CHR SUV車

トヨタCHRの評価は?試乗して分かった良い点と悪い点!

2018/08/25

トヨタのクロスオーバーSUV「chr」は、このカテゴリーで販売台数ナンバーワンの人気モデルになっています。

購入を検討している方も多いと思いますが、chrの内外装や動力性能、ハンドリングや乗り心地などがどの程度の水準にあるのかが、気になっているのではないでしょうか?

そこで、管理人が実際にchrに試乗した上で、良い点や悪い点について評価してみました。


スポンサーリンク

トヨタCHRの外観デザインは?

まず初めに、chrの外装デザインを評価します。

公式ホームページなどの画像で見ると、トヨタ車らしからぬ大胆で斬新な外装デザインが魅力的に映りますが、実車を目の当たりにすると画像で見る以上に好ましく感じられました。

特に印象的なのが大きく張り出した前後のフェンダーで、ライバル車にはないマッシブな迫力を感じます。

また、ファストバックの流麗なフォルムとキックアップしたリアサイドウィンドウのマッチングも良く、SUVというよりもクーペのようです。

フロントマスクは、最近のトヨタ車に共通するキーンルックが採用されていますが、chrの場合はアクの強さが比較的抑えられている上、ボディラインとの調和も取れているように感じられました。

特に印象が良かったのは、LEDヘッドランプやフロントフォグランプが装備されるg系グレードで、よりクールで精悍な印象があります。

一方、リアビューは浮き上がったように見えるリアコンビネーションランプをはじめ、フロントマスク以上に個性的ですが、やり過ぎという印象はありませんでした。

ことに、リアコンビネーションランプにledを奢ったg系グレードは、なかなかの「バックシャン」です。

ただ、全体的にかなり個性が強く、かつ流行の最先端を狙った外装デザインなので、所有した場合は飽きが来るのが早いかもしれません。


スポンサーリンク

 

 

 

トヨタCHRの動力性能は?

トヨタchrの動力性能は、はたして外装デザインに劣らないほどのインパクトがあるものなのでしょうか?

はず初めにハイブリッド車に試乗してみましたが、結論から先に言うと加速フィーリングなどはプリウスと大差無く、やや物足りなさを感じました。

chrはいかにも走りそうな外装デザインを持っていますが、そうしたイメージに相応しい速さは持っていません。

出足こそモーターのアシストのお陰で力強さが感じられるものの、その後は穏やかな加速感に終始し、スポーティさとはほど遠い印象でした。

アクセルレスポンスも決してシャープとは言えないので、そもそも飛ばそうという気持ちになりません。

とは言うものの、普通に走る分には何の不満もないので、足替わりと割り切って使うならこれで十分です。

続いて、ガソリン車の2wdに試乗してみました。

最高出力やパワーウエイトレシオの数値はハイブリッド車と大きな差は無いものの、ドライバビリティの違いはかなりのものです。

まず、発進時はモーターのアシストが無いためか、良く言えばハイブリッドよりも穏やか、悪く言えば緩慢に感じられました。

とは言え、一旦走り出してしまえば中低速トルクは十分で、かったるさを感じることはありません。

むしろ、吹き上がりのシャープさでハイブリッド車に勝る分、気持ち良ささえ感じられます。

スピードの乗りそのものはハイブリッド車と大差無い印象ですが、感覚的な速さはガソリン車の方が上と言えるでしょう。

こうした加速フィールの良さには、CVTの出来の良さも大きく貢献しています。

CVTにありがちな滑るような感覚や、エンジン回転だけ先に上がって車速が後から付いてくるような不自然さが無い点が、好印象でした。

また、アクセルを深く踏み込むと、あたかもトルコンATやDCTのようにステップを刻んでエンジン回転を上下させながら加速する点も、気に入りました。

総合的に見て、絶対的な速さ云々は別にして、フィーリング面ではハイブリッド車よりもガソリン車の方が管理人の好みです。


スポンサーリンク

トヨタCHRの内装は?

続いては、chrの内装を評価します。

chrのインパネはドライバーに向かって湾曲したデザインで、SUVというよりもクーペのような雰囲気です。

適度な囲まれ感に心地良さを感じるとともに、この車がドライバーズカーとして設計されていることを理解しました。

インパネやドアトリム、シートの質感の面では、廉価グレードのs系でもそれほどチープな感じはなく、このクラスとしては満足できる水準にあると言えるでしょう。

更に上級グレードのg系ともなれば、ピアノブラックや金属調塗装の加飾が施されるほか、ステアリングホイールも本革巻きが採用されるなど、十分な高級感が感じられます。

また、シートもs系に採用されるファブリックではなく、より上質で肌触りの良い上級ファブリック+本革が採用されるので、内装に対する総合的な満足度は申し分ありません。

 

 

 

トヨタCHRの口コミでわかった事!外観が恰好良いが内装はチープ?

 

トヨタCHRのハンドリングと乗り心地は?

続いて、chrのハンドリングと乗り心地を評価します。

chrのハンドリングの評価は?

chrのハンドリングは大変素直で、かなり練り上げられていると感じられました。

コーナリングの際にほとんどアンダーステアが感じられず、狙った通りのライン取りが可能です。

また、SUVとしては全高が低いためか、グラっとくるようなロール感も無く、良くできたセダンのような身のこなしに感じられました。

とは言え、chrはあくまでもSUVなので、コーナーでのシャープなターンインは望めませんし、ステアリングレシオも決してクイックではありません。

コーナーの連続する道路でもストレスを感じることはありませんが、運転が楽しくなるほどではない、と言えるでしょう。

chrの乗り心地の評価は?

ハンドリングと乗り心地は相反する要素なので、高い次元で両立させるのは難しいものですが、chrは及第点があげられそうです。

特に路面状態が良い場合は、chrの乗り心地はかなり良いと評価できます。

ライバルのヴェゼルと比べると、当たりが柔らかい上ダンピングも効いているので、快適性は明かに上です。

ただ、舗装状態の良い国道などでは何の問題も無いのですが、路面の荒れた裏道などでは、目に見えて乗り心地が悪くなってしまう点が気になりました。

本当に足回りが良くできた車なら、荒れた路面でもうまくいなしてそれなりの快適さを提供してくれるものですが、chrは残念ながらそのレベルには達していません。

 

トヨタCHRの評価は?試乗して分かった良い点と悪い点!

 

トヨタCHRの価格と燃費は?

Kaz / Pixabay

この項目では、chrの価格を紹介するとともに燃費を検証します。

chrの価格はいくら?

chrのグレードごとの価格は、以下のとおりです。

<ガソリン車>

  • ・s-t(ff) 229万円(北海道地区は231万3,760円)
  • ・s-t(4wd) 248万4,400円(北海道地区は250万8,160円)
  • ・s-t ledパッケージ(ff) 234万6,000円(北海道地区は236万9,760円)
  • ・s-t ledパッケージ(4wd) 254万400円(北海道地区は256万4,160円)
  • ・g-t(ff) 260万5,200円(北海道地区は262万8,960円)
  • ・g-t(4wd) 279万9,600円(北海道地区は282万3,360円)

<ハイブリッド車>

  • ・s(ff) 261万4,000円(北海道地区は264万2,080円)
  • ・g(ff) 292万9,200円(北海道地区は295万7,280円)

chr最大のライバル車と言えばホンダヴェゼルですが、ヴェゼルの価格はガソリン車が207万5,000円~247万5,000円、ハイブリッド車が246万円~292万6,000円なので、chrよりは低めの設定です。

装備面では両者はほぼ互角なので、この価格差はパワートレインに掛かったコストの差によるものと言えるでしょう。

chrの燃費の評価は?

chrのカタログ燃費は、ガソリン車が15.4~16.4km/l、ハイブリッド車が30.2km/lとなっています。

一方、実燃費はどうかと言えば、試乗中に燃費計を確認したところガソリン車は12km/l台、ハイブリッド車は23km/l台でした。

試乗したコースは比較的流れの良い郊外の道路でしたが、カタログ燃費同様にガソリン車とハイブリッド車では2倍近い差があることが分かりました。

ハイブリッド車の燃費はさすがと言えるものですが、ガソリン車はいまひとつ物足りません。

ただ、ガソリン車にはハイブリッド車とは異なる独自のドライバビリティがありますし、価格が安いというメリットもあります。

したがって、ガソリン車はハイブリッド車より燃費が悪いと言っても、コストパフォーマンスの面で劣るわけではありません。


スポンサーリンク

CHRはおすすめか?

chrの試乗で分かったことをまとめると、以下のとおりになります。

  • ・外装デザインはとにかくかっこいいが、飽きる可能性もあり
  • ・内装は、特に上級グレードは満足度が高い
  • ・動力性能はガソリン車・ハイブリッド車とも特に高くはないものの、必要にして十分
  • ・加速フィールではガソリン車に分がある
  • ・ハンドリングは自然だが、運転して楽しいほどではない
  • ・乗り心地は概ね満足できるが、荒れた路面でのいなし方は不満
  • ・燃費はハイブリッド車は満足、ガソリン車はやや不満

ガゼルのchrに対する総合評価は、「価格からすれば十分に高い」というものです。

chrはコストをたっぷり掛けた高級車ではないので、それなりに不満もありましたが、この価格帯のSUVとしてはトータルバランスが優れている、と感じました。

chrがおすすめかどうかと問われれば、「おすすめできる」と答えます。

 

 

 

-CHR, SUV車