あなたの車生活に寄り添った車関係の情報サイトです。

洗車グッズ 洗車

ヘッドライトの黄ばみ取りにマジックリンとピカールはどうよ?

2019/04/23


ヘッドライトの黄ばみ取りにマジックリンを使用する人もいるようです。

マジックリンは、ヘッドライトの黄ばみ取りに有効なのでしょうか?
マジックリンを黄ばみ取りに使用して良いのでしょうか?

ヘッドライトの黄ばみは車を古臭く見せてしまいます。
できればひどくならないうちに除去したいところです。

今回はヘッドライトの黄ばみ取りに有効だと言われている、マジックリンとピカールを使った方法について考察していきたいと思います。



スポンサードリンク

ヘッドライトの黄ばみはなぜ発生するのか?

昔の車のヘッドライトはガラスで出来ていました。
ですから黄色く変色することはありませんでした。

ですが現在はヘッドライトの材質がポリカーボネートになっています。
ポリカーボネートに紫外線保護のコーティングをすると、それが劣化して黄ばんだり白く濁ったりします。

これを防ぐにはとにかく太陽の光を遮るしかありません。
ですから青空駐車よりも屋内の駐車場で車を管理しましょう。

仕方なく青空駐車にしている人は黄ばむ前にコーティングするしかありません。

ヘッドライトを復活させるにはマジックリンが良い?

黄ばんでしまったヘッドライトを復活させるには、アルカリ系の溶剤を使用すれば簡単に落ちると言われています。
具体的にはマジックリンやカビキラー等です。

しかし効果が限定的ですので、あまりにも汚れがひどい場合はサンドペーパーなどで黄ばみを削り取ります。
そして表面をコンパウンドで細かく磨かなければクリアにはなりません。

この方法である程度クリアになりますが、放っておくとそのうちすぐに黄ばんできます。
ですから仕上げにガラスコーティングをして保護しなければいけません。



ヘッドライトに ピカールは使えるの?

金属を磨く時に使用するピカールという製品があります。
ピカールは、汚れた金属の表面を削り取ってクリアにすることができます。

このようにピカールはそもそも金属を磨く製品なのですが、プラスチックに使用しても良いのでしょうか?

商品名は「ピカール金属磨き」となっていますが、説明書にプラスチックも使えるように書いてあります。
ですからピカールはプラスチックにも使用できます。

しかしながらピカールで磨いてもヘッドライトの黄ばみが必ず取れるとは限りません。
それはピカールの洗浄効果が限定的だということです。

ピカールの黄ばみ取りの効果は?

ピカールは簡単にヘッドライトの黄ばみが取れます。
しかし手間がかからない分黄ばみの取れ具合はあまり芳しくありません。

あまりにも酷い黄ばみだとピカールだけでは完全に取り除くことができないのです。
ではどうしたらよいのでしょうか?

それは前作業として耐水ペーパーでひどい黄ばみを研磨して取ることです。
そしてそれだけでは完璧にはなりませんので極細のコンパウンドで磨く作業が必要です。

以上のことからピカールは作業が簡単ですが効果は限定的だということが言えます。
つまり軽い黄ばみやくもりの場合に限って効果が確認できるということです。

ピカールで黄ばみ処理をした後はコーティングが必要!

ピカールは手軽で簡単なので誰でも黄ばみを取ることができます。
しかしピカールだけだと不安なところもあります。

前述したように、軽い程度の黄ばみであればピカールで処理すれば綺麗に取れます。
しかしピカールで磨くということはコーティングで黄ばんだ表面を削り取っているということになります。
ですからピカールで処理した後は、ポリカーボネートがむき出しになっている状態になります。

ですからピカールの処理をした後そのまま放置してしまうと劣化が進んでしまうのです。
その劣化を少しでも遅らせることができるのがガラスコーティングです。

ピカールである程度黄ばみが取れているのであればコーティング作業は簡単なものになります。

マジックリンとピカールを使用して黄ばみを取る方法

ピカールの効果をさらにアップするために家庭用の洗剤であるマジックリンを使用します。
もちろんあくまでも簡易的な処置ですので完璧に黄ばみがとれるわけではありません。

ヘッドライトにマジックリンを吹き付けると泡が黄色く変色して黄ばみが落ちていきます。
タオルで拭き取ると取れた黄ばみで汚れてきます。

もちろん効果は限定的ですので黄ばみが全て取れるわけではありません。

マジックリンで黄ばみをある程度取った後、ピカールを吹き付けさらに黄ばみを拭き取っていきます。
黄ばみをきれいに取りたいのであれば、細いコンパウンドかコンパウンドの入ったワックスなどで磨き上げるとクリアになってきます。

この作業をする前にマスキングをしましょう。
マスキングをしてマジックリンを吹きかけキッチンタオルなどを当てておきます。
そうするとみるみるうちにキッチンペーパーが黄色くなってきます。

汚れを落とした後に#2000程度の耐水ペーパーで黄ばみがなくなるまで研磨してください。
そしてコンパウンドでヘッドライト全体を優しく磨きます。

それからコーティングで保護艶出しをして終わりです。

マジックリンでヘッドライトを磨いた人の口コミ

市販のヘッドライトコンパウンドで黄ばみ落としと細かいキズを滑らかにします。
また少し黄ばみだしそうならバスマジックリンを一吹きし、手のひらでヘッドライトを優しく擦り水で洗い流す。
仕上げにUVカット保護膜のあるタイヤワックススプレーを一吹きしてセームで伸ばしながら拭き取り。

車のヘッドライトカバーの曇りを取るのに購入しました。
キズもつかず、とても綺麗になります。
一度に綺麗にしないで、2?3回に分けると良いと思います。
用途は違いますが 車のヘッドライト磨きに使用しました なかなか 綺麗になりました 使用後は コート剤などで仕上げると 長持ちすると思います。




まとめ

いかがでしたでしょうか?
ヘッドライトの黄ばみはひどくなればなるほど取りにくくなります。
まだそんなにひどくない場合はマジックリンやピカールなどで除去することができます。

黄ばみがひどくなったら耐水ペーパーで削り落とす必要があります。
そしてコンパウンドで丁寧に磨きましょう。

ヘッドライトの表面を削り取るわけですからそのままにしておくとまた黄ばみが発生してしまいます。
そうならないようにコーティング剤で保護してやることが必要です。

私の記事が参考になりましたら幸いです。

-洗車グッズ, 洗車