あなたの車生活に寄り添った車関係の情報サイトです。車の紹介から洗車、車の整備まで網羅した情報を提供します。

ミニバン CX-8

マツダCX-8の納車待ちはどれくらい?納期を早める方法を伝授!

2019/03/27


CX-8の納車待ちはどれぐらいなのでしょうか?

せっかく購入しても、納車までの期間が長いのはできれば避けたいもの。

今回はマツダCX-8の納車・納期について解説していきます。



スポンサードリンク

CX-8の現在の納期はいつになる?

 

車が納車されるまでにかかる日数は、車の人気度合いによって大きく異なります。人気車種やグレードは、メーカーも販売台数が負けないように工場をフル稼働で生産させます。。

しかし、一回でも販売台数に対して生産台数が追いつかない状況が起こると、人気車種では販売台数が多いので生産台数が追いつくまでに時間がかかってしまいます。

薄々わかっているかと思いますが、CX-8は大人気車種のため、現在の納期はやや遅れ気味となっています。

過去にはあまりの人気ぶりにマツダが公式で納期遅れの案内をしているほどです。

現在はやや落ち着いた感があるものの、契約してから納車されるまでに2~3ヶ月かかる見込みです。

引用:httpwww.mazda.co.jpcarscx-8featuresafetylink_id=sbnv

また、CX-8は11月29日に新型発売のため、12月に入ると契約数が増加する可能性大です。

昨年12月に発売開始したときの納期は3ヶ月以上伸びることもざらにあったので、今回もその可能性は十分にあると思ったほうが良さそうです。

加えて新型発売前は、現行車のCX-8の大幅値引きを狙って購入する方が増えますので、11月29日から契約数は一気に伸びるでしょう。

納車遅れになる可能性は低いですが、ディーラーオプションを装備する際に影響する可能性がるので、その点は注意してください。



CX-8の納期をチェックする方法とは?

契約する際、営業マンが納車される日の目安を教えてくれますが、やはり具体的に知りたいですよね。

最新の状況を逐一知りたいところかと思います。

しかし、ディーラーからわざわざ最新の納期情報を教えてくれることはありません。

なので、今の状況を知りたい場合は自分からディーラーに連絡して注文したCX-8がどんな様子なのか確認しましょう。

営業マンが親切に教えてくれるはずですよ。

CX-8の納期を早める方法とは?

結論から言えば、CX-8の納期を早める方法はあります。

これを知っているのと知らないのでは大きな違いが生じますので、ぜひチェックしておいてください。

【ディーラーに納期を確認する】

最もな方法かもしれませんが、いくつかのディーラーに電話して納期を聞いてみましょう。

実は、ディーラーによって納期が異なるケースがあります。

車種ごとに納期の目安がありますが、中には余っていることもあるのでディーラーとしては早く売りさばきたいと考えているます。

予定よりも早くかつ安く購入できる可能性大です。

【売れ筋グレードを選ぶ】

「売れ筋グレードは人気が集中して納期が遅れるのでは?」と思っている方は意外と多いですが、むしろその逆で、人気グレードは生産性が高いため多めに作る傾向があります。

どのグレードが人気なのか知りたい場合はディーラーの営業マンに聞いてみるといいでしょう。

また同じように人気カラーも生産性が高いので、通常よりも早く納車されることがあります。

CX-8で人気のカラーはスノーフレークホワイトパールマイカマシーングレープレミアムメタリックソウルレッドクリスタルメタリックの3色です。

【キャンセル車を購入する】

CX-8のキャンセルはなかな出ませんが、営業マンに一言伝えておくと、キャンセル車が出た際は優先的に連絡してくれます。

発注後にキャンセルして売れ残りとなった車をキャンセル車と言います。

キャンセル車は買い手がつかず在庫になるため、ディーラーとしてはできるだけ長いあいだ抱えたくないので、すぐに売りたいと考えています。

そのため、通常よりも多めに値引きしてでも在庫処分したいものなのです。

キャンセル車のメリット・デメリットを理解した上で購入するかどうか決めるといいでしょう。

・メリット
すぐに手に入る、安く手に入れられる

・デメリット
自分好みのグレードや色、内装があるかわからない

【オプションの付け過ぎは要注意】

オプションを付けすぎると納期が遅れる可能性があります

オプションを付けると、契約後にディーラーがメーカーに発注をかけて、その後メーカーからディーラーに受注したオプションが届き、取り付けします。

オプションが多くなると、それだけ作業工程が増えて時間がかかります。

結果として、CX-8の納車が遅くなるのです。



CX-8の納車待ちの間にやることとは?

CX-8を契約したら、あとは納車を待つだけですが、実はその前にやっておかなければいけないことがあります。

【必要書類の作成】

1つ目に納車のために必要な書類の用意・作成です。

CX-8契約時に必要な書類は、

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 自動車検査証
  • 委任状
  • 車庫証明書

などです。

印鑑証明書は発行日から3カ月以内のものが有効です。
3カ月前から用意できるので購入を決めた時点であらかじめ準備しておくといいでしょう。

自動車検査証は、クルマの戸籍謄本みたいなものです。
納車された際に使用者の欄が自分の名前になっているか確認しましょう。
もし、全額を販売店に納めていれば所有者欄もきっちり確認してください。

車の登録に関する業務は、ディーラーに代行してもらうのが一般的。
登録に関する手続きを第三者(ディーラー)に委任する意思を示すのが委任状です。

車庫証明書は駐車場を管轄する警察署に申請し、確認後に交付されます。
自宅に車を置くか賃貸の駐車場に置くかで必要書類は異なります。

いずれにしてもディーラーまたは警察署で入手可能です。
大抵の場合はディーラーが代行してくれますが、賃貸だと管理する不動産会社の署名と押印が必要になりますので注意してください。

【支払手続き】

全額をディーラーローンで支払う場合、頭金を現金で用意し残りをディーラーローンで支払う場合は、契約時にその手続きを済ませているはずです。

それ以外の場合は、期日までに指定口座にお金を振り込むこまなければいけません。

銀行などの金融機関でローンを組んだ場合、一度銀行からあなたの口座にお金が振り込まれます。
それを確認してからディーラーへ振り込みします。

【任意保険に加入】

納車までに済ませておきたいのが任意保険の加入です。

せっかく納車されても、無保険では危険な車に過ぎません。

今はネット上で見積もりサービスを利用できるので、保険会社ごとに比較して賢く選ぶことができるでしょう。
見積もりは車検証不要でできますよ。

保険会社が決まって、手元に車検証があるなら加入手続きを済ませましょう。

もし、諸費用を節約したいというのであれば納車は店頭で行いましょう。

実は、納車するにも費用が発生します。
費用は、ディーラーから自宅までの距離に関係なく大体15,000円前後かかります。

あまりにも遠い場合は、別途請求もありますので注意してください。

自分で店頭までCX-8を取りに行くのであれば、この分の費用はかかりません

下取り車がある場合は、納車日に入れ替えすることでしょう。

どうしても新車にばかり目がいきがちですが、今までお世話になった車への感謝の気持ちを忘れてはいけませんよ。

また車内に私物が残っていないかきちんと確認しましょう。
特に個人情報に関するものが入っていないか注意してくださいね。



cx-8が納車されたら

CX-8が納車されたら、必ず自分で確認・点検しましょう。
ディーラーでも点検等はしてくれますが、納車されてからの点検も重要です。

重点的にチェックしておきたいのは傷の有無」「オプション不備の有無の2つです。

自分の車になるわけですから、納車されて有頂天にならずにしっかりと点検しておいてください。

-ミニバン, CX-8