デミオ

デミオの評価はどうよ?ガソリンとディーゼルあなたはどちら?

2018/07/31

デミオのエクステリアは、スタイリッシュでかっこいいと思いませんか?

デミオのインテリアは、他のコンパクトカーにない高級感がありますよね。

燃費も動力性能も及第点以上のものがあると思っています。

ガゼルのデミオの評価も概ね良好で欲しい車の一つです。

しかし一方で悪い評判もあるようです。

それは使い勝手や室内の狭さに集中しているようです。

デミオを新車購入する前に知りたい疑問がたくさんあると思います。

これらの疑問についてガゼルが考察していきましょう。


スポンサーリンク

マツダデミオの辛口評価

インテリア

まずはインテリアですが質感は高く高級感があります。

しかし使い勝手が非常に悪いです。

カップホルダーが少ない

小物入れが少ない

肘掛け がない

ナビが純正ナビ(マツダコネクト)しか使えない

デミオのナビはダッシュボードにはめ込むようになっています。

ですので純正のものしか入りません。

残念なことに社外品の優秀な最新ナビを取り付けることができません。

純正のものしか収まらなくなっています。

これに不満を感じている人が結構多いです。

搭乗者に対する配慮は足らないと思います。

また後部座席にはアームレストやドリンクホルダーはありません。

ライバルと比べて後席が狭い

デミオの多く寄せられる欠点として室内が狭いというものがあります。

同じコンパクトカーのホンダフィットや日産ノートと比較して後部座席や荷室のスペースは狭いです。

後部座席に座ろうとすると子供であれば十分ですが、普通の男性ですと頭上空間が狭くロングドライブはきついでしょう。

また足元も狭いので足の自由度が少なくなります。

後方視界が悪い

デミオはデザインを優先しているため車体の後部は跳ね上げたデザインになっています。

ですのでリアウィンドウの面積が狭く真後ろの視界が非常に悪くなっています。

また後部のサイドウィンドウは、切れ上がっており面積も狭く斜め後方の視界が悪化しています。

これでは車をバックさせる時にかなり気を使わなければなりません。

乗り心地

デミオは基本的に足回りは固めで、路面の凹凸のショックを吸収しきれないという評価があります。

路面の状況が悪いと凹凸からの突き上げ感があって、それを不快に思う人がいるようです。

ですが中には、購入後2000 km も走れば固めの足回りが柔らかくなったと言う意見もあります。

硬さに慣れてきたのか?実際に柔らかくなるのか?その辺は定かではありません。

個人の評価は様々ですので他車と乗り比べてください。

ロードノイズがうるさい

これは他のコンパクトカーでも同じです。

高級車と違うのですからね。

これも他車と乗り比べて比較してください。

ディーゼルエンジンの特有のガラガラ音

以前のデミオと比べてやかましくはありませんが、明らかにディーゼルエンジンだとわかります。

新世代のクリーンディーゼルエンジンは、以前のものと比べてかなり静かになっています。

しかしディーゼルエンジン特有のガラガラ音を気にする人は一定数いるようです。


スポンサーリンク

マツダデミオの本音の口コミ

デミオは価格.com、みんカラ、などの 口コミサイトから高い評価をもらっているようです。

外装や内装や燃費や走行性能や装備等で高い評価を受けているようです。

口コミでの評価

口コミでは下記のようにかなり高評価です。

スタイリッシュな外装デザイン

欧州車を思わせるような質感の高い内外装

人馬一体を思わせる走行性能の良さ

国産コンパクトカーとしては唯一のディーゼルエンジン搭載

など走行性能とスタイリッシュな外装が特に高評価につながっているようです。

デザインや内装が気に入れば、他の車では味わえない満足感が得られそうです。

ガソリン車とディーゼル車の評価の比較

デミオ ディーゼルvsガソリン フル加速比較動画

ディーゼルとガソリンはどちらが買いか?

デミオの内外装のデザインに惚れて購入を決めた人も多いと思います。

ですがデミオに惚れた人でも、ガソリン車にするかディーゼル車にするかは迷うところではあります。

ガソリン車は価格が安いので候補にあがりますが、自動車評論家のほとんどの人はディーゼルを褒めるからです。

またマツダ自体もクリーンディーゼルエンジンに力を注いできました。

ですからデミオを買うならディーゼル車と言う意見が多いのも確かです。

ディーゼル車は車両価格が高いのですが、ガソリン車と比べてそんなに魅力的なのでしょうか?

マツダデミオガソリン車の評判

クルマの価格はガソリン車のほうが安い

ディーゼル車の [FFのAT] は178万2000~201万9600円です。

ガソリン車の [FFのAT] は135万~173万8800円です。

価格差は43万2000~28万800円となります。

結構差があります。

エンジンスペック

まずガソリン車のエンジンスペックですが最高出力92PS、最大トルク12.3kgf・mといたって平凡です。

ハンドリングが素晴らしい。

ディーゼルエンジンよりも軽量で小さくそのためにフロントが軽いです。

そのことが非常に素直なハンドリングにつながっているようです。

ステアリングを握った感覚から路面を確実に捉えている様子が伝わってきます。

エンジンノイズ

エンジンノイズはガソリンエンジンの方が静かです。

ディーゼルエンジンはどうしてもエンジンノイズが大きくなってしまいます。

実燃費は

カタログ値は24.6km/Lで結構優秀な数値です。

ディーゼルモデルは燃費の良さが自慢ですがガソリン車も負けず劣らず優秀です。

実際に遠出をすると28km/Lを記録したこともあります。


スポンサーリンク

ディーゼルの長所は?

走りは断然ディーゼル

デミオのガソリン車とディーゼル車を馬力とトルクだけで比較してみます。

当たり前ですが馬力の数字が大きいとスピードが速くトルクの数値が大きいと 力強い加速が得られます。

ガソリン車が92PSでトルクが12.3kgf・m

ディーゼル車が105PSで登録が25.5kgf・mです

数値が大きいほど優秀なエンジンということになります。

ですからディーゼル車の走りはガソリン車よりも優秀です。

ディーゼル車は速いし加速は力強いそれでいて燃費は良い優秀なエンジンです。

結局ガソリンとディーゼルどちらにするか?

ディーゼル車は「軽油なので燃料代が安い」「ガソリン車よりもパワーがある」と結構良い評価が並びます。

さらに「長距離ドライブでは疲れにくいし燃費が伸びる」と長距離になるとディーゼルの良さが際立ってくるようです。

ガソリン車については、「車体が軽量なので軽快に走る」「燃費はディーゼル車に負けていない」と予想した性能よりも良い結果に満足する声が目立ちました。

ガソリン車の中心グレードは13Sです。

ディーゼル車の中心グレードはXDです。

ガソリン車とディーゼル車の価格差は300,000円です。

これはガソリンと軽油の違いはありますが200,000km以上走行しないと元は取れません。

特に走行性能を求めないのであればガソリン車の13Sで十分です。

車両購入価格を抑えてデミオの雰囲気を楽しみたいのならガソリン車の13S。

ディーゼルの走行性能と燃費を求めたいなら XDということになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

デミオはいろんな口コミを見ても概ね評価は高いようです。

もちろん欠点はあるのですが長所の方がそれを消している形になっています。

室内の狭さや多少の使い勝手の悪さに目をつぶればデミオは大変優秀な車という事になります。

ガゼルも一度は候補に挙げた車ですから強くお勧めしたいと思います。

私の記事が参考になりましたら幸いです。



-デミオ