あなたの車生活に寄り添った車関係の情報サイトです。車の紹介から洗車、車の整備まで網羅した情報を提供します。

CX-8

CX-8の燃費はライバルと比べてどうよ?燃費が向上する方法を伝授!


CX-8を購入するうえで燃費が気になりますね。

ライバル車と比較して良いのか悪いのかも、購入の決め手になるかと思います。

そこで今回は、マツダCX-8の燃費についてご紹介したいと思います



スポンサードリンク

CX-8の燃費は良いの?

引用:httpwww.mazda.co.jpcarscx-8featuredesignlink_id=sbnv

ではCX-8の燃費は良いのか見ていきましょう。

カタログ燃費の見方

まずはカタログ燃費の見方についてご紹介します。

現在のカタログ燃費は2種類の表記があります。

  • JC08モード
  • WLTCモード

JC08モードはこれまであった燃費基準で、WLTCモードは国際的な新基準となる燃費モードです。

これまではJC08モードで燃費測定を行ってきてましたが、これは速度の変化とエンジンの温度変化を燃費数値に反映できるようにしたものです。

JC08モードの前は、10・15モードが採用されており、エンジンが温まった状態から燃費を測定していました。

引用:httpwww.mazda.co.jpcarscx-8featuredrivinglink_id=ftft

そして新基準となるWLTCモードは国際的に使用される測定方法で、市街地・郊外・高速道路の3つのモードで燃費性能を測定しています。

測定条件はエンジンが冷えた状態からのみとしており、車両重量と積載物の重さの条件など従来よりも厳しく、より実燃費に近い数値となっています。

JC08モードよりもWLTCモードのほうが測定条件が厳しくなっています。

これまでの基準だったJC08モードの燃費数値の場合、実燃費は概ね60%程度でしたが、WLTCモードになってからは実燃費とほぼ同じになってきています。

CX-8のカタログ燃費

引用:httpwww.mazda.co.jpcarscx-8featuredrivinglink_id=ftft

では、CX-8のカタログ燃費を見てみましょう。

新型CX-8ではガソリン車とディーゼル車の2種類ありますので、それぞれわけてカタログ燃費をご紹介します。

【ガソリン車】

・WLTCモード
11.6~12.4km/L

・市街地モード
8.4~9.8km/L

・郊外モード
11.7~12.6km/L

・高速道路モード
13.8~13.9km/L

【ディーゼル車】

・WLTCモード
15.4~15.8km/L

・市街地モード
12.5~12.7km/L

・郊外モード
15.3~15.7km/L

・高速道路モード
17.5~18.0km/L

引用:httpwww.mazda.co.jpcarscx-8

新型CX-8は、カタログ燃費の表記はWLTCモードのみとなっています。

旧型CX-8と新型CX-8の燃費はほぼ同じです。

燃費は、安定した速度で走っている方が良くなります。
ガソリン車もディーゼル車も高速道路を走っているときがもっとも燃費が良くなります。

ディーゼル車は燃料の燃焼効率が良いので、一般的に燃費が悪くなる市街地や郊外でも燃費の低下は小さいです。

カタログ燃費を見る限り、ガソリン車よりもディーゼル車のほうが燃費は良いです。

燃費を考えればディーゼル車のほうがお得でしょう。
またディーゼル車の場合、レギュラーガソリンではなく軽油で済みますので、トータルコストもディーゼル車の方が良いです。



CX-8の実燃費はどうよ?

引用:httpwww.mazda.co.jpcarscx-8featuredesignlink_id=sbnv

では、マツダCX-8の実際の燃費を見てみましょう。

ここでは、現行CX-8オーナー様のクチコミ情報をもとに実際の燃費をまとめています。

【市街地の実燃費】

まずは市街地での実燃費を見てみましょう。

ガソリン車 10.6km/L
ディーゼル車 13.4km/L

市街地は信号などによってストップ・アンド・ゴーを繰り返すことが多いので基本的に燃費性能は悪くなります。

いずれもカタログ掲載燃費を上回っており、ラージSUVとは思えない良好な燃費を記録しています。

市街地は燃費が悪くなるとは言え、このサイズでいずれも実燃費が10km/L以上はかなり良い方ではないでしょうか。

【郊外路の実燃費】

次に郊外路での実燃費です。

ガソリン車 13.4km/L
ディーゼル車 17.3km/L

郊外路では、燃費はさらに良くなっています。

交通の流れによっても燃費は多少違ってきますが、それでもエンジンが大幅に改良されたことで燃費は向上していると言えそうですね。

【高速道路の実燃費】

最後に高速道路走行時の実燃費です。

ガソリン車 14.7km/L
ディーゼル車 18.9km/L

やはり高速道路での走行は燃費が良くなりますね。

ラージサイズのSUVでこれだけの燃費なら文句のつけようがないのではないでしょうか?

なお、ディーゼル車は黒煙の原因となる煤を集めるDPFが備わっており、煤が貯まると熱くなったDPFに燃料を吹き煤を燃焼させて除去をします。

これをDPF再生と言い、ディーゼル車の場合これが行われると燃費は低下します。

ただし、高速道路のように長距離を走る場合はDPF再生の影響は少なくなりますので、実際の燃費は20km/Lを超える可能性もあります。



CX-8の燃費を向上させる方法とは?

CX-8の燃費を向上させるにはどうすれば良いのでしょうか?

ここでは、CX-8の燃費を向上させる方法をご紹介します。

【スムーズな発進】
発進の仕方1つでも燃費は違ってきます。
発進をスムーズに行うだけで燃費は良くなります。

急発進は燃費を悪くする上に危険ですから、普段からスムーズな発進を心がけましょう。

【車間距離は一定を保つ】
車間距離を一定に保っていれば加速・減速を無駄に繰り返すことがなくなります。

特に加速は燃料を消費しますので、車間距離を詰めていれば、それだけ加速・減速が多くなり燃料を無駄に消費してしまいます。

できるだけ加速・減速を繰り返さないためにも、車間距離は一定を保って走行しましょう。

【エンジンブレーキの活用】
減速や停止する際はフットブレーキを使いがちですが、まずはエンジンブレーキを使うようにしましょう。

エンジンブレーキで減速していき、しっかり停まるときにフットブレーキを使う。
これだけで燃費改善に繋がるのです。

【エアコンの使用を控える】
夏場はさすがに厳しいですが、冬場であればエアコン(A/C)は極力使用しないようにしましょう。

エアコンなしでも暖房は可能です。
エアコンを使わないで走行するだけでも燃費は向上します。

【長時間のアイドリングに注意】

アイドリング状態が長時間続くと、燃費が悪化します。

また騒音や環境にも悪影響ですから、長時間のアイドリングは控えるようにしてください。

【タイヤの空気圧は適正か】

タイヤの空気圧不足は燃費悪化につながります。

常に適正な空気圧を維持しましょう。

また、エンジンオイルの定期的な交換を行えば、燃費向上になりますので忘れずに。

【積載量】

車重が増えると、その分燃費が悪くなります。

普段、使っていないものをCX-8に乗せっぱなしで走行していると、無駄に燃料を消費してしまいもったいないですよ。

必要のないものは乗せておかないことです。



CX-8の燃費はライバルと比べてどうよ?

CX-8の燃費はライバル車と比べて良いのか?それとも悪いのか?気になりますね。

CX-8のライバル車の実燃費をまとめてみました。

・マツダCX-8
12.9km/L
16.5km/L

・日産エクストレイル
ガソリン:11.2km/L
ハイブリッド:13.9km/L

・三菱アウトランダー
2.4L:9.9km/L
2.0L:13.9km/L

・トヨタランドクルーザー
6.1km/L

・トヨタランドクルーザープラド
ガソリン:7.6km/L
ディーゼル:9.6km/L

CX-8の燃費まとめ

以上、新型CX-8の燃費についてでした。

新型CX-8はラージサイズSUVとしては十分満足できる燃費性能と言えます。

ライバル車と比較しても実燃費の値は高く、燃費性能を重視しているなら間違いなく買いな1台でしょう。

また、大型ミニバンの購入を考えている方で、3列目シートはそれほど使わないというのであれば、CX-8を検討する価値は充分あるのではないでしょうか。

-CX-8