ジムニー

ジムニーのMTとATどっちが楽しい?燃費や走破性はどうよ?

2018/07/31

ジムニーは、 MT 車だとすごく楽しいでしょう。

なぜならターボ車が設定されているからです。

ガゼルは理由があってジムニーよりハスラーの MTを選びました。

しかし心残りがあります。

それはハスラーの MT にはターボが設定されていないことです。

他のハスラー乗りの人も同じ意見を持っている様です。

ジムニーの MT 車に乗れる人は、とても幸せだとガゼルは思います。

ジムニー MT 車の購入にあたっていろんな悩みが出てくるようです。

MT 車と AT車どちらが良いの?

MT 車の新車はどれくらいの値引きがあるの?

MT 車の燃費はどれくらいなの?

MT 車の運転は難しいと言われてるけど実際どうなの?

MT 車はぶっちゃけ楽しいの?

結論的には、ジムニーの MT 車は購入するととても幸せになれる様です。

今回は、幸せになれる理由について考察していきたいと思います。


スポンサーリンク

ジムニーの MT 車を試乗してみての感想

ターボ車なので、トルクが十分にあってスタートはかなりしやすい様です。

ジムニーのターボはトルクフル

エンストがしづらいのは、初心者にもありがたいことです。

しかしローギヤードなので1速はあまり上まで引っ張れません。

2速発進でも問題はないと思えるほど十分にトルクフルです。

俗に言うドッカンターボではなく、徐々に滑らかに効くターボです。

軽自動車の中でも重たいジムニーの車体を、回転数が上がるに従ってどんどん加速していきます。

トルクが太いので坂道も楽々上がれます。

3速まで引っ張ってみると伸びやかにシューンと加速します。

これは意外でした。

ターボが効いているのか、気持ち良い伸びを見せてくれます。

MT のシフトフィールが思ったほどストロークが大きくなく、カチッとしたフィールがあります。

これはかなりイメージと異なっておりスポーティな印象があります。

クラッチは、少し一般的な車よりも重い感じがしますがすぐに慣れるはずです。

ガゼルは AT車には乗ったことがないのですが、ジムニーの MT 車は素晴らしいです。

ジムニーの MT 車に乗ったことを後悔しました。

それは、断然ハスラーよりもトルクフルで加速は段違いに凄かったからです。

【ジムニー JB23W】5MT 簡易取り扱い説明

 

 

ジムニーは MTにするか AT にするか?

ATにするかMTにするか悩みは尽きませんね。

基本的には、街中中心だとATですし、山道が中心だとMTですしね。

ATはパワーロスがある

ジムニーは軽自動車としては比較的車重が重くなっています。

さらに転がり抵抗の大きい太めのタイヤを履いています。

それでいて他の軽自動車と同じく660cc のエンジンを積んでいます。

やはりパワーに制限がありますので、なるべくなら駆動伝達ロスがない方が良いです。

そこで駆動伝達ロスが少ない MT 車をお勧めします。

AT車は駆動伝達にコンバーターを介しますのでスリップロスが生じてしまいます。

ロスが生じるわけですから燃費もまた悪くなってしまいます。


スポンサーリンク

オートマの進化

現行型の JB 23からオートマは、3速ATから4速ATに進化しています。

JA 22までの3速オートマでは効率が悪く、おもちゃみたいでしたので絶対にMTをおすすめしました。

しかし現行型の JB 23でしたら4速ATに進化したので、街乗りがメインでたまに悪路を走る方には悪くはないでしょう。

ただ加速や瞬発力は MT にかないませんし、ずっと乗るのでしたら機械的なトラブルが少ない MT をおすすめします。

本来クロスカントリーを楽しむには MTをお勧めします。

ただ乗るだけであれば AT でも良いのですが、燃費が最悪ロックアップ機構もありません。

またカスタムを考えているのであれば MTの選択が男らしいと思っています。

現在軽自動車でも MT を選択できる車種が限られており、だからこそMTを選んで欲しいのです。

ATとMT比較まとめ

●MTは駆動伝達ロスがない

●MTは燃費がATより良い

●MTは楽しい

●MTは加速や瞬発力がある

●MTは男らしい

●MTはカスタムが似合う

●MTは車種が限定されていて希少価値がある

●クロカンならMT街乗りではAT

●ATはとにかく楽

●日常使いなら断然AT

●ATでも悪路は普通に走れる

ジムニー MT車の 燃費

ジムニーの平均燃費を調べてみますと、グレードや年式でばらつきがありますが10~11km/Lの様です。

もちろん運転の仕方や路面の状況などによって変わってきます。

口コミによりますと、15km/Lと言うかもいる様ですが、低燃費走行を実践されている様です。

ですので最大燃費は15km/Lでそれ以上は難しそうです。

また AT車ですと10km/Lになることもあります。

これがMT車ですと13km/LになりやはりMT車の方が燃費は良い様です。

ジムニーは走破性を考慮してターボ車を選択すると思います。

ターボ車は必然的に燃費が悪いのはわかっていることなので、なるべくMT車を選ぶことをお勧めします。

燃費で選ぶ場合は、MTのジムニーを選択すべきです。

ジムニーMT車の新車購入について

ジムニーの新車購入の口コミを見ますと値引きはかなり渋い様です。

やはり特殊な車であり人気車種ですので値引きは5万円程度と言う事でした。

XGの5 MT で車両価格129万6000円でしたが、そこからフロアマット無料に5万円の値引きと言う見積もりの提示でした。

値引きは渋いが買い取り価格は異様に高い

ガゼルがディーラーに試乗に行った時に言われたことですが、仮にジムニーを3年乗ったとしても新車購入価格の7割程度は回収できるそうです。

ですので「値引きが少ないですが長い目で見ると、結局ジムニーはお得な車ですよ」と言っておられたのを思い出しました。

ジムニーの古い車でもカスタムカーであれば、専門店が全国にあるので比較的高い値段で買い取りしてくれる様です。

基本的に軽自動車は値引きが渋いのですが、買取価格が高い傾向があります。

ジムニーはその傾向が特に顕著で、新車値引きが渋くてもその後の買い取り価格で回収できると言うわけです。


スポンサーリンク

ジムニーのMT車の運転は難しい?

ジムニーのMT車の運転は難しいと言われていますがそれは本当でしょうか?

ジムニーは1速のギア比が大きい

ジムニーは、昔のトラックの様に1速のギア比が大きいので引っ張っても伸びがないです。

要するに1速で引っ張ってもすぐに頭打ちが来るので、1速で動き出したらすぐに2速に入れてしまう方が良いです。

仮にこういった方法でスタートしても、もたつきがあります。

そこで2速でスタートする方法もありますが、これはクラッチに負担がかかってしまいます。

しかしこのクラッチに負担がかかるかどうかというのは賛否両論あります。

昔の車だったらあるかもしれませんが、現代の車では考えにくいです。

ジムニーは2速が普通の車の1速くらいの減速比になっています。

これはジムニーが悪路を走破する様に設定されているからです。

かなりの悪路でトルクが欲しい時に1速に入れ駆動力を引き出します。

街乗りでは普通に1速から2速に変速すると失速します。

ですのでスタートの一瞬だけ1速を使い、すぐに2速に変速するか若しくはセカンドギアで発進するかです。

ジムニーの MT 車は楽しいのか?

はっきり言ってジムニーのMT車はとても楽しいです。

軽自動車は排気量が660cc に制限されてますし、馬力も自主規制で65馬力が上限です。

ジムニーの MT 車は、ターボ車ですので軽自動車の規格内でもトルクがあり加速が気持ちいいです。

何よりも MT 車は自分でギアが選べ、好きなようにエンジン回転を調整することができます。

AT車の様にトルコンバーターを介して変速しているのではなく、直接クラッチ板で伝達しているのでダイレクト感が違います。

ガゼルとしてはMTかATかで悩んでいるのでしたら迷わずMT車をお勧めします。

AT車は運転していて楽ですが、それでは運転の楽しみがスポイルされてしまいます。

運転が楽だから車を選ぶと良いのは腹立たしくも思えます。

運転していると言う感じが良いんじゃないでしょうかね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ジムニーのMT車の楽しさが伝わりましたでしょうか?

ジムニーも現行車になってATが進化して街乗りでも楽になりました。

でも本来ジムニーは険しい悪路を走る目的で作られたわけですから、AT車を購入してしまうのはもったいないと思っています。

ガゼルはハスラーを購入しましたがMT車を選択しました。

MT車を選択して大正解だと思っています。

自分でギアを選んで自分の思い通りにコントロールする感覚が楽しいです。

AT車も乗りましたが、アクセルを踏み込んでから動力が伝わるのがどうしても遅れ気味になるので不満がありました。

MT車では見事にそれが解消されて、ダイレクト感が伝わり不満が全くなくなりました。

是非ジムニーを購入される際はMT車を選んでください。

絶対後悔はないと確信しています。

私の記事が参考になりましたら幸いです。



-ジムニー