あなたの車生活に寄り添った車関係の情報サイトです。車の紹介から洗車、車の整備まで網羅した情報を提供します。

ハスラー

ハスラーJスタイル3の魅力!内装と外装と安全装備はどうよ?

2018/09/28


下取りは絶対に一括サイトを利用すべきです!

ディーラーで30万円の下取りが買い取り業者では
80万円になることも珍しくありません。

信じられないかもしれませんが
車の一括査定サイトを使うことによって
最大10社の車買取業者が競合し
あなたの車の買い取り価格が必然的に上がっていきます。

どうしてもディーラーに下取ってもらいたいのであれば
買取業者の買取価格をディーラーに提示して
交渉を有利に進めることもできます 。
査定は無料ですので使わない手はありませんよね !

 

 

大人気のハスラーがマイナーチェンジをしました。

2017年12月4日発売予定です。

特別仕様車 J スタイル3と F リミテッド2です。

F リミテッド2は今度の機会に説明したいと思います。

今回は J スタイル3について現状分かっていることを発表したいと思います。

その前にガゼルが「ちょっとやめてよ」と言いたくなるような追加がありました。

シフォンアイボリーメタリックにブラックのツートンが加わったことです。

ガゼルはシフォンアイボリーが単色だけだったので、わざわざルーフにマットブラックのフィルムを貼り付けました。

ところが J スタイル3では最初からシフォンアイボリーブラックツートンが設定されていました。

この色が増えてきたら自分の車が目立たなくなるのでつまらないなと思っています。

でも微妙にデザインが違うしグレードも違うからいいかな?

私事で申し訳ありません。

それでは今回は、Jスタイル3の外装や内装や装備について考察したいと思います。


スポンサーリンク


スポンサードリンク

ハスラー Jスタイル3 の外装と内装について

Jスタイル3の外装と内装は J スタイル2とどれだけ違うのでしょうか?

まずはジェイスタイル3の内装と外装について説明します。

スズキ ハスラー、特別仕様車2モデルを発売

Jスタイル3の外装について

●スモークメッキを施したフロントグリル。
●スティールシルバー2トーンルーフを 新たに加えた。
●あなたにアイボリーとホワイト2ブラック2トーンルーフを設定した。
●ルーフレールを標準装備とした。
●ボディカラーは新色の水色をはじめ全7色を設定した。
●フロントの車名エンブレムをスモークメッキとした。
●ドアハンドルをメッキ塗装とした。
●LED フォグランプを装備した。
●フロントバンパーガーニッシュとリアバンパーガーニッシュを装備。
●ジェイスタイルのエンブレムを装備。

Jスタイル3の内装について

●ネイビー色の落ち着いたインパネ周り。

●シートはレザー調とファブリックシート表皮を採用。

 

Jスタイル3の安全装備について

J スタイル2と比べて安全装備は充実しているはずですがどの辺が変更になったのでしょうか?

Jスタイル3スズキセーフティサポート

デュアルカメラブレーキサポート

●自動ブレーキ機能
●誤発進抑制機能
●車線逸脱警報機能
●ふらつき警報機能
●先行車発進お知らせ機能
●ハイビームアシスト機能
●メーカーオプションとして全方位モニター用カメラパッケージ


スポンサーリンク

J スタイル2からの変更点とは?

ジェイスタイル3になって変更された部分もあると思います。

J スタイル2との違いを説明していきたいと思います。

外装部品

ルーフレール標準装備、メッキパーツがスモークメッキ化。

内装

カラーパネルがブラックからネイビーに、シートがブラックからネイビー×ブラウンに。

J2との変更は、フロントガラスがUV&IRカットガラスになってるのと、ルーフレールが標準装備。

ハイビームアシスト機能の追加

今回のハスラーのマイナーチェンジで追加される装備にハイビームアシスト機能があります。

この機能は時速30 km 以上で、走行中にハイビームを自動的にコントロールできる機能です。

先方に対向車や先行車がいない時には自動的にハイビームにしてくれます。

対向車などのライトの光を検知すると、自動的にロービームに切り替えてくれます。

期待以上の自動ハイビーム【ドラレコ】

 

搭載予想を裏切った装備とは?

多分搭載されるだろうと思われていたのに搭載されなかったのはどのような装備でしょうか?

デュアルセンサーブレーキサポート

ワゴン R に搭載されているデュアルセンサーブレーキサポートは搭載されると予想されていました。

しかし実際は、従来の単眼カメラと二つのセンサーが備わったデュアルカメラブレーキサポートをそのまま搭載することになりました。

ヘッドアップディスプレイ

ワゴン R が最近モデルチェンジした際に、ヘッドアップディスプレイが初搭載されました。

当然マイナーチェンジ後のハスラーにも搭載されると思われていましたが、実際は装備されませんでした。

ヘッドアップディスプレイは、速度計などをフロントウィンドウに投影する装備です。

当然各計器類は装備されていますが、メーターを見る時にはどうしても視線が下に向いてしまいます。

そのため一瞬ですが、脇見運転になりますので事故を起こす危険性があります。

ヘッドアップディスプレイを装備していると、目線の先で速度などの情報を確認できるため脇見することもなく安全に運転できます。

Jスタイル3の価格は?

NA車の価格は?

●2 WD 車が1,504,360円  ●4 WD 車が1,710,720円

ターボ車の価格は?

●2 WD 車が1,678,320円  ●4 WD 車が1,804,680円(価格は全て税込)


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Jスタイル2は落ち着いた感じの車でしたが、Jスタイル3になるとおしゃれな感じがプラスされたと思います。

それは色にも現れています。

ツートーンは、ルーフの色が基本的にはシルバーが中心になりました。

さらにシートも部分的にレザー調となり、カラーパネルもネイビーになり、全体的におしゃれな感じのインテリアになりました。

若者といっても20代後半から30代までの人が好みそうな車になっています。

ガゼルはオリーブ色とシルバールーフの2トーンはおしゃれだと思います。

口コミの中には オフブルーという色が気になっている人がいらっしゃいます。

この色もなかなかおしゃれな色だと思います。

Jスタイル3という選択肢が増えて、ますます選ぶのに頭を悩ますことになりますね。

今回のマイナーチェンジでは F リミテッド II も発売されていますのでこれもまた悩みますね。

でも購入する前が一番楽しいと言いますので 是非たくさん悩んでくださいね。

私の記事が参考になりましたら幸いです。

ハスラーの値引き金額 から更に50万円安く購入する方法

ハスラーは高すぎて予算オーバーだ。
ハスラーをなるべく安く購入したい。
ディーラーを何件も回るのは面倒。
ディーラーの売り込みが苦手だ。
ハスラーを最安値で購入したい。

などハスラーを購入したいと思っている人の悩みは深くまた悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

この方法は本当に有効です。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値でハスラーを購入できることになります。

これが、ハスラーを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

-ハスラー