あなたの車生活に寄り添った車関係の情報サイトです。車の紹介から洗車、車の整備まで網羅した情報を提供します。

デミオ

デミオの後部座席は狭いけど、居住性と乗り心地はどうよ?

2018/09/28


下取りは絶対に一括サイトを利用すべきです!

ディーラーで30万円の下取りが買い取り業者では
80万円になることも珍しくありません。

信じられないかもしれませんが
車の一括査定サイトを使うことによって
最大10社の車買取業者が競合し
あなたの車の買い取り価格が必然的に上がっていきます。

どうしてもディーラーに下取ってもらいたいのであれば
買取業者の買取価格をディーラーに提示して
交渉を有利に進めることもできます 。
査定は無料ですので使わない手はありませんよね !

 

 

デミオはスタイルを優先した車です。

デミオを購入された方は、多少室内空間が狭くても我慢できる人だと思っています。

ガゼルがハスラーを買う前に乗っていたスイフトもかなり狭い車でした。

全席は結構広いのですが、後部座席はやはり狭かったと思います。

でもすごいと思ったのは、後部座席を倒した時にフラットになったことです。

さらに後部座席を倒すと比較的長めのスノーボードでも、斜めにすれば入ってしまったことです。

スイフトでスキー場に行くのに全く不満が無かったわけではないですが、必要十分な広さがありました。

デミオも同じジャンルの車ですが、スイフトよりもアウトドアには使いづらい車だと思います。

スイフトは後部ガラスが立っていますが、デミオでは寝ていて視界も悪く荷物もそんなに積めません。

デミオは、エクステリアもインテリアもかなりデザインにかなりこだわった車です。

ですので実用性は犠牲になっているんだと思います。

前席は広いので問題ないとして、後部座席の広さ、使い勝手の良さについて検証していきたいと思います。


スポンサーリンク


スポンサードリンク

デミオの後部座席の居住性は?

膝前空間はどうよ?

他車との比較

まず運転席の背もたれから後部座席の先端までの広さです。

いわゆる膝前のスペースですが、これは広いとは全く言えません。

同じジャンルの車ホンダフィットと比較してもかなり狭いと言えます。

ホンダフィットは、室内空間の広さに定評があるので比較するのは無理があるかもしれません。

しかしスイフトやノートはもちろん、狭いと言われるマーチに比べても狭いと言えます。

デミオはバランス的にノーズが長いので、どうしてもキャビンの方が狭くなってしまいます。

これがデミオのスタイリッシュなエクステリアの特徴です。

後部座席の座面の長さをある程度とってしまうと、膝前のスペースはどうしても狭くなってしまいます。

例えば身長170cm 程度の大人が後部座席に乗車した場合、全席と膝との間には握りこぶしひとつちょっと程度です。

ホンダフィットは二つ半の余裕があり比較になりません。

トヨタアクアと同程度のスペースしかありません。

もちろんもう少し身長の低い大人や女性が乗るのであれば、問題はないと思います。

例えば、小学生くらいのお子さんが後部座席に乗るのなら、後部座席の広さは全く問題にならないと思います。

しかし思春期を過ぎて体格が大きくなると、後部座席の広さも気になってくるかと思います。

日本人の平均身長程度の男性が乗ってしまうと窮屈に感じると思います。

後部座席が狭いのはエクステリアデザインのせい?

前述したようにデミオは、前から後ろまで流れる様なデザインが好評なのです。

その結果ロングノーズショートデッキスタイルになってしまい、室内空間が犠牲になってしまっています。

分かっていらっしゃると思いますが、デミオを購入される方はこの点も考慮して検討されたらどうかと思います。

もちろん優雅に足を組む事なんてできなさそうです。

車からの乗り降りや足を組んでいる場合、前席のシートの背もたれにあたってしまい汚してしまう恐れもあります。

普通の成人男性が、後部座席に乗って長距離をドライブするのは、普通に嫌だと思います。

恋人同士とか夫婦でデミオを購入される場合は、問題ないと思います。

しかしファミリーカーには向かないので、家族で利用するというのは難しいと思います。

膝前スペースを広げる方法

膝前のスペースを広くする方法があります。

と言っても誰もが思いつくことだと思いますが、前席のシートをできるだけ前方にやることです。

でも運転席の後ろの席だと、運転手に向かって座席を前に出すようにとはなかなか言いづらいものです。

しかしデミオは運転席側の足元にはかなりのスペースがあり、多少シートを前に出しても運転に支障はありません。

逆にシートがステアリングに近づくことで、運転姿勢が良くなります。

足が短いのにカッコつけてシートを後ろに下げる人がいます。

ガゼルのことですが(笑)

そういうわけで、「運転手にシートを前に出すことのメリットが大きい」と説明してシートを前に出してもらいましょう。

頭上空間

デミオの頭上スペース

デミオは膝前のスペースだけでなく、頭上のスペースが狭いと言うのが難点です。

これはデミオが前方から後方まで流れる様なデザインを採用したためです。

どうしても後ろの部分を低く抑えなければならなかったのです。

後部座席の天井からリアにかけて下がっているので、どうしても天井は低くなってしまいます。

リアガラスは低く寝ていてるので、頭上スペースもありませんし視界も悪いです。

平均身長の男性が後部座席に乗ると、頭上のスペースはこぶし一個が入るかどうかという感じになってしまいます。

もちろん一般的な体格の女性や子供が座るのでしたら、問題はありません。

身長は170cm に届かない男性は比較的少ないので、男性を乗せる場合は考慮しなければなりません。

一番大変なのは車の乗り降りだと思います。

乗る時は身をかがめなければなりませんし、降りるときも窮屈で移動しにくいと思います。

動いているうちに、天井に頭をぶつけるといったことも起こりうると思います。

シートはよくできていて長距離でも疲れにくい

デミオの後部座席は狭くて、長距離を乗るには向かないと申し上げました。

しかしデミオの後部座席のシートは質感がとても良く、疲れにくいと言われています。

最上級グレードのLパッケージになると、乗り心地もさることながらデザインも逸品でとてもコンパクトカーのシートとは思えません。

見た目が良いデミオのシートですが、シートの弾力性も良いため座り心地が抜群です。

なので長距離でも疲れないというわけです。


スポンサーリンク

デミオの後部座席の乗り心地はどう?

路面からの衝撃

一般的にデミオの乗り味は少々固めということです。

デミオは大衆車でスポーツカーではないですが、スタイリッシュで速そうなイメージがあります。

ですので割とサスペンションは硬めに設定してあります。

スポーツ走行をする時は良いのですが、一般道を走る場合が問題です。

サスの硬さが原因で、跳ねる感じがあり不快に感じる人は多いと思います。

路面の凹凸や段差のギャップに車体がのってしまうと、突き上げる様な衝撃がありその後の揺れも止まりません。

特に後部座席の衝撃は結構大きく、人によってはかなり不快に思うかもしれません。

しかしワインディングロードなどでは、その固さが車体の安定感につながりコーナリングもスムーズです。

また高速道路でも車体がぶれることもなく直進安定性に優れています。

デミオは前席優先の車と言われています。

実際に自動車評論家がそう論評していることも多いので、後部座席の乗り心地はひどいだろうと思ってる方が多いと思います。

しかし乗り心地と言うのをどういう風に捉えるかということだと思います。

サスペンションの適度な硬さを不快な衝撃と捉えるか、コーナリングの安定性と直進安定性が良くなると捉えるかです。

デミオの後部座席はフラットになるの?

デミオのシートアレンジ

デミオは後部座席を倒すことができ、荷室を広げることができます。

デミオの後部座席の分割割合ですが6:4になっています。

荷物の長さや形状に合わせてどちらを倒すかとか、横にしたり斜めにしたりとかいろんな使い方ができます。

フルフラットにならない

後部座席の背もたれを倒すと、荷室の容量はアップしますが不満もあります。

それはシートの背もたれを倒した時に、背もたれの厚みで段差ができてしまうことです。

つまり後部座席の背もたれがパタンと倒れるだけで、床に対してフラットにはならないということです。

いわゆるフルフラットシートにはできないということです。

背もたれを倒した時に傾斜がつくので、背の高い荷物は積みづらいです。

床との段差と傾斜がつくことによって、荷室の容量は狭くなってしまいます。

しかも後部座席の背もたれは、リクライニング機能がなく角度は一定で変わりません。

長距離をドライブする時には疲れるポイントになります。


スポンサーリンク

デミオの後部座席の倒し方

デミオの後部座席の背もたれを倒すのは簡単です。

シートにある肩口のレバーを引くだけです。

座席の下にレバーがある車も多いのですが、肩口にレバーがあることによって荷室からも操作が可能で便利です。

実際に肩口にあるレバーを引くとあっけなく背もたれが倒れます。

前述したように残念なのは、倒した時に10cm ほどの段差ができることです。

フルフラットにならないので荷物によってはなかなか積みづらい場合もあります。

スイフトも肩口にレバーがありました。

デミオとスイフトの違いは、フルフラットになるかならないかとリアガラスが立っているか寝ているかということです。

実はこの違いが荷物を積む上ではかなり変わってきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

デミオはデザインを優先した車なので、荷室空間は考慮されていません。

ですのでたとえ後部座席を倒したとしても、他のコンパクトカーと比べて容量は少ないです。

背もたれを倒してもフルフラットにならないと言うのは非常に不便です。

荷物を積みづらいですし卸づらいです。

車の雰囲気を楽しむ、車のデザインを見て楽しむ、と言う考えの方なら購入されても不満はないと思います。

ただ多人数で使う場合、例えば家族でドライブに出かけるとか、キャンプに出かけるとかそういう用途には向かない車です。

そういう場合は残念ですが他の車を選んでください。

前席には余裕がありますが、後部座席には余裕がありません。

こういうことを考慮に入れて車選びの参考にしてください。

私の記事が参考になりましたら幸いです。

デミオの値引き金額 から更に50万円安く購入する方法

デミオは高すぎて予算オーバーだ。
デミオをなるべく安く購入したい。
ディーラーを何件も回るのは面倒。
ディーラーの売り込みが苦手だ。
デミオを最安値で購入したい。

などデミオを購入したいと思っている人の悩みは深くまた悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。

この方法は本当に有効です。

ズバリ!最終奥義とは?

基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。

あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。

そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。

それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。

その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。

ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。

そして買取業者には、ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値でデミオを購入できることになります。

これが、デミオを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。

下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと!

ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。

なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと80万円になることが普通にあります。

買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります 。

-デミオ