける

人が通ると自動的に点灯してくれるセンサーライトは、夜間いたずらを防ぐのに有効です。

●カーセキュリティーをつける

いたずら犯を近寄らせないカーセキュリティも有効です。

人が近づくと音が鳴る仕組みになっていて1万円程度で購入できます。

万が一イタズラされた場合の対策

警察に通報する

まず警察に通報することが大事です。

いたずらは立派な犯罪ですので堂々と電話してください。

すぐには解決できなくても、周囲をパトロールしてくれるなど、注意はしていただけるので連絡しないのはもったいないです。

保険会社に連絡する

もしあなたが車両保険に加入しているのなら、いたずらだと認証された場合保証金がおります。


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちょっとした引っかき傷やこすり傷などは、費用がかからないと思われがちですが業者に頼むと案外高いことがわかります。

ですから費用を抑えたい人は、自分でされると良いでしょう。

自信がない場合はプロに頼むことになりますが、ディーラーに依頼するよりはオートバックスなどのカーショップに依頼する方が費用を抑えることができるでしょう。

ただ仕上がりは、修理塗装の専門業者よりも劣ることがありますので注意しましょう。

自分で傷つけた場合は仕方ないのですが、悪戯されてしまった場合すぐに警察に届けましょう。

また防犯カメラやドライブレコーダーを備えることもいたずらを予防する上で有効です。

私の記事が参考になりましたら幸いです。

新車の値引き金額 から更に50万円安く購入する方法

新車は高すぎて予算オーバーだ。
新車をなるべく安く購入したい。
ディーラーを何件も回るのは面倒。
ディーラーの売り込みが苦手だ。
新車を最安値で購入したい。

など新車を購入したいと思っている人の悩みは深くまた悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

この方法は本当に有効です。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値で新車を購入できることになります。

これが、新車を値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

-修理・整備関係