エンジン駆動系

信号待ちではニュートラルかドライブかパーキングどれがいいのか?

2018/04/04

信号待ちは急いでいるとイライラしますね。

私はいつもは信号を見つめているのですが、たまに携帯見たりオーディオをいじったりしています。

e2510fd3ac740f6165cf2dc2b7527244

出典:http://hmmmhmmm.com/27645.html

携帯見ているときは信号が変わっているのにもかかわらず熱中しすぎて気がつかずクラクションを鳴らされることがあります。

そんな時に限ってサイドブレーキをしてニュートラルに入れているので慌てた時にアクセルを空ぶかししてしまい恥ずかしい思いをしたことが度々あります。

ほとんどの場合はドライブモード+フットブレーキなのですが、用事があったり疲れた時はニュートラル+サイドブレーキになってしまいます。

そこで信号待ちの場合果たしてどちらが正しいのか検証してみたいと思います。


スポンサーリンク

Dレンジ+フットブレーキ

いつも私が信号待ちの時にしています。

すぐに発信できるので良いと思います。

燃費はどうか?

厳密に言うとトルクコンバーターでエンジンの動力を吸収しているのでPやNレンジに比べて燃費が悪化するようです。

でも微々たるもので気にするほどではありません。

安全性はどうか?

ドライブモードに入れておくといざというときに危険を回避できることがあります。

私も一度経験があるのですが、渋滞の時にふとバックミラーを見るとじりじりと後ろの車が迫ってくるではありませんか!

すかさずアクセルを踏み車を少しずつ前進させながら、クラクションを鳴らしたことがあります。

後ろの車は居眠りをしていたようで、我に返り慌ててブレーキを踏んだようでした。

車間距離があったので助かりました。

このように周りの状況を確認しておくことが必要ですが、いざというときにはDレンジに入れておくと安全なようです。

フットブレーキは踏みっぱなしですが、後ろから追突されたときはブレーキが緩むのであまり効果はないと思います。

そこで警察庁交通局監修の「交通方法に関する教則」によればDレンジに入れておくことを前提に「停車中はフットブレーキはしっかり踏んでおき念のためにハンドブレーキも掛けておきましょう。」とあります。

警察なので燃費や故障などは関係なくクリープ現象や後方から追突された時の事を考え安全を優先したものになっていますね!

故障はしないか?

車が進もうとするのを無理やり止めているのだからミッションに負担がかかるのではないかと心配する人もいるかもしれませんが特に問題はありません。

ATのトランスミッションはドライブモードに入れていても機械的に歯車などでエンジンと接触されていませんので負荷が最小限に抑えられています。

Nレンジから頻繁にDレンジに変える事の方が負担はある思います。

そんなに気にしないでよいと書いているサイトもありますが、ミッションへの負担はアップするのは確かなので注意が必要です。

Nレンジ+サイドブレーキ

私が用事をしたりするときにやるポジションです。

恥ずかしい思いをしたことやヒヤッとすることがありました。

燃費はどうか?

燃費は基本的にはDレンジより良くなります。

しかし微々たるものですからあまり期待しないほうが良いでしょう。

Dレンジにするとクリープ現象があり燃費が悪くなるということもありNレンジのほうが有利です。

少し長めの停車なら燃費を考えてNレンジにしても良いと思います。

安全性はどうか?

信号が変わったときにニュートラルに入れていることを忘れてしまって、アクセルを踏むと空ぶかしになり恥ずかしい思いをすることがあります。

それだけで済んだらいいのですが、空ぶかしのままDレンジに入れてしまうと車が急発進してしまい前の車に追突という事故を起こしかねません。

JAFもツイッターでこの危険性に言及しています。

回転数が上がった状態でクラッチをつないでしまうことになるのでホイールスピンを起こし大変危険な状態になります。

私はDレンジにしているとクリープ現象で車が動いてしまうのでNレンジにしていた時期がありました。

うっかりブレーキを緩めてしまい前の車に追突しそうになったからです。

まあ気を付けていれば問題はないのですが・・・

またサイドブレーキだとブレーキランプがつきません。

フットブレーキを踏んだ時にブレーキランプがつきます。

渋滞の時にふと前の車を見るとブレーキランプが消えているので、ドライブモードに入れていると勘違いをして危うく追突しかけたというエピソードもありました。

故障はしないか?

Nレンジから度々Dレンジに入れているとミッションには少なからず負担がかかってきます。

現代の日本車なら大丈夫と言っておられる方もいらっしゃいますが用心に越したことはありません。

またNレンジに入れていることを忘れてアクセルを踏むと空ぶかしになり慌ててDレンジに入れるとミッション負担となります。


スポンサーリンク

Pレンジ

 

個人的にパーキングは基本的に入れないポジションです。

車を長時間止めると気に使うポジションだと思っているからです。

燃費はどうか?

燃費は基本的にはDレンジより良くなります。

しかし微々たるものですからあまり期待しないほうが良いでしょう。

しかし本当に燃費を良くしたいのなら、エンジンを停止させます。

アイドリングストップというやつですね!

安全性はどうか?

PレンジからDレンジまでシフトレバーを動かす距離が遠くて、更にRレンジを通るのでショックなどもあり、なかなかすんなりDレンジに入れにくいと思います。

私なんかはシフトレバーを押す癖がついてしまっているため慌ててバックに入れてしまい、後ろの車からクラクションを鳴らされたりしたことがあります。

それで済めばいいのですが、追突する恐れもあります。

Pレンジなら動力切断と車輪ロックが同時に行う事が出来るので安全という意見もありました。

フットブレーキもサイドブレーキも必要ないということですね。

故障はしないか?

頻繁にPレンジからDレンジに入れていると故障の原因になる事もあります。

あくまでも駐車や停車の時だけに限定して使用するのが基本です。

まとめ

とにかく安全を重視するなら、Dレンジ+フットブレーキ+サイドブレーキ

安全を重視し尚且つ落ち着いて行動できる自信があるのならDレンジ+フットブレーキ

シンプルかつ合理的に考えるならPレンジ

燃費を重視するなら、PレンジかNレンジ+サイドブレーキかフットブレーキ

でもオートマティックトランスミッションよりマニュアルトランスミッションが一番安全かつ燃費も良いという結果になると思います。

私もマニュアルトランスミッションの車は好きですが、疲れた時に運転を交代してもらいにくい事があるので所有するのをためらってしまいます。

まあそれぞれ一長一短ありますので自分に合った方法を選んだのでよいと思います。

私の記事が参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

 

車一括査定ランキング!あなたはどの業者にする?

思ったよりもかなり車が高く売れたと評判がよく、現在利用者が急激に増えている車一括サイトです。

今回は、ランキング形式で業者選びを悩んでいるあなたに、おすすめの業者を提案していきます。

おすすめ順は、比較できる業者が多い所です。

結局、どこの一括査定サービスもやることはあまり変わりません。

結論から言うと、買い取り業者を探すことができる「カーセンサー」をメインに利用するべきです。

どうせ同じようなサービスを利用するのであれば、選択肢が多い方が有利だということです。

また一括査定の利用に踏み切れない理由として、多くの業者からひっきりなしに営業の電話がかかってくるというのがあります。

その解決方法としてオークション形式を採用している業者を選ぶのも一つの方法です。

この業者を利用すると窓口は業者の担当者だけですので迷惑な営業電話は来なくなります。

とにかくたくさんの業者に査定してもらいたい方に!

01

カーセンサー.net簡単ネット査定

●電話ではなくメール連絡や電話の時間指定が可能

●提携買取業者数No.1

●有名なカーセンサーなので知名度、信頼度抜群!

詳細は今すぐこちらをクリック

詳細

最大査定可能数:30社
提携買取業者数:1,000社以上
対応エリア:全国
利用料:無料


何回もかかってくる営業の電話が嫌な人におすすめ!

02

ユーカーパック

個人情報は漏れず、複数の強引な営業の電話は一切なし

申込みと同時に買取相場が分かる

●オークション形式なので値段が上がっていくのを見ているだけ

詳細は今すぐこちらをクリック

地域

査定:提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
入札時の最大買取業者数:2,000社
対応エリア:全国
利用料:無料


楽天でのショッピングが多い方に!

03

愛車を高く売りたいなら楽天オートで!

●利用料無料なのに申込みをするだけで楽天5ポイント

●成約で楽天1,500ポイント

●申し込み前に査定業者を選択する事が出来る。

詳細は今すぐこちらをクリック

地域

最大査定依頼数:10社
提携買取業者数:100社以上
対応エリア:全国
利用料:無料


買取業者を自分で選択できるので安心!バランスが良く選んで間違いないサイト!

04

ズバット車買取比較

●申込みするとすぐに買取相場が分かる

●比較できる買取業者が多い

●買取業者を自分で選択できる

詳細は今すぐこちらをクリック

地域

最大査定依頼数:10社
提携買取業者数:211社
対応エリア:全国
利用料:無料


とにかく相場がすぐに知りたい方に!

05

かんたん車査定ガイド

●申込みするとすぐに買取相場が分る

●今現在の年間利用者数はトップ!

●JADRIの審査に通過した優良業者

詳細は今すぐこちらをクリック

地域

最大査定依頼数:10社
提携買取業者数:約49社
対応エリア:全国
利用料:無料


 

-エンジン駆動系