あなたの車生活に寄り添った車関係の情報サイトです。車の紹介から洗車、車の整備まで網羅した情報を提供します。

86

86クリスタルアイV3を取り付ける際の注意点!後期型だと車検に通らない?


86ののヘッドライトを華やかに高級感溢れるものにする社外品でクリスタルアイ V3という商品があります。
クリスタル V3の商品の詳細や、取り付けた際の問題点などを考察していきたいと思います。

ヘッドライトをクリスタルアイV3に交換すると、とても明るく華やかになりますのでぜひおすすめします。



スポンサードリンク

86純正のヘッドライトは暗い?

実際に純正のヘッドライトを点灯するとこのような感じになります。

実感としては何か物足りない感じです。
もっと華やかであればいいのですが・・・

それとスモールライトは明るくないですね!



86クリスタルアイV3の詳細は?

●新品の左右ウインカーセット新品左右セット
●ハイフラ防止抵抗
●高輝度LEDライトバー
●流れるウインカー
●LEDウインカー
●ハイ/ロー切り替えプロジェクター
●使用マニュアル
対応車種
トヨタ 86 /※BRZ ※純正HID車用
前期車用(※後期型は取り付け不可)
※ハロゲン車は基本的に不可(要加工)
※車両の仕様によっては、バンパー内のウインカー電球を取って頂かないと 正常に点灯しない場合がございます。
※BRZは、車両の仕様によりハイフラ防止ICリレーなどでハイフラ対策をして頂く必要がある場合がございます。詳細内容
ルーメン: 4800lm※(両目合計)
消費電力: 16W
動作電圧: 7V-36V
カラー: 3000K(イエロー)
6000K(ホワイト)全長:約71mm
台座:約23mm
ヒートシンク直径:約41mm

セット内容
・LED バルブ×2
・コントローラー×2
・取扱説明書(兼保証書)

以上が詳細内容ですがとても明るくて LED の26発は感動ものです。
これだけで高級車のように見えます。
例えばレクサスのようなヘッドライトという感じです。

ウィンカーのスイッチを入れるとヘッドライト内のウインカーとサイドのウインカーのタイミングがずれるようです。

対策としてヴァレンティ製のユーロウインカーリレーを取り付ければ良いようです。
それでヘッドライトとサイドのウインカーのタイミングは揃うはずです。

ユーロウィンカー詳細

◆ユーロウインカー機能
ウインカーレバーを1回クリックするだけでウインカーを3回点滅させることができます。
◆ハイフラッシュ制御機能
LEDバルブ交換によるハイフラッシュ(ウインカーが早くなる現象)を防止することができます。
また、すべて純正電球状態から、フルLED化まですべてのパターンに対応可能。
◆アンサーバック対応
ドアロック/アンロック時のアンサーバック機能も適合車種すべてで使用可能。

スモールライトに関して

86の場合ローダウンをされる方が多いわけですが、その際にウィンカーの高さで悩んでいらっしゃる方がいらっしゃるようです。

そこで左右合計 LED 26発のウインカーを内蔵したヘッドライトです。
6000 kですからかなり明るくなります。

フォグライトもオンにするとさらに明るくなります。
しかし車検に通るのは4300から6000 kくらいですので注意しましょう。

4300系以下になると黄色っぽい色になり6000 k以上になると青みがかった色になります。



86 クリスタルアイ v3は 車検に通るのか?

クリスタルアイ v3は流れるウインカー内蔵です。
流れるウインカーって車検適合なのでしょうか?

純正の流れるウインカーであれば問題ないんですが、社外品の取り付けだとどうなのでしょうか?
実際高級車のレクサスやアウディなどでは問題はないようです。

社外品の取り付けは曖昧で場合によっては通ったり通らなかったりのようです。
困って発売元に確かめてもはっきりとはわからないと言われることが多々あります。

ですから確実なのは車検の時だけ、ウインカーをノーマルの状態に戻しておくことです。

クリスタルアイ v3は後期型は取り付け不可?

クリスタルアイ v3は後期型で取り付けができなくなっています。
これはどのような理由なのでしょうか?

ヘッドライトの形が前期型と微妙に違うのですがそういった理由からなのでしょうか?

実はバンパーの形状が変わったことによって取り付けた時のウインカーの視認性が悪くなるのが原因のようです。

実際に取り付けてみないと何とも言えないのですが、前期型に取り付けて車検を受けることに関しては OK のようです。
後期型はフルLED化されているのでノーマルでも華やかだと思います。

クリスタルアイ V3を取り付けた後結露する。

クリスタルアイ v3に限ったことではないのですが社外品のテールランプやバックフォグなども取り付け後結露することが多々あります。

ですからコーキングをする必要があります。

一般的にコーキング剤とは、設備や家屋の、構造材の合わせ部分の隙間を埋めて、密閉性や防水性を向上させるための材料です。

要するに結露を防ぐためにヘッドライトとボディの合わせ目を埋めるために接着剤のようなものを塗布するのです。

注意点として、一度コーキングをしてしまうと不良品だったとしても返品が出来なくなります。
ですからあらかじめ動作確認をしておいた方が良いでしょう。

あと対策として乾燥剤をヘッドライトの中ではなく、内部の HID のキャップの中に入れてみたら結露しなくなった。

という報告もありましたので試してみると良いでしょう。
また乾燥剤の種類によって効き目が変わってきますので色々と試してみることも必要です。



まとめ

いかがでしたでしょうか?
86用のクリスタルアイ v3は純正のヘッドライトと比べてとても華やかで明るくなります。

ただ注意すべき点は車検に通るかどうかという点です。
後期型だと車検に通りにくいようなのでその際はノーマルのヘッドライトに戻して車検を受けたら良いでしょう。

前期型の場合は一般的には車検に通るようです。

取り付けた後色々と注意する点もありますがクリスタル v3を取り付けるとヘッドライトも明るくなり高級車っぽくなるのでおすすめです。

私の記事が参考になりましたら幸いです。

-86