ヴェゼル SUV車

ヴェゼルのグレードで一番人気で売れ筋のグレードは?

2018/06/20

ホンダのクロスオーバーSUV「ヴェゼル」のグレードは、ハイブリッド車が4タイプ、ガソリン車が3タイプの全7タイプがラインナップされています。

同じヴェゼルでも、グレードによって外装・内装や装備などが異なるので、どれを選んだら良いか迷ってしまいますよね?

そこで、今回はグレードによる内外装や装備、燃費、価格の違いを検証するとともに、人気の売れ筋グレードやおすすめグレードについても紹介します!


スポンサーリンク

ヴェゼルのグレード別外装、装備は?

まず、ヴェゼルのグレード別の外装を比較してみましょう。

各グレードの外装の仕様は、以下の表のとおりになっています。

グレード名 フロントグリル ボディロアガーニッシュ ドアミラー ルーフレール エキパイフィニッシャー フォグライト ホイール
ハイブリッド ダーククロームメッキ ガンメタリック塗装 カラード 無し 無し 無し 16インチスチール+ホイールキャップ
ハイブリッドx ダーククロームメッキ ガンメタリック塗装 カラード 無し 有り ハロゲン 16インチアルミ(※17インチアルミをメーカーオプション設定)
ハイブリッドz ダーククロームメッキ カラード カラード ffに標準装備、4wdにメーカーオプション設定 有り led 17インチアルミ
ハイブリッドrs rs専用ブラッククロームメッキ rs専用クリスタルブラック クリスタルブラック メーカーオプション 有り led 18インチアルミ
g ダーククロームメッキ ブラック カラード 無し 無し 無し 16インチスチール+ホイールキャップ
x ダーククロームメッキ ブラック(※ガンメタリック塗装をメーカーオプション設定) カラード メーカーオプション 無し ハロゲン 16インチアルミ
rs rs専用ブラッククロームメッキ rs専用クリスタルブラック クリスタルブラック 無し 有り led 18インチアルミ

こうして外装を比較してみると、ヴェゼルのグレードの中で最もラグジュアリーなzと、ヴェゼル唯一のスポーティグレードrsの充実ぶりが分かります。

次に、ヴェゼルのグレード別の装備を比較してみます。



スポンサーリンク

各グレードの主要装備の有無は、以下の表のとおりです。

グレード名 ホンダセンシング 前席用i-サイド+サイドカーテンエアバッグ ナビ装着用スペシャルパッケージ+etc車載器 運転席&助手席シートヒーター 左右独立温度コントロール式フルオートエアコン リバース連動ドアミラー 雨滴検知式フロントワイパー パドルシフト
ハイブリッド 〇(非装着車も設定) × × × ×
ハイブリッドx 〇(非装着車も設定) 4wd:〇/ff:△(メーカーオプション) × ×
ハイブリッドz
ハイブリッドrs ×
g 〇(非装着車も設定) × × × × × × ×
x 〇(非装着車も設定) △(メーカーオプション) 4wd:〇/ff:△(メーカーオプション) × × × ×
rs × ×

装備面で比較した場合も目立つのが、ハイブリッドzの充実ぶりです。

また、ハイブリッド車とガソリン車を比較すると、全般的にガソリン車は装備が貧弱なことがが分かります。

ヴェゼルのグレード別内装は?

この項目では、ヴェゼルのグレード別の内装を比較します。

各グレードの内装の仕様は、以下の表のとおりです。

グレード名 内装色 シート表皮 ステアリングホイール
ハイブリッド ブラック ファブリック ウレタン
ハイブリッドx ブラック ファブリック(※コンビシートをメーカーオプション設定) 本革巻
ハイブリッドz パッションブラックまたはジャズブラウン コンビシート(※本革シートをメーカーオプション設定) 本革(スムースレザー)巻
ハイブリッドrs ダークグレー ウルトラスエード使用コンビシート 本革(スムースレザー)巻
g ブラック ファブリック ウレタン
x ブラック ファブリック(※コンビシートをメーカーオプション設定) 本革巻
rs ダークグレー ウルトラスエード使用コンビシート 本革(スムースレザー)巻

内装面では、明るいジャズブラウンのカラーを選べるハイブリッドzと、肌触りや質感の優れたスムースレザー使用コンビシートが装備されるハイブリッドrsおよびrsの魅力が際立っています。

一方、廉価グレードのハイブリッドとgが質素な仕様なのは、やむを得ないところでしょう。


スポンサーリンク

ヴェゼルのグレード別価格と燃費一覧

ヴェゼルのグレード別価格と燃費の一覧は、以下のとおりになっています。

グレード名 価格 JC08モード燃費 車両重量(参考)
ハイブリッド 246万円(※ホンダセンシング非装着車は235万円) 27.0km/l 1,270kg
ハイブリッド<4wd> 267万6,000円(※ホンダセンシング非装着車は256万6,000円) 23.2km/l 1,350kg
ハイブリッドx 253万9,000円(※ホンダセンシング非装着車は246万9,000円) 26.0km/l(※メーカーオプションの17インチタイヤ装着車は24.2km/l) 1,280kg
ハイブリッドx<4wd> 275万5,000円(※ホンダセンシング非装着車は268万5,000円) 23.2km/l(※メーカーオプションの17インチタイヤ装着車は21.6km/l) 1,370kg
ハイブリッドz 271万円 23.4km/l 1,320kg
ハイブリッドz<4wd> 292万6,000円 21.6km/l 1,390kg
ハイブリッドrs 281万円 25.6km/l 1,310kg
g 207万5,000円(※ホンダセンシング非装着車は196万5,000円) 21.2km/l 1,180kg
g<4wd> 229万1,000円(※ホンダセンシング非装着車は218万1,000円) 19.6km/l 1,270kg
x 216万5,000円(※ホンダセンシング非装着車は209万5,000円) 21.2km/l 1,190kg
x<4wd> 238万1,000円(※ホンダセンシング非装着車は231万1,000円) 19.6km/l 1,270kg
rs 247万5,000円 20.2km/l 1,210kg

価格をハイブリッド車とガソリン車とで比べてみると、例えばハイブリッドxとx(ガソリン車)では37万6000円も違うなど、大きな開きがあります。

一方、燃費をハイブリッドxとxとで比較すると、ハイブリッドxの方が3.6~4.8km/l優れており、維持費の点では有利です。

ただ、価格の差をガソリン代で取り戻すには相当な距離を走る必要があるので、車に掛かるトータルコストでは大抵の場合、ガソリン車の方が安く済むのではないでしょうか?

また、グレード別の燃費を比較すると、装備の充実した上級グレードは車両重量が重くなるため、燃費は劣っています。

快適さと経済性が両立しないのは、痛し痒しというところですね。

ヴェゼルのグレード人気売れ筋は?

ヴェゼルのグレード選びで悩んでいる場合、人気のあるグレードを選ぶという手もあります。

みんなが選んでいるグレードなら、それだけでも安心感がありますからね。

そこで、ヴェゼルのグレードでどれが売れ筋になっているかを、中古車の流通台数から推測してみました。

  1. ハイブリッドz
  2. ハイブリッドx
  3. x
  4. ハイブリッドrs
  5. rs
  6. ハイブリッド
  7. g

推定される売れ筋グレードナンバーワンは、ハイブリッド車の上級グレード、ハイブリッドzです。

価格は高いものの、装備が充実している点が人気の的になっているのでしょう。

また、ヴェゼルのガソリングレードの中では、中間グレードxが売れ筋になっています。

一方、人気面で推定ワーストになっているのが、ヴェゼルのグレードで最も廉価なgです。

価格が安いメリットよりも、装備が貧弱なデメリットが目立つことが不人気の要因と推測できます。

また、全般的にガソリン車よりもハイブリッド車の方が売れている傾向が見て取れますが、ドライバビリティや燃費・環境性能の高さが好評を博しているからでしょう。

リセールバリューから見るヴェゼルのおすすめのグレードは?

ヴェゼルを購入するにあたり、リセールバリューが気になるという方も意外と多いのではないでしょうか?

リセールバリューはグレードによっても異なるので、リセールバリューからヴェゼルのグレードを選ぶのも有りでしょう。

リセールバリューは、中古車相場から推測できます。

ここでは2年落ち(2016年式)のヴェゼルをピックアップし、各グレードの中古車平均価格が新車価格の何パーセントなのかを、ランキング形式でまとめてみました。

なお、かつてヴェゼルのガソリン中間グレードとして設定されていたsは、2016年のマイナーチェンジで廃止されているのでランキングの対象外です。

  1. g 89%
  2. x、rs 84%
  3. ハイブリッド、ハイブリッドrs 83%
  4. ハイブリッドz 79%
  5. ハイブリッドx 76%

前の項目の検証で、ガソリン車よりも高価なハイブリッド車が、また廉価グレードよりも上級グレードの方が売れていることが分かりました。

しかし、中古車相場=リセールバリューは、むしろガソリン車や廉価グレードの方が値落ちが少なくなっています。

これは、中古車を購入する人はまず第一に価格の安さを重視するため、中古車市場では安価なグレードの方が売りやすいからです。

したがって、リセールバリューから見たヴェゼルのおすすめグレードは、ガソリン車の各グレード(特にg)ということになります。


スポンサーリンク

まとめ

ヴェゼルのグレード別の内外装や装備などを紹介しながら、人気売れ筋グレードやリセールバリューの高いグレードを検証してきました。

ヴェゼルのグレード選びにあたり、どの要素を重視するかは人それぞれです。

もしスポーティな内外装を望むならハイブリッドrsやrsが、豪華な装備やみんなが選んでいることを重視するならハイブリッドzが、燃費を最優先にするならハイブリッドが、リセールバリュー重視ならgがベストということになるでしょう。

ヴェゼルのグレード選びで迷ったら、是非この記事を参考にしてみてください。


車一括買取業者ランキングあなたはどの業者にする?

今回は、ランキング形式で業者選びを悩んでいるあなたに、おすすめの業者を提案していきます。

おすすめ順は、比較できる業者が多い所です。

結局、どこの一括査定サービスもやることはあまり変わりません。

結論から言うと、買い取り業者を探すことができる「カーセンサー」をメインに利用するべきです。

どうせ同じようなサービスを利用するのであれば、選択肢が多い方が有利だということです。

また一括査定の利用に踏み切れない理由として、多くの業者からひっきりなしに営業の電話がかかってくるというのがあります。

その解決方法としてオークション形式を採用している業者を選ぶのも一つの方法です。

この業者を利用すると窓口は業者の担当者だけですので迷惑な営業電話は来なくなります。

01

カーセンサー.net簡単ネット査定

●電話ではなくメール連絡や電話の時間指定が可能

●提携買取業者数No.1

●有名なカーセンサーなので知名度、信頼度抜群!

詳細は今すぐこちらをクリック

02

ユーカーパック

個人情報は漏れず、複数の強引な営業の電話は一切なし

申込みと同時に買取相場が分かる

●オークション形式なので値段が上がっていくのを見ているだけ

詳細は今すぐこちらをクリック

03

愛車を高く売りたいなら楽天オートで!

●利用料無料なのに申込みをするだけで楽天5ポイント

●成約で楽天1,500ポイント

●申し込み前に査定業者を選択する事が出来る。

詳細は今すぐこちらをクリック

04

ズバット車買取比較

●申込みするとすぐに買取相場が分かる

●比較できる買取業者が多い

●買取業者を自分で選択できる

詳細は今すぐこちらをクリック

05

かんたん車査定ガイド

●申込みするとすぐに買取相場が分る

●今現在の年間利用者数はトップ!

●JADRIの審査に通過した優良業者

詳細は今すぐこちらをクリック



-ヴェゼル, SUV車