あなたの車生活に寄り添った車関係の情報サイトです。車の紹介から洗車、車の整備まで網羅した情報を提供します。

ハスラー

ハスラーのオプション(ディーラーとメーカー)おすすめはどれ?

2018/09/28


下取りは絶対に一括サイトを利用すべきです!

ディーラーで30万円の下取りが買い取り業者では
80万円になることも珍しくありません。

信じられないかもしれませんが
車の一括査定サイトを使うことによって
最大10社の車買取業者が競合し
あなたの車の買い取り価格が必然的に上がっていきます。

どうしてもディーラーに下取ってもらいたいのであれば
買取業者の買取価格をディーラーに提示して
交渉を有利に進めることもできます 。
査定は無料ですので使わない手はありませんよね !

 

 

車を購入する時にどうしても悩んでしまうのがオプションですね?

オプションはカタログを見るととてもたくさんあります。

でもあれもこれもつけてしまうと予算的にオーバーしてしまいます。

かといって我慢してしまうと後から、あのオプションをつけておけばよかったということにもなりかねません。

ガゼルもオプションについてはほとんど考えなかったので後悔しています。

ですのであなたには後悔して欲しくありません。

オプションは慎重に選ぶべきです。

そこで今回はつけた方がいいオプションとつけなくていいオプションということで説明していきたいと思います。


スポンサーリンク


スポンサードリンク

おすすめディーラーオプション

スマホ連携ナビゲーション

方向音痴の彼方にナビゲーションは必需品です。

スマホ連携ナビゲーションのメリット

さらに全方位モニターは、「フロント」「リア」「両サイド」に付いたカメラで車の周囲がモニターに映し出されます。

ですので、車庫入れや離合など車の取り回しが楽になります。

ハスラーは小さい車なので離合の際はそんなに気にはならないのですがサイドカメラはあると助かります。

対向車が大きい車だとさすがに怖い思いをします。

あまりにも端に寄せすぎると車をこすってしまいます。

そんな時にサイドカメラがあると安心ですね。

さらにステアリングスイッチがついていますので脇見運転をすることもなく操作が可能です。

また取り付け工賃が社外のナビよりも8万円安く済みます。

スマホ連携ナビゲーションのデメリット

純粋にナビゲーションだけの性能を見ると機能は必要最小限を下回ってるように感じます。

例えば登録地点の数が少ないと感じます。

町名等が選択肢になかったりしますから迷うことも考えられます。

ルーフレール

ルーフレールは、ルーフキャリアやルーフボックスを取り付けるために必要なものです。

ルーフレール無しでも取り付けることができますが、取り付け方によってドア部のパッキンなどを傷つけてしまうことがあります。

ですからルーフキャリアルーフボックスを取り付ける予定がある人は、ルーフレールは必須のオプションとなります。

スピーカー

G グレードだとスピーカーが二つしかないのでツイーターを追加すると音が良くなります。

また X ブレードだと 特に問題はないのですが、フロントのツイッターとウーファーを交換するともっと音が良くなります。


スポンサーリンク

メーカーオプションおすすめ

マルチルーフバー(サイド)

使い勝手も良くしっかりとした作りです。

マルチルーフレバーのセンターと併用するとスライドすることができるので色々な用途に使えます。

マルチルーフバー(センター)

これを取り付けると釣竿のロッドを乗せたりスノーボードの板を載せたりすることができます。

ガゼルもこの二つを取り付ければよかったと後悔しています。

そうすればスノーボードの板を車内に積めることができ四人乗車することができるからです。

ベースキャリア

断面形状が35×20 mm で特殊なのでアタッチメントは限られます。

部品の加工すれば TERZO などのバーの取り付けができる可能性があります。

ACパワープラグ

定格電力は100 W です。

コンセントの差し込み口の剛性が弱いので抜き差しするうちに壊れてしまうかもしれません。

でもあると車中泊などに非常に便利です。

マッドフラップセット

オフロード走行が多い人には必須のアイテムです。

ボディーが汚れにくくなるし、普通の乗用車と違ってハスラーのデザインならつけても違和感はないでしょう。

これもガゼルが取り付けたかったオプションのひとつです。

山道を走ると結構車体が汚れるんですよね。


スポンサーリンク

コーナーセンサー

駐車時にコーナーセンサーがあると楽に停めることができます。

全方位モニターは高価ですしそこまで必要はないという方には便利です。

付属のインジケーターは結構便利です。

この商品は現在取り扱いされていません

ドアバイザー

これも大抵の人がつけるオプションです。

見た目はあまり良くありませんが、ドア開けた時に雨が入ってこないので重宝します。

またそんなにデザインは悪くありませんし、ハスラーのワンポイントロゴもいい感じです。

ETC車載器

これは実際に必要なアイテムですので購入すればいいと思います。

特に可もなく不可もありません。

ドライブレコーダー(ナビ接続タイプ)

最近何かと話題になっている煽り運転を防止したり、事故の記録を残したり、当て逃げによる最悪の事態を防ぐために必要なアイテムです。

性能によっていざという時に記録できてないことがあるので、ドライブレコーダーは純正品の方が信頼できます。

UV+IRカットフィルムセット[リアサイド+バックドア]

UV+IRカットフィルムは、日焼けを防いでくれるものです。

UV(赤外線)99%カット
IR(赤外線)74%カット

このくらい緩和してくれます。

ハイドロフィリックドアミラー

水分をなじませることでミラーに水滴がつきにくくなります。

雨の日でも後方の視界は良好です。

あまり必要でないと思われるオプション

ユーティリティカラーリングフック

しっかりとした作りで便利です。

でも荷室のところに取り付けると後部座席と干渉してしまいます。

リヤプライバシーシェード

プライバシーの保護のために、特に車中泊に便利です。

しかし窓の開け閉めが出来なくなったり微妙に隙間ができてしまうので期待はずれです。

縁高フロアーマット

靴についた泥などがフロア内につくのを防ぐためのマットです。

フロアマットのわりに高価です。

市販のもので安いものがありますのでそちらの方を購入された方が良いと思います。

ラゲッジマット(ソフトタイプ)

これも高価な割に防水でもなく防汚でもないので役に立ちません。

凡用品の安いラゲッジトレイを購入すれば良いと思います。


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

色々とハスラーのオプションは迷うところですが最初につけておかないと後悔するものもありますのでよく考えましょう。

ガゼルもつければよかったオプションは結構あります。

車を購入するときは価格の方ばかりに考えが入ってしまってオプションまで頭が回りません。

どうしても安く抑えようと思いオプションをケチってしまいがちです。

それでは後で後悔してしまうことになります。

ディーラーの説明を聞きながら自分に必要なオプションかどうかというのは決めなければなりません。

どうかこれから新車を購入するかは後悔しないようにじっくりとオプションを選んでください。

私の記事が参考になりましたら幸いです。

ハスラーの値引き金額 から更に50万円安く購入する方法

ハスラーは高すぎて予算オーバーだ。
ハスラーをなるべく安く購入したい。
ディーラーを何件も回るのは面倒。
ディーラーの売り込みが苦手だ。
ハスラーを最安値で購入したい。

などハスラーを購入したいと思っている人の悩みは深くまた悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

この方法は本当に有効です。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値でハスラーを購入できることになります。

これが、ハスラーを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

-ハスラー