ミニバン SUV車

スライドドア付きSUVの魅力!ミニバン的SUVの未来とは?

2018/04/18

スライドドア車は便利ですね。

ヒンジドア車と違って狭い駐車場でも開け閉めは安全ですし、電動で開け閉めができますしね。

ガゼルはスライドドア車を所有したことはありませんが、欲しいなと思ったことはあります。

それはスキー場で雪が降っている時に電動でドアを開け乗り込めることです。

雪が降っている時に外で着替えとかできないですしね。

ウォークスルーで運転席までそのままいけることも魅力です。

しかしスキー場ですからできればSUVで行きたいところです。

ところがスライドドア付きのSUVというのは厳密に言えばありません。

それはいろんな原因があるようですが、一番の原因は車体剛性の問題だと言う事です。

それと現在のSUV車はクーペタイプになっておりますので、スタイルがネックになっているようです。

これらのことを踏まえて実際スライドドア付きのSUVに近いものはあるのか?

これからスライドドア付きのSUVは出現するのか?

考察していきたいと思います。


スポンサーリンク

スライドドア車の人気

スライドドア車は日本では人気がありますが海外ではどうでしょうか?

SUVにスライドドアはどうよ?

日本の事情と海外の事情は違う

日本ではファミリーには人気のあるスライドドア車ですが海外ではどうも違うようです。

軽自動車のダイハツタント、ホンダ n box から 最上級ミニバンのトヨタアルファード、ヴェルファイアまでスライドドアが装着されています。

日本ではミニバン文化が定着しています。

それはスライドドアが標準装備されていることが原因の一つです。

しかし欧米ではスライドドア付きの車自体本当に少ないです。

どうしてかというと欧米では、スライドドア付きの車はダサいと思われているからです。

最大マーケットである北米のミニバンの場合は、イメージが男性から見るとダサいわけです。

子供の送り迎えなどに使っているミニバンは、とてもダサいものに映るようです。

日本でもそうですが、最初はミニバンといえば商用車のイメージが強かったと思います。

いつの頃からか、日本の生活スタイルにあっていると認知されてからはすごい勢いで普及してきました。

欧州や中東でも同じようなことで、スライドドア付きのミニバンは商用車をイメージさせるとして人気がありません。

欧州では日本と同じような環境のところも多いので、これからスライドドア付きのミニバンが普及してくる可能性はあると思います。

北米では狭い駐車場がなく、また日本のように降雨量が多いわけではないので、スライドドア付きの車の必要性はあまりないのかもしれません。

 

🔷 あなたの車を一番高く買い取ってくれる業者はこちら!

スライドドア車の原点とは

前述したような訳で、現在のところは世界的にスライドドア付きのSUVが普及する可能性は極めて少ないと思います。

原点は、GMシボレーアストロ?

スライドドア付きのミニバンと聞いて思い出すのは、アメ車系の雑誌に掲載されていたシボレーアストロの企画が当たったことです。

シボレーアストロの規格が当たったことによって、芸能人やスポーツ選手などの間でアストロの人気が高まりました。

それは一般の人にも認知されるようになりました。

アストロ自体は、アメリカでは単なる商用車であって一般の人が乗る乗用車ではないのです。

しかしアメリカでは受けなくても、日本では爆発的な人気になってしまいました。

一時的なブームでしたので、今日本で乗っている人は少なくなっています。

当然アメリカで乗っている人は90年代の頃も現在も変わりなくいません。


スポンサーリンク

7人乗りスライドドア車

アウトドアテイストのスライドドアミニバン

7人乗りのファミリーカーといえばスライドドア付きのミニバンです。

ミニバンの世代は子育ての世代です。

子供を連れているのであれば子供をキャンプに連れて行ったり、スキーやスノーボード一緒に行ったりと海や山に連れて行くことが多いと思います。

そういう時、アウトドアテイストのミニバンがあれば重宝するのではないでしょうか?

そういう車があったら売れると思うのは私だけでしょうか?

ミニバンの最低地上高を上げ、現在の丸みを帯びたミニバンのスタイルとは一線を課す、直線的な角ばった感じに仕上げたらどうでしょうか?

海や山へ行くので当然室内は防水シートを貼り、荷室も樹脂製のマットを敷きます。

ミニバンを子供の送迎や買い物だけに使うのは、非常にもったいないと思います。

それはメーカーも同じで、ミニバンとSUVのクロスオーバーのジャンルを意識しているとは思います。

海外ではともかく、日本ではスライドドア付きミニバンというものが定着しているので可能性はあると思います。

問題は商品開発コストがかかると言うこと。

SUVはなくても普通のミニバンでアウトドアを満喫している現状がある。

確かに発想としてはとても良いのですが、需要が追いついていないということです。

これからSUV機能付きミニバンが発売される可能性はありますがもっと先の話だと思います。

それまでに現在のSUV人気がなくなってしまっていたら、この企画も頓挫してしまうと思っています。

三菱デリカD5があるじゃないか

三菱デリカD5は特殊なミニバンです。

最低地上高が高くSUVテイストがあり角ばったボディ形状で質実剛健のミニバンです。

三菱デリカD5の弱点

悪路に強いスライドドアを装備した唯一のミニバンということで人気があります。

しかしスライドドアを装備した形状というのは、通常のSUVよりは車体の剛性が弱くなっています。

もちろん普通のスライドドア付きミニバンよりもはるかに剛性は高いわけですが・・・

ボディ形状はミニバンでSUVには見えません。

三菱デリカD5の魅力

普通のミニバンのように室内がかなり広くて、多人数でキャンプに行ったり旅行に行ったりできます。

室内が広いので荷物がたくさん積めるますしとても便利です。

さらに普通のミニバンと違って4WDの切り替えがあって悪路走行が得意です。

なのでファミリーでアウトドアに出かけるのにぴったりです。

現在SUVテイストでスライドドア付きの車といえば三菱デリカD5しか思いつきません。

もっと当たり前の様にこういう車が普及したら良いと思っています。


スポンサーリンク

 

🔷 無料!車一括査定おすすめランキングはこちら!

これからの スライドドア付きSUV車

これから発売される新型車のSUVのスライドドアはあるか?

現在はSUV人気と言われるほどいろんな車が販売されています。

SUVと言うとRV車を連想するかもしれませんが、スタイルでSUVを選ぶ方も多いです。

あまり悪路を走らない街乗り優先の人はFFを購入している方も多いのです。

今のSUVはクーペスタイルでとてもスタイリッシュです。

多人数で乗れるSUVを考えた時に、やはりスライドドア付きというのは魅力だと思っています。

トヨタハリアーにスライドドアの噂が

トヨタのSUVでハリアーという車がありますが、これが昔7人乗りでスライドドアになるという噂がありました。

しかしハリアーのボディ形状は現在のSUVの原型とも言うべきクーペスタイルです。

ですので四角いボディーが条件のスライドドアには無理だったのです。

スバルのSUVの新型フォレスターにスライドドアはつくか?

以前スバルの意欲作でトライベッカというものがありましたが、日本ではサイズが大きすぎたのとデザインが不評でしたので発売が見送られました。

現在スバルのSUVといえばフォレスターだけです。

4WDのスバルと言われるだけあって完璧な仕上がりです。

足回りは良いですし剛性も高い優秀な車です。

スタイルが他のSUVよりは直線的なのですが、ルーフの形状が流線型になっているのでスライドドアはつかないでしょう。

しかもフォレスター自体に、ファミリーカーというイメージは皆無です。

ですのでスバルからスライドドア付きSUV車が出るとすれば、フォレスター以外の新しい車種ということになると思います。

気になるSUVの新型CX-8

東京モーターショーでお披露目されたマツダ新型CX-8はどのような車になるのでしょうか。

マツダはミニバンの生産を廃止しました。

MPVを廃止したのですからMPVのテイストを詰め込んだ車になるはずです。

それは例えばCX-5の後部を延長し7人乗りとすることです。

そしてもしかしたらスライドドアの設定があるかもしれないということです。

しかしそのスタイルを見ると、やはりスライドドアが装備されるような形状にはなっていません。

社内からもCX-8にスライドドアを是非という声は上がっていません。

他社と違う色を出すという意味でもスライドドア付きSUVは魅力だと思います。

しかし現在のところそういう話はありませんし、マツダ自体のイメージとして果たしてスライドドアが合うのか疑問に思います。

鼓動デザインに見られるように、エクステリアにはかなりのこだわりがあると思うのでスライドドアを採用するかどうかは微妙です。

まとめ

スライドドア付きのSUVはある程度需要が見込めるかもしれません。

しかしSUVの魅力としてスタイリングがあると思います。

実用性を重視すればミニバンをアウトドア風にしたSUVも考えられます。

しかしスライドドアを装備するとなると、どうしても車体の後半部分が長くなってしまいスタイルが悪くなってしまいます。

今のSUVのクーペスタイルではスライドドアは装備することはできません。

ガゼルとしては昔のRV車のように、角ばったスタイルを採用すれば良いのではないかと思っています。

パジェロの3列シート車がありました。

パジェロのロングですが、確かに間延びした感じはありますが当時はRV車として認知されていました。

現在パジェロのロングのような角ばったSUV 車があったとしたらどうでしょうか?

さらにそれにスライドドアを装備したら人気は出るでしょうか?

スタイリッシュではありませんが硬派でレトロっぽい感じになると思います。

これからのSUV車の進化に期待したいと思います。

私の記事が参考になりましたら幸いです。


スポンサーリンク

 

車一括査定ランキング!あなたはどの業者にする?

思ったよりもかなり車が高く売れたと評判がよく、現在利用者が急激に増えている車一括サイトです。

今回は、ランキング形式で業者選びを悩んでいるあなたに、おすすめの業者を提案していきます。

おすすめ順は、比較できる業者が多い所です。

結局、どこの一括査定サービスもやることはあまり変わりません。

結論から言うと、買い取り業者を探すことができる「カーセンサー」をメインに利用するべきです。

どうせ同じようなサービスを利用するのであれば、選択肢が多い方が有利だということです。

また一括査定の利用に踏み切れない理由として、多くの業者からひっきりなしに営業の電話がかかってくるというのがあります。

その解決方法としてオークション形式を採用している業者を選ぶのも一つの方法です。

この業者を利用すると窓口は業者の担当者だけですので迷惑な営業電話は来なくなります。

とにかくたくさんの業者に査定してもらいたい方に!

01

カーセンサー.net簡単ネット査定

●電話ではなくメール連絡や電話の時間指定が可能

●提携買取業者数No.1

●有名なカーセンサーなので知名度、信頼度抜群!

詳細は今すぐこちらをクリック

詳細

最大査定可能数:30社
提携買取業者数:1,000社以上
対応エリア:全国
利用料:無料


何回もかかってくる営業の電話が嫌な人におすすめ!

02

ユーカーパック

個人情報は漏れず、複数の強引な営業の電話は一切なし

申込みと同時に買取相場が分かる

●オークション形式なので値段が上がっていくのを見ているだけ

詳細は今すぐこちらをクリック

地域

査定:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
入札時の最大買取業者数:2,000社
対応エリア:全国
利用料:無料


楽天でのショッピングが多い方に!

03

愛車を高く売りたいなら楽天オートで!

●利用料無料なのに申込みをするだけで楽天5ポイント

●成約で楽天1,500ポイント

●申し込み前に査定業者を選択する事が出来る。

詳細は今すぐこちらをクリック

地域

最大査定依頼数:10社
提携買取業者数:100社以上
対応エリア:全国
利用料:無料


買取業者を自分で選択できるので安心!バランスが良く選んで間違いないサイト!

04

ズバット車買取比較

●申込みするとすぐに買取相場が分かる

●比較できる買取業者が多い

●買取業者を自分で選択できる

詳細は今すぐこちらをクリック

地域

最大査定依頼数:10社
提携買取業者数:211社
対応エリア:全国
利用料:無料


とにかく相場がすぐに知りたい方に!

05

かんたん車査定ガイド

●申込みするとすぐに買取相場が分る

●今現在の年間利用者数はトップ!

●JADRIの審査に通過した優良業者

詳細は今すぐこちらをクリック

地域

最大査定依頼数:10社
提携買取業者数:約49社
対応エリア:全国
利用料:無料


 

-ミニバン, SUV車