あなたの車生活に寄り添った車関係の情報サイトです。車の紹介から洗車、車の整備まで網羅した情報を提供します。

ハスラー

ハスラーのオレンジは好きですか?カスタム化と色褪せ対策!

2018/09/28


下取りは絶対に一括サイトを利用すべきです!

ディーラーで30万円の下取りが買い取り業者では
80万円になることも珍しくありません。

信じられないかもしれませんが
車の一括査定サイトを使うことによって
最大10社の車買取業者が競合し
あなたの車の買い取り価格が必然的に上がっていきます。

どうしてもディーラーに下取ってもらいたいのであれば
買取業者の買取価格をディーラーに提示して
交渉を有利に進めることもできます 。
査定は無料ですので使わない手はありませんよね !

 

 

ハスラーのオレンジと白のツートンはとてもおしゃれだと思います。

以前は特に感じなかったのですが、見慣れたせいか逆にハスラーに馴染んできていると感じています。

街でもよく見かけるようになったせいか全く違和感がなくなっています。

いやーオレンジと白のツートンいいですよ。

あまり派手だと感じなくなって、さりげなくおしゃれだっていう感じがします。

ガゼルは都会でもアウトドアでも似合う色だと思います。

F リミテッドでオレンジ黒のツートンがありました。

以前はこの色がかっこいいと思っていましたが、アクが強いので今はオレンジ+白の方がハスラー似合ってると思います。

今更ですが最近はそう感じるようになりオレンジ+白が好きになってきました。

そういうわけで今回はオレンジハスラーの楽しみ方について考察していきたいと思います。


スポンサーリンク


スポンサードリンク

ハスラー オレンジ+黒ルーフ

ハスラーのイメージカラーはオレンジと白のツートンです。

ハスラーには基本的にボディカラー+黒ルーフという設定があります。

オレンジ+黒のパターンは Fリミテッドという特別仕様車にあります。

ガゼルも最初はいいと思っていました。

現在はオレンジ+白の方が好きですが、人によってはブラックの方がいいと言われることがあります。

ホイールは鉄チンですが、黒のメタリックに変更になっていますのでかなり渋めのハスラーになります。

現在はFリミテッド2にマイナーチェンジされ(オレンジ+ブラックツートン)はなくなりました。

ホワイトルーフをブラックルーフに変更する方法

しかし最初からオレンジ+白のハスラーを買った場合はどうすればいいのでしょうか?

そういう場合は。ルーフやドアミラーなどを黒のフィルムで貼ってしまう方法があります。

ハスラーのルーフラッピング/カーボンブラック

ハスラー/ルーフツートンカーラッピング

 

純正ではオレンジの場合ルーフとドアミラーは白ですが、そのルーフ部分をカーボンブラックに施工いたしました。

オレンジ/白のツートンはどちらかというとかわいらしいイメージですが、オレンジ/黒のツートンになると、かっこよくなりますね♪

ホイールも黒で車体が締まった印象に変わり、個性の引き立つ一台になりました♪

かっこいいです!!(^^)



スポンサーリンク

ハスラーオレンジの内装は?

基本的にハスラーの内装は白を基調としています。

しかし標準モデルの内装は、赤と黄色だけパネルが同色になっています。

こんな感じです。

カラーパネルをカスタムする方法

白のカラーパネルにステッカーを貼る方法もありますが、カラーパネル自体を交換する方法もあります。

以下を参考にしてカラーパネルを交換してみてはいかがでしょうか?

ハスラー&フレアクロスオーバー ARDIMENTO インテリアパネル カーボン

●カラーはレッド・ブルー・ピンク・ピアノブラック・カーボンの5色設定。
●両面テープで貼るだけの簡単装着。

ハスラー オレンジ 色褪せについて

赤やオレンジは一般的に色あせすると言われますが本当でしょうか

色褪せの原因について

一般的に赤やオレンジは、青空駐車だと5年を超えてくると色褪せしてくる恐れがあります

原因は赤色の色素が紫外線に弱いことです。

太陽光線に当たると、車体の塗装表面のクリアな部分が劣化してしまいます。

その結果下層にある塗装色とその部分まで紫外線や熱が届いてしまいます。

その結果色素の化学結合が切断されるため色の劣化が起こるようです。

現在は塗装技術が進歩していますので、中には10年も超えて大丈夫だという結果も出ていますが注意が必要です。

色褪せ対策

対策としてはガラスコーティングをして後は、週に1回程度艶出しシャンプーをすることで塗装は保たれます。

とにかくガラスコーティングをしていた方が紫外線を防げるので安心です。

でも一番良いのは青空駐車をしないことです。

できれば屋内に車を駐車しておきましょう。

結局ハスラーの色を選ぶ時には「駐車場の状態」や「車の洗車などにどれだけの時間と手間をかけられるか」を基準にして考えたら良いと思います。

業者に相談する。

やはり個人で対策をするよりも、専門家の意見を聞いて業者に委ねる方が確実に色褪せを防げるでしょう。

磨いたら光沢が蘇るのか、それとも再塗装しなければならないのか?

実際に車を見てもらい相談に乗ってもらうと良いでしょう。

親切な業者さんだったら色々と相談に乗ってくれると思います。

どれくらいの頻度でガラスコーティングをすれば良いのかわかると安心ですよね。


スポンサーリンク

ハスラー オレンジ カスタム

ハスラーのオレンジは、ポップな色なのでカスタマイズすると楽しいですね。

オレンジのツートンには白いルーフと白いホイールが付いています。

X 以上の上級グレードになるとアルミホイールになるので白い鉄チンホイールは付きません。

ですのでわざわざ G グレイドを選ぶ人もいるようです。

ルーフが白でホイールが白でしたら同然ガーニッシュも白の方が良いでしょう。

標準ではグレー系のガーニッシュになっていますので、後付で白いガーニッシュに変えるとかっこいいです。

さらに内装もシートやフロアマットをオレンジ系に変更するとさらに良いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

オレンジ+白のツートンは、イメージカラーですので購入した人が多く、街中でも結構走っています。

ハスラーが発売されてから3年以上が経ちますので見飽きてくるかと思いました。

ところが逆にオレンジ+白は「ハスラーにとてもよく合っているんだなぁ」と思い直しました。

ハスラーに違和感なくマッチしていてさりげなくおしゃれだと思うようになりました。

あなたはどう思いますか?

ハスラーのどのようにしようか迷っていると思いますが 結局は自分が決めなければなりません。

どの色もよく見えてくるのが当たり前なのですが、人の意見に左右されないようにしたいものです。

みんなそれぞれ感じ方が違うのですから・・・

ガゼルとしてはシフォンアイボリーもおすすめですがこのオレンジ+白もお勧めします。

私の記事が参考になりましたら幸いです。

ハスラーの値引き金額 から更に50万円安く購入する方法

ハスラーは高すぎて予算オーバーだ。
ハスラーをなるべく安く購入したい。
ディーラーを何件も回るのは面倒。
ディーラーの売り込みが苦手だ。
ハスラーを最安値で購入したい。

などハスラーを購入したいと思っている人の悩みは深くまた悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

この方法は本当に有効です。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値でハスラーを購入できることになります。

これが、ハスラーを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

-ハスラー