運転

車を運転するのに最適な靴の条件とは?

あなたは車を運転する際にどんな靴を履いていますか?

ガゼルはだいたいスニーカーを履いて運転しています。

昔から履いているので慣れているからです。

一般的にはスニーカーや革靴が多いと思います。

運転しやすい靴のポイントとは?

女性の場合ファッションのために、ヒールやサンダルを履いて運転しているのを見かけたことがあります。

しかしながら、このようなファッション性の高い靴は、各都道府県の交通規制によりはいてはならないという 決まりになっています。

違反者には罰金が課せられ、罰金を支払わない場合は5万円以下の罰金が科せられます。

その理由は重大な事故につながるという懸念があるからです。

それでは運転に適した靴と運転に適さない靴というものは、どういうものなのか考察していきましょう。


スポンサーリンク

運転に不向きの靴

運転に不向きな靴にはどのような靴があるのでしょうか?

ごついデザインの靴

一般的に靴底の厚い靴は足裏感覚が分かりにくいので運転がし辛いと言われています。

また靴底が広い靴はペダルの踏み間違えをする可能性があると言われています。

トレッキングシューズやブーツ

トレッキングシューズのように靴底が幅広で厚手のごついデザインのシューズは、アクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏んでしまう恐れがあります。

極力履かない方が良いです。

またブーツのようにハイカットで長いデザインの靴は足首を固定され自由がきかなくなります。

ですから運転がしづらくなりお勧めはできません。

運転に適した靴というのは安全に操作できるかどうかということです。

ブレーキ操作とアクセル操作がきちんとできるかどうかが重要なポイントです。

ポイントに照らし合わせると、まずかかとがはっきりしない靴ということになります。

脱げ易い靴

サンダルやスリッパや下駄

主にサンダルやスリッパや下駄などはかかとがはっきりしていないので踏み間違えが起こります。

また運転中に脱げてしまう恐れがありますので 危険です。

また厚底の靴も かかとに厚みがあるので踏み込む感覚がわからなくなりしっかりとブレーキを踏めなくなる恐れがあります。

さらに草履屋わらじなど鼻緒がある靴も良くありません。

これらは柔軟性がありますし足にフィットしますが、脱げやすいのであまりお勧めできません。

これらの靴は反則切符は切られませんが、安全面において不安がありますので履かない方が良いでしょう。

かかとがしっかりとしてない靴

ハイヒール

さらに女性のヒールですが、踵が細いために不安定でしっかりとアクセルペダルやブレーキペダルを踏むことができないので避けた方が良いでしょう。

スニーカーと比べてハイヒールは、ペダルの操作がやりにくいので履いてはいけません。

一般的に条例で定められているのですが、かかとのないものは駄目ですし運転の妨げになるような靴は認められていません。

条例が認めてない靴の条件とは

前述したように草履やわらじなどは条例では禁止されてないところもあります。

サンダルの様につま先部分が固定されないような物は禁止されているところもあります。

大阪府の道路交通規制でも、運転を誤るおそれのあるスリッパ等の履物を履いて自動車等運転することを禁止しています。

ここに言うスリッパは踵を止める装置が無く、運転中脚に定着しないため脱落しやすく運転を謝るおそれがあると認められるものがある

この通常運転を誤る恐れがあると認められる履物にはこのスリッパの他サンダルわらじ式のものを除く(つっかけ草履)足に対して定着性を欠きその形状性能から運転操作の過程において脱落等の不安定な状態が起こり運転を誤る恐れがあると認められるものがある。

なお草履については鼻緒がありそこは比較的平坦で柔軟性があって足に定着しかも形態も得意なものでなく運転操作の過程で脱落することがないものはこれに含まないものとする。

大阪府交通条例参照

この条例のように靴を履いて足に密着しない安定感のない靴は条例違反だということが指摘されています。


スポンサーリンク

運転に適している靴の条件

価格が安くて車の運転に適したシューズ

車の運転に適した靴というものにレーシングシューズがあります。

しかしレーシングシューズは特殊なもので価格的にも高いものになります。

では価格が安くて車の運転に適したシューズというものにはどういうものがあるのでしょうか。

ローファータイプのドライビングシューズ

フォーマルな服装には普通のスニーカーは合わせにくいのですが革靴タイプのドライビングシューズならフォーマルなスタイルにも合わせやすいと思いま

営業で革靴を履いて運転しないといけないと言う人もデザインは革靴でありながら運転しやすさをプラスしたしたドライビングシューズを選択できます。

靴のタイプとしては本場イタリアの革靴のメーカーは多くカジュアルなローファーのシューズが各メーカーからリリースされています。

スニーカータイプのドライビングシューズ

かかとの形状はでこぼこで複雑な形状ではなく、なるべくフラットで薄いものがが適しています。

つまるところ運転のしやすいシューズはガゼルも使用しているスニーカータイプがベストですね。

とにかく足にぴったりフィットするものが良いようです。

かかとの形状

しかし同じスニーカーでもバスケットシューズやランニングシューズのように厚めのソールを持つタイプではなく、なるべく薄くフラットなタイプのソール形状が適しています。

さらに言えばソールが上の方まで巻き上がった形状がベストです。

その理由はペダル操作がしやすいということです。

ペダルの操作は踵を付けた状態で行いますので形状の丸い方が動かしやすいからです。

かかとがスクエアな形状の靴は、丸いものに比べてペダル操作がスムーズに行えません。

また角の部分がだんだんすり減っていき、靴の寿命を縮めることにもつながります。

運転に適している靴の条件まとめ

運転に最も適している靴というものはドライビングシューズというものがあります。

しかし日常的な車の運転に使用するにしては少し高価な物になります。

そういった専門的な靴ではなくても下記の条件を満たせば十分ドライブに適した靴と言えます。

1 ペダルを踏む動きを妨げない形状や素材であること

2 ペダルを踏む感覚感じやすいフラットで薄手のソール形状

3 雨の日に水に濡れても滑りにくい素材のもの

4 かかと部分が摩耗しづらく汚れにくいもの

履き替えがスムーズに出来るもの

スリッポンシューズや着脱しやすいスニーカーなど、身近に購入できるものの中にも車の運転に適したものがあると言えます。

裸足で運転するのは良いのか

条例では裸足の運転は違反にならないことが多いです。

しかしながら裸足で運転する時に果たしてブレーキを強く踏むことができるでしょうか。

足裏感覚がしっかりするので、裸足の方が運転しやすいという方もいらっしゃいます。

しかしながら靴は本来足を守るためのものです。

ですので靴を履かなかった場合、事故をした時に大怪我につながることもあるかもしれません。

なるべく裸足で運転することは避けた方が良いです。

まとめ

どのような形状でどの様な素材の靴がドライブに向いているか、ということはよくお分かりいただけたと思います。

しかし靴には機能性も大事ですがファッション性も大事になってきます。

そこでファッションにこだわる人はドライブ用のシューズを車内に持ち込み使い分けたらどうでしょうか。

ファッションにこだわる人にとって靴も大事なアイテムのひとつです。

それはわかりますが、やはり運転をする時は機能性を重視した靴を選ぶことが大事です。

機能性の悪い靴を履いたおかげで操作を誤り、最悪な事故に繋がると言う事も考えられます。

あなたが現在車の運転に適してない靴で運転しているのならば、この機会に機能性の良い靴を購入してみてはいかがでしょうか。

私の記事が参考になりましたら幸いです。


スポンサーリンク

-運転