86

86の赤ピュアレッドは人気NO.1!色褪せ対策いろいろ紹介します!

2018/08/16

昔からスポーツカーは赤というイメージがありますよね。

トヨタ86はピュアなスポーツカーですので赤が似合いますよね。

ガゼルは86は白が好きなのですが派手めな赤も良いと思っています。

マイナーチェンジ後に赤の色もライトニングレッドからピュアレッドに変わりました。

ピュアレッドとはどのような色なのでしょうか?

一般的に赤色は色が褪せやすいと言いますが86の場合はどうでしょうか?

86のピュアレッドの人気はどれほどのものなのでしょうか?

ガゼルが考察していきたいと思います。


スポンサーリンク

86の赤色について

86は基本的に赤色が好まれているようです。

しかしながら割合を見ているとそんなに大差がなくバラバラに分かれているようです。

頭文字Dから入る人は白を選ぶ人が多いようです。

もちろん白と黒のツートンのパンダカラーではありません。

まあ現在のトヨタ86にツートンカラーは似合うとは思えませんが・・・

86のピュアレッドとはどんな色

86の色の人気ランキングの1位はピュアレッドです。

やはりスポーツカーの王道の色は86でも現在のようです。

多くの人は、ピュアレッドとオレンジメタリックを比較して悩んでいるようです。

口コミを見てみるとスポーツカー=赤という意見が多いのですが、中には86が貧乏人のフェラーリに見えるといった意見もみられました。

また赤のボディとマッチングする内装に対するこだわりを持っている人も多くいらっしゃいました。

C 型のライトニングレッドとはどう違うの?

86-がC 型から D 型にマイナーチェンジされた時に86の赤も変わりました。

ライトニングレッドからピュアレッドに変わったのですがあなたは気づいていましたか?

2台を並べて比較してみないとなかなかわからないかもしれません。

ガゼルはライトニングレッドはまさに鮮やかな赤です。

ピュアレッドはピンクが混じったような明るい赤と言った印象です。

光沢については、ライトニングレッドがソリッドのような感じででピュアレッドがクリアな感じがします。

言葉にすると結構難しいのですが比較してみるとよく分かりますね。

人によって表現の仕方が変わるようですので実際に自分で確認された方が良いと思います。

86に今乗っている人は気づくでしょうが、関係のない人には全く気付かないようです。

あなたは色の違いがわかるでしょうかどうでしょうか?

前述したようにピュアレッドは明るい赤、ライトニングレッドは落ち着いた赤に感じます。

左が新色ピュアレッド・右がライトニングレッドです。

 

86 赤 色あせ

赤色の車は一般的に色褪せしてしまうと言われています。

では86はどうなのでしょうか?


スポンサーリンク

赤色の車が色あせする訳

太陽の光は皆様も知っておられる通り、7色に分かれる可視光線と紫外線と赤外線があります。

紫外線は日焼けの原因になったり、赤外線はオーブンや健康器具などに使われ内側から温める働きがあります。

ややこしいのですが、赤い塗料が赤く見えるのは赤い光を反射しているためです。

それで人間の目には赤く見えているのです。

太陽光線の中でも紫外線は塗料の中に吸収されてしまいます。

塗料の部分に光の化学変化を起こすエネルギーを含む部分が吸収されます。

そうするとこのエネルギーを含む部分が、赤色の発色をしている分子が分解されてしまうのです。

というわけでこれが赤色が太陽の光を浴びると退色してしまうわけなのです。

ちなみに黒い塗装は、太陽の光を全て吸収してしまいますので色の劣化も同じように進みますが黒色なので目立たないだけなのです。

ですので紫外線をカットするワックスなどがあれば効果的だと思います。

そういったわけで青空駐車だとすぐに色褪せしますね。

 

色褪せを防ぐ対策とは?

色褪せを防ぐ方法について考えてみたいと思います。

ボディカバーをつける。

ボディカバーをつけるとほぼ完璧に太陽光線を防げます。

塗装の劣化の原因になる紫外線がボディに届かないので塗装の色も褪せないということです。

ボディカバーを使用するとボディーに傷がつくと心配される方もいらっしゃいます。

しかし付くのは極浅い擦れ傷なので、そんなに心配する必要はないと思います。

それよりも紫外線による塗装そのもののダメージの方が大きいのです。

しかしボディカバーをつけることによって湿気がたまるという恐れがあります。

それで車の金属部分や部品に影響があるかもしれません。

湿気がたまるところは避ける必要があります。

ですのでできれば風通しの良い、完全な屋根つき車庫ご用意することがベストです。

風通しの良い屋根付きの車庫を用意する。

ガゼルはもともと家が一階が車庫なので問題はありません。

屋根付きの車庫は、車を紫外線から守ることができますがなかなか屋根付きの車庫を持つことは難しいですね。

車庫付きの駐車場を借りるのは費用がかかりますので、簡単なカーポートみたいな物を設置する方が良いかもしれません。


スポンサーリンク

ワックスや コーティング剤を塗る

ワックスやコーティング剤は、ボディーの表面に樹脂製の皮膜を張ります。

それが紫外線から塗装面を守る働きがあります。

紫外線は波長が非常に短いので、薄い被膜でも反射され塗装面に透過する確率は低くなります。

ですので、薄くてもワックスやコーティング剤を塗ることでボディの塗装を守ることができます。

created by Rinker
ラディアス川崎
¥4,380 (2018/8/16 22:45:19時点 Amazon調べ-詳細)


大好評のラディアスガラスコーティング剤/プロ仕様に紫外線(UV)軽減効果を付けた新商品です。

UV カットのワックスなどが発売されていますがそれが効果的かもしれません。

created by Rinker
Surluster (シュアラスター)
¥2,045 (2018/8/16 22:45:35時点 Amazon調べ-詳細)

UV吸収剤を配合、色あせ防止。 塗装の劣化原因となる紫外線からボディをガード。

こまめにコーティングやワックスがけをして更にボディカバーを併用すれば、赤色の退色はかなり防げるのではないでしょうか?


日光から保護し、紫外線、天然の汚染物質は鳥の糞、木の樹液、産業汚染物質、浮遊粉塵、汚れ、雪、スクラッチ、uv光とetcなど、素敵な保護を与えます。
サイズ:約185cm×180cm×470cm(17' x 6.6' x 5.9')

赤色の退色は気づきにくい

赤色の退色のスピードは速いです。

ですが、ゆっくりと徐々に退色するのでなかなか気づかないことが多いです。

目に見える部分の退色は、ほぼ均一に徐々に進行していきますから気づきにくいのです。

ドアの内側やエンジンルームの塗装部分を見てかなり退色が進んでいることに気がつきます。

比較してみるとかなりピンク色になっていたということもあります。


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

86のピュアレッドは明るい鮮やかな赤ということが分かりました。

86に似合う色だと思います。

AE 86の時は、赤黒のツートンでしたがソリッド系の赤で光沢はあまりありませんでした。

スポーツカーで赤のボディカラーは定番ですが同時に悩みも発生します。

色褪せの問題ですが、UV カットのワックスやコーティングをしたり、風通しの良い車庫に保管することで防ぐ事が出来ます。

どうしても青空駐車になってしまう人はボディカバーをつけるのが良いでしょう。

最近は傷のつきにくいボディーカバーもありますので安心ですね。

もちろん UV カットのワックスやコーティングも忘れないようにしましょう。

86の新車を購入される際はピュアレッドも候補に挙げてください。

私の記事が参考になりましたら幸いです。



-86