CHR SUV車

トヨタC-HR4wdの欠点に納得!燃費と雪道のハイテク性能は最高だ!

トヨタのコンパクト・クロスオーバーSUV「chr」には、ハイブリッド車と1.2lガソリンターボ車が設定されていますが、ガソリンターボ車の場合4wdを選ぶこともできます。

雪国に住んでいる方やウインタースポーツをする方にとっては、chrの4wd車が選択肢のひとつになるはずです。

そこで今回は、chrの4wd車の性能や燃費、2wdと4wdの切り替え方式などについて検証しながら、その魅力を探っていくことにします。


スポンサーリンク

トヨタCHR4WDの切り替え方式は?

まず初めに、chr4wd車の2wd(ff)と4wdの切り替え方式について解説しましょう。

chrの4WDシステムは、プレミアムSUV「ハリアー」などにも採用されているダイナミックトルクコントロール4WDと呼ばれる方式を採用しています。

この方式は、通常はffで走行し、状況に応じて自動で4wdに切り替えるアクティブオンデマンド型の一種です。

ダイナミックトルクコントロール4wdの制御についてもう少し詳しく解説すると、各種センターからの信号や、車両安定化制御システム「VSC」からの信号を4WDコンピューターに取り込み、電子制御カップリングの伝達トルクを制御する方式になります。

軽自動車や廉価なコンパクトカーなどに採用例の多いビスカスカップリング式(パッシブオンデマンド型)が、前輪がスリップしてから初めて後輪にトルク配分が行われるのに対し、ダイナミックトルクコントロール4wdは前輪がスリップする予兆を検知した段階で後輪にトルク配分を行うため、より自然な切り替えフィーリングが得られるのが特徴です。

前後輪のトルク配分は、路面状況や走行状況に応じ100:0~50:50の範囲で自動かつ連続的に可変するようになっており、ドライバーが任意に設定することはできません。

chrの4WDの性能は?

皆さんが一番気になる点は、chrの4wdがどの程度の性能を持っているかではないでしょうか?

まずは、乾燥路での性能を検証してみましょう。

乾燥した道路の直線では前輪が空転することはほとんどないため、ほぼffの状態で走行します。

加速の軽快さをchr2wd車と比較すると、車両重量が70kg重いため若干劣ると言えるでしょう。

一方、カーブを曲がる際は前後輪に回転差が生じるため、4wdコンピューターが後輪に動力を伝達する指令を出し、4wd走行に移行します。

4輪全てにトラクションが掛かるため、カーブでの走行安定性は2wd車に勝ると言えるでしょう。

続いて雨に濡れたウェット路面での走行性能ですが、この状況では前輪がスリップ状況になることが多くなるため、4wdで走行する状態が多くなるはずです。


スポンサーリンク

トヨタCHR4WDの雪道での性能は?

続いて、chr4wd車の雪道での性能を検証してみましょう。

まず雪道での発進・加速ですが、chr2wd車と比べスムーズと安定性において確実に上回ります。

特に大きな差が生じるのが、アイスバーンのようなμの低い路面での発進時です。

chr2wd車の場合、発進の際に前輪に盛大なホイールスピンが生じ、タイムロスが発生するだけでなく、一旦走り出してからも蛇行により進路が定まらなくなります。

一方chr4wd車は、前輪がスリップする予兆を検知すると前後輪に駆動力が適切に分配されるため、ホイールスピンのほとんど無いスムーズな発進が可能です。

また、chr2wd車と異なりステアリングを切った通りの方向に進めるので、心理的な安心感も全く違います。

ビスカスカップリング式4wd車と比較した場合も、2wdから4wdに切り替わる際の唐突な感覚が無いため、よりリラックスして運転できると言えるでしょう。

そして、一旦巡行に入ってからも、刻々と変化する雪面の状態やステリング操舵量に応じて前後のトルク配分が最適に分配されるので、安定した走行が可能です。

更に、雪道での登坂時においても、chr2wd車に対して大きな差を見せつけます。

chr2wd車の場合、勾配の強い上り坂で停車すると、再発進できずにスタックしてしまう可能性がありますが、chr4wd車はそうした心配はほぼありません。

また、坂道を下る場合も、chr4wd車は4輪全てにエンジンブレーキが効くため、chr2wd車よりも安全・確実に減速が行えます。

トヨタCHRの燃費は?

chr4wd車のカタログ燃費(JC08モード値)は15.4km/lで、chr2wd車の16.4km/lと比較すると1km/l劣っています。

しかし、ライバル車と比較した場合、ホンダヴェゼル・1.5lガソリン4wd車の19.6km/lには劣るものの、スバルxv・1.6l車やマツダcx-3・2lガソリン4wd車の16.2km/lには僅かに勝るなど、相対的には悪い数値ではありません。

次にchr4wd車の実燃費についてですが、燃費検証サイト「e燃費」によると12.46km/lとなっています。

カタログ燃費達成率は82.8%で、カタログ燃費との乖離は小さい方です。

ライバル車と比較すると、ヴェゼルの14.90km/l、cx-3の14.24km/lより劣り、xvの12.37km/lには勝るという結果になっています。

トヨタCHR4wdの値段は?

chr4wd車の各グレードの値段は、以下の通りになっています。

  • ・g-t 2,799,600円(北海道地区は2,823,360円)
  • ・s-t ledパッケージ 2,540,400円(北海道地区は2,564,160円)
  • ・s-t 2,484,400円(北海道地区は2,508,160円)

chr2wd車との価格差は、いずれのグレードも194,400円です。

価格の差は小さくありませんが、雪道での性能が明らかに上回ることなどを考えれば、決して割高ではありません。

続いてライバル車の値段と比較すると、以下の通りになります。

  • ・chr4wd車 2,484,400円~2,799,600円(北海道地区は2,508,160円~2,823,360円)
  • ・ヴェゼル・1.5lガソリン4wd車 2,291,000円~2,381,000円
  • ・xv・1.6l車 2,138,400円~2,246,400円
  • ・cx-3・2lガソリン4wd車 2,353,600円~2,824,480円

chr4wd車の価格帯はライバル車よりもやや高めで、プレミアム路線の強い車であることが分かります。


スポンサーリンク

まとめ

chr4wd車の走行性能は、乾燥路においても2wd車に対するメリットがあるため、値段の差が気にならなければ雪国在住でないユーザーでも選ぶ意義があります。

ことに雪道ともなれば、chr2wd車に明らかな差を付けるので、雪国在住のユーザーやウィンタースポーツ愛好家なら是非とも4wd車を選びたいところです。

chr4wd車の雪道での走行性能は所謂「生活4駆」のレベルを超え、フルタイム4WD車に迫る水準にあります。

また、燃費面で2wd車と大きな差が無いのも、4wd車を積極的におすすめしたい理由のひとつです。

ただし、ひとつ注意したいのは最低地上高が155mmと、SUVとしては決して大きくないことです。

chr2wd車よりは15mm大きいものの、xvの200mm、ヴェゼルの170mmなどと比べると小さい数値になっています。

最低地上高が低いと、深雪時にスタックする可能性が高まるので注意が必要です。

chr4wd車の4wdシステムの性能自体は、ライバル車と比べて遜色ありませんが、最低地上高のハンディがあるため、豪雪地帯での使用にはあまり向かないと言えるでしょう。



-CHR, SUV車