コーティング剤

コーティング剤を徹底比較!最新の人気ランキングNo.1は?

2018/08/17

現在平成29年9月1日です。

毎日暑い日が続いてとても大変ですね。

ところであなたはこの暑い日に洗車をしますか?

ガゼルは全く洗車をする気になりません。

洗車をしたとしてもシャンプーをつけて水洗いぐらいまでですね。

とてもワックスを塗ってウエスで拭き取るという作業はできません。

特に炎天下でしたら素早くやらないとムラになってしまうので大変です。

そこでコーティング剤をお勧めします。

カーワックスと比べてコーティング剤は洗車した後水に濡れたままの状態で塗布することができます。

後は拭き取るだけでとても短時間で施工ができて簡単です。

さらにカーワックスより長期間塗装保護してくれるのでとても重宝します。

こんな便利な車用のコーティング剤ですがガゼルが amazon の売り上げを元にランキングを決定しました。

5位から1位まで順番に紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

アマゾン参照コーティング剤ランキング

5位 AZ(エーゼット) CCT-001

使い方はとても簡単です。

洗車した後そのままスプレーして吹き上げるだけ。

洗車後濡れたままのボディーにスプレーして、仕上げることができるのでお手軽です。

繰り返し使用して磨くことによって光沢が出る。

繰り返し使用することで被膜が厚くなり、ボディーの表面に深みのある光沢が現れます。

撥水、防汚効果がある。

ガラス系のコーティング被膜によって、雨の日の泥汚れを付きにくくします。

コーティングを施工した車にも使用できる。

ボディ以外の樹脂パーツや金属パーツにも使用可能。

ボディ以外にも、ダッシュボードやホイールや窓やヘッドライトにも使用できます。

4位 CCI スマートミスト

素材はガラス系ポリマー

ポリマーコーティング剤の成分ですが、粒子の大きいガラス繊維と粒子が微小なガラス繊維の両方を配合しています。

微小なガラス繊維がボディの表面のわずかな隙間に入り込み、凹凸を最小限抑えたコーティングを実現しました。

耐久性は2週間から1か月

説明書には有効期限は記載されていませんでした。

しかし口コミには1週間から1か月と言う声が多かったようです。

洗車するたびに塗り重ねていくことで、より長期間持続する美しいコーディングになります。

効果

光沢と撥水性を持たせることができますが、傷を隠すことはできません。

施工は簡単ですが、光沢は固形ワックスレベルを目指したと言うだけあってボディーにツヤが出てきます。

ボディ以外に樹脂製品、(例えばダッシュボード)とか後はガラスやホイールにも使えるので、短時間で作業が終わるのがメリットです。

メリット

施工が楽で価格が安い

メーカー希望小売価格は4,114円。

実売価格は2,000円程度。

中型車約12台分が施工可能です。

コストパフォーマンスを求めている方に、ぜひオススメです!

created by Rinker
シーシーアイ(CCI)
¥1,320 (2018/08/19 17:17:27時点 Amazon調べ-詳細)

3位 ピカピカレイン プレミアム

ピカピカレインプレミアムは3年間ノーワックスを実現

ピカピカレインプレミアムのガラス被膜の耐久年数は10年です。

大阪市工業研究所というところの検査で、すでに耐久年数3年は実証済みのことです。

ピカピカレインはなぜ耐久年数に3年間と記載しているか

その理由はコーティング施工後3年ぐらいで、イオンデポジットが付着してしまうからだそうです。

イオンデポジットとは、雨で車が濡れたときや洗車で水道の水を使った時などに現れます。

それは水の中に含まれているカルシウムが車に付着し乾いた時に白い斑点になることです。

ですからピカピカレインプレミアムは、3年ごとに施工することをおすすめしているわけです。

ピカピカレインプレミアムは極ツヤを実現

ピカピカレインプレミアムの素材の中に国内最高水準のガラス成分を含んでおります。

ですのでコーティングを施工した時に、高級感がある極上の輝きをもたらしてくれるのです。


スポンサーリンク

ピカピカレインプレミアムは抜群の滑水性

よくコーティングした後に水をかけると水を弾くことがあります。

それは撥水です。

ピカピカレインプレミアムは撥水の上を行く滑水性が抜群なのです。

滑水性というのは撥水性の上を行く仕上がりという意味です。

雨水が車体から滑り落ちるほどの撥水性ということです。

水が乾く前にすぐに滑り落ちてしまうので、水滴の跡がつくことはありません。

2位 Surluster(シュアラスター) ゼロウォーター

特長

他のコーティング剤と同じようにスプレーして拭くだけの簡単のコーティング剤です。

● これまでになかった全く新しい発想のコーティング剤です。

● 車体が濡れたままスプレーして拭き取るだけで簡単にピカピカボディに!

● 施工は簡単で誰にでもできてお手軽。

● 洗車の度に繰り返し使用することで、ガラス成分の膜ができそれが重なりつやができる。

● 撥水効果ならぬ滑水効果で汚れが付きにくくなる。

● ボディ以外に樹脂パーツホイールやウインドウにも使用可能!

● コーティング施工済みの車にも使用できる。

洗車後濡れたままのボディにスプレーするだけなのでとても簡単です。

created by Rinker
Surluster(シュアラスター)
¥1,915 (2018/08/19 17:17:28時点 Amazon調べ-詳細)

1位 ワコーズ VAC バリアスコート

評価の高いガラス系コーティング剤「バリアスコート」

 

ガラス系コーティングなのに安い

一般的にはポリマーは安く、ガラスコーティングは高いですが、ワコーズ VAC バリアスコートは比較的性能の割に安価です。

スプレー式なのでかんたんに作業ができる。

ボディーに吹きかけてすぐに拭き取るだけなので簡単です。

効果も最低3カ月は持続する。(コーティング効果は最長で6ヶ月キープできる)

6ヶ月というのは難しい気がしますが、3、4ヶ月の効果はあると思います。

●金属や樹脂にも使用できる

ホイールのダスト取りやダッシュボードにも使えます。

●水が残っている状態でも使用できる

洗車後水をふき取ることもなくそのまま吹き付けるだけです。


スポンサーリンク

バリアスコートの便利なところ

普通の固形ワックスやハンネリワックスと違って施工が簡単です。

スプレーで吹きかけてから時間を待たずに使用できます。

また洗車後拭き取りをしなくても水滴が残ったままでも使用が可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一般的にコーティング剤は、固形ワックスやハンネリワックスと比べて施工は簡単で便利です。

ガゼルの様な洗車嫌いのものぐさでも、コーティング剤であれば嫌にならずに使用できると思います。

洗車後に水滴を拭き取ることもなく、そのままスプレーすれば良いわけですから・・・

それでいてボディーはピカピカで光沢が出ます。

高級感やツヤといった部分ではカーワックスには劣りますが、十分な効果があります。

また製品によりますが、耐久性は抜群でカタログ上ですが最短6ヶ月から最長3年間持続できることになっています。

また塗れば塗るほど被膜が重なって、ますます耐久性がアップするようです。

施工が簡単なコーティング剤であれば積極的に使用できますね。

私の記事が参考になりましたら幸いです。

 



-コーティング剤