ハスラー

ハスラークーペはいつ市販化されるの?発売日とデザインを予想!

2018/07/30

ガゼルがとても気になっていることがあります。

それはハスラークーペが発売されるのかどうかということです。

クーペと呼ばれていますが5ドアです。

クーペというと3ドアをイメージする人は多いかもしれません。

ハスラーは一見すると両側2枚のドアに見えますが両側4枚になります。

コンセプトカーと言うとお蔵入りしてしまうこともよくあることです。

SUZUKI HUSLER クーペはとってもクール!

ハスラーは遊べる軽ということなので、ハスラークーペの方が合ってるように思います。

ハスラークーペが出てしまったら、今のハスラーは存在感が薄れてしまうかもしれません。

ですのでガゼルとしては出て欲しいような出て欲しくないような複雑な心境です。

またハスラーワイドと言うハスラーの普通車版が出る予定になっているそうです。

こちらはハスラーと被ることはないのですが、どんなデザインになるか興味津々です。

ではハスラークーペについて考察していきたいと思います。


スポンサーリンク

2013年東京モーターショーに出品される

2013年の東京モーターショーにスズキのコンセプトカーとしてハスラークーペが出展されました。

当時ハスラークーペは非常に注目を集めていました。

ブースにはかなり人だかりができていまして大変な反響でした。

ハスラークーペと並んで参考出品として現在のハスラーが展示してありました。

こちらの方は市販化予定でしたので予想はついておりました。

しかし誰が現在のハスラーの大ヒットを予想できたでしょうか?

スズキのハスラーはアクの強い車ですので、売れるか売れないかはなかなか予想がつかなかったと思います。

ハスラークーペの予想販売時期は?

2017年7月現在ハスラークーペの市販予定はありません。

このままハスラークーペは発売されないのでしょうか?

ハスラークーペは参考出展といっても、ハスラーと一緒に展示されたということでほとんど完成の域に達していると思います。

ですので車自体に関しては、いつでも発売できる状態だと思います。

2017年現在でもハスラーの標準モデルの売れ行きは、発売当初よりも失速したとはいえ堅調に売れていると言えます。

ガゼルとしては発売して欲しいのですが、2017年も半ばに来てるのでもう難しいかなと思っています。

出るとしたら次期ハスラーの時かなと思ってもいます。

発売当初はまだ売れ行きが不透明だったので、ハスラークーペの市販化は見送られたという噂があります。

一時期は2015年にも市販化されるかという噂がひろまったり、それ以降は2016年春以降かという噂が立ちました。

2017年以降になって発売される可能性は少ないと思いますが全く無いとは言い切れません。

標準車との違い

通常クーペはバックドアを合わせて3ドアと認識されています。

クーペの意味は辞書では「2ドアの前部主座席を持つ箱型乗用車」ということになっています。

しかしこのハスラークーペはバックドアを合わせて5ドアとなっております。

リアドアのノブはピラーに埋め込まれています。

そのせいで遠くから見るとまるで2ドアに見えてしまうのです。

しかしルーフは後方に行くに従って緩やかに下がっています。

明らかにクーペスタイルです。

現在は全高は出品時 よりもさらにスタイリッシュになっています。

1630mmからさらに下げられて、1550mmになっています。

これは都市部の立体駐車場に入れる高さになっています。

ルーフが後方に向かって下がっているので後部座席の居住性が非常に気になります。

車体自体は低めに設定されているのですが、タイヤが大きいのでハスラーに比べて若干低いぐらいに止まっています。

フロントマスク部分はライトの周りをメッキでおっているので結構迫力があるのでRV的な印象もあります。

ちなみにテールライトは専用設計です。

エンジン

エンジンは現在のバリエーションと同じです。

もちろん s エネチャージ付きです。

いやひょっとしたらフルハイブリッドになるかもしれません。

あくまでもハスラーの派生車ですので特に変更はありません。


スポンサーリンク

皆さんの意見

現在もハスラーの納期が長くクーペまで手が回らない状態だと聞きます。

今後のことはわかりませんが納期が落ち着いた時点で発売に踏み切るかもしれません。

私は出ないと予想します。

なぜならクーペタイプは他の車種でも売れていません。

トヨタでもクーペといえば86ぐらいです。

スカイラインクーペはほとんど売れていません。

スポーツクーペのほとんどが売り上げが上がっていない状態です。

そんな中でハスラーのクーペだけが売れるとは考えにくいと思います。

個人的には出して欲しいのですが出さないと予想します。

それはハスラーが堅調に売れているということ、そして後にハスラーワイドが控えています。

これらの事を踏まえるとここでハスラークーペを出すことはしないでしょう。

ハスラーワイドについて

予想デザイン

ハスラーと言えば軽自動車の中にあってSUVクロスオーバーというジャンルを確立しました。

SUVクロスオーバーということでいかついデザインに乗るのが普通です。

しかしハスラーは山だけでなく街中に溶け込むようにとても可愛いデザインになっています。

その特徴は丸いライトです。

そのライトの形がなんともとぼけた表情を作っています。

ハスラーワイドでもこの丸いライトは継承されるのでしょうか?

ある雑誌にハスラーワイドの予想デザインが乗っていました。

どことなくイグニスに似ている様に思えます。

これはイグニスにベースやスペックが重複するであろうという予想からだと思います。

ハスラーワイドのエンジンについて

ハスラーガイドにつまれるエンジンは、現行のイグニスソリオの1300cc のマイルドハイブリッドエンジン

そしてもう一つはバレーノの1000cc +ターボだと噂されています。

ひょっとするとグレードの展開によっては両方のエンジンを搭載するようになるかもしれません。

イグニスのエンジンスペック

1300ccのマイルドハイブリッド

エンジン:直列4気筒+モーター

総排気量:1242cc

最高出力:91ps(67kW)/6000rpm

最大トルク:12.0kgm(118Nm)/4400rpm

1リッター+ターボ

エンジン:直列3気筒+ターボ


スポンサーリンク

バレーノのエンジンスペック

総排気量:996cc

最高出力:111ps(82kW)/5500rpm

最大トルク:16.3kgm(160Nm)/1500~4000rpm

ボディサイズとプラットフォームは

予想としてはボディサイズもイグニスソリオと同じになると思います。

そしてプラットフォームはこれまたイグニスソリオに採用されているTECTになる可能性が高いです。

681d7c9b0e71566810247cbb052a75ee

参考までにイグニスの大きさです。

全長×車幅×車高:3700×1660×1595mm

室内長×室内幅×室内高:2020×1365×1250mm

ホイールベース:2435mm

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハスラークーペは2017年7月現在の予想では発売される確率は低いと言わざるを得ません。

ハスラーのモデルチェンジは多分長引くと思います。

おそらく2018年にはならず2019年にまでずれ込むのではないでしょうか?

2018年にはハスラーワイドが発売される予定になっています。

その中にあってハスラークーペはすでに話題性もなくなりつつあります。

スズキで言えばエスクードのクーペがありましたがこれは売れませんでした。

2ドアでしたから仕方ないと言えば仕方ないのですが、ガゼルはかっこいいと思っていましたので少しは売れるかなと思っていたのですが・・・

スズキも新型のワゴンRが思うように売れてない状況にあります。

そんな中でハスラーは堅調に売れている大事なドル箱です。

ハスラークーペは次のモデルチェンジに期待したいと思います。

私の記事が参考になりました幸いです。



-ハスラー