洗車

洗車クロス最前線!進化するマイクロファイバークロスをご紹介

洗車の時に使用するクロスはいろんな種類があります。

洗車クロスの中には車のボディーを傷つけてしまうものもあります。

ただ水分を拭き取るだけなので、あまり考えずに適当に買ってしまう人もいると思います。

しかし洗車時の傷は、ボディについた水滴やワックスを拭き取る時に着いたものがほとんどです。

ですので洗車クロスの選び方は非常に重要です。

洗車クロスはその素材によっていろんな性質や特性があります。

マイクロファイバークロスの驚きの吸水力!

あなたはどういう基準で洗車クロスを選んでいますか?

ガゼルはあまり洗車にこだわる方じゃないので、今までは普通のタオルを拭き取りに使っていました。

洗車クロスの重要性ということに興味が沸きましたので考察していきたいと思います。


スポンサーリンク

おすすめ洗車クロス

TARO WORKS 洗車タオル マイクロファイバー 洗車ふき取り 磨き上げ クロス 中判 2枚セット

アマゾンのベストセラーです。

洗車はスピードが命です。

マイクロファイバーってどれも同じではありません。

洗車時のふき取りや磨き上げまでフラストレーションなく使用ができます。

使用した感じ

拭き取る時も絞る時も少し大きい感じがしました。

四つ折りにすれば丁度片手で作業するのに良い大きさになります。

クロスの表と裏のマイクロファイバーの繊維の長さが違うようです。

長い方の面では水滴を素早く拭き取ることができますが筋が残ってしまいます。

短い方では長い方より綺麗に水を拭き取ることができます。

封を開けてそのまま使用すると拭き筋が残ることがありますので一度洗濯して使った方が良いかもしれません。

そうでなければ霧吹きなどで水をかけて湿らせるとふきすじも残らなくて気持ちよく拭き取りができました。

TARO WORKS] 洗車タオル マイクロファイバー 洗車ふき取り 磨き上げ クロス 中判 2枚セット (40cmx60cm)

Vacplus 洗車タオル, 厚手タイプ ふんわりタッチ,マイクロファイバークロス,吸水 速幹 洗車拭き取り クロス ( 3枚セット )

【サ イ ズ】44cm*37cm
【内 容】3枚入り
【素 材】ポリエステル80%・ポリアミド20%
一般的な綿タイプのクロスシートよりも吸水性に優れ 洗車の作業効率のアップにつながります。
また速乾性に優れているので素早く使えます。

厚手の珊瑚フリスを使用したマイクロファイバークロスです。
柔らかくふんわりしていて汚れはしっかりと拭き取ることができますが車体に傷がつきにくく肌にも優しいです。

使用した感じ

今までは100均でマイクロファイバークロスを使用してましたけどもこれと比べると全く違います。

吸水性がとても良く今までは1回では拭き取れず2回3回と拭き直していました。

サイズは大きめですが折りたたむと丁度良い大きさになります。

生地はしっかりしていますしデザインも色も可愛いと思います。

商品説明では若干色落ちすると言う注意書きがありましたが、そういうこともなく特に問題はありませんでした。

とにかく吸水性は抜群です。

Vacplus 洗車タオル, 厚手タイプ ふんわりタッチ,マイクロファイバークロス,吸水 速幹 洗車拭き取り クロス ( 3枚セット )

7MO 洗車 タオル マイクロファイバー クリーニングクロス 洗車ふき取り 磨き上げ 3 枚セット

サイズ:30cm×30cm×2cm
カラー:イエロー(黄)、オレンジ(橙)、グリーン(緑)

耐久性が高く一般的な綿タイプのクロスよりも3から5倍高いです。

早く乾き吸水率は一般的な綿タイプのクロスよりも6から10倍高いです。

使用した感じ

吸水力抜群で洗車後の水拭きがあっという間です。

材質はとてもやわらかく車体に細い傷もつきませんでした。

封を開けてそのまま使用すると吸水力はあまりありません。

しかし一度洗濯すると一気に吸水力がアップします。

乾拭きでも威力を発揮します。

車内のダッシュボードやステアリングなど拭き取るとピカピカになります。

7MO 洗車 タオル マイクロファイバー クリーニングクロス 洗車ふき取り 磨き上げ 3 枚セット 30cm×30cm


スポンサーリンク

シュアラスター マイクロファイバークロス [拭き取り・仕上げ用万能クロス] SurLuster S-81

超極細マイクロファイバーでボディにも優しい

使用方法や使う場所を選ばない

万能でボディーやガラスやダッシュボードなどしっかりとふけます。

厚みのある柔らかいクロスを採用しているので愛車に優しいです。

超極細マイクロファイバーでカーワックスやコーティングの施工におすすめです。

洗車後の水滴の拭き取りが素早く吸水性に優れています。

濡れ拭きと乾拭き両方に対応

使用した感じ

シュアラスターのスプレー式のコーティングワックスを車のボディに塗り仕上げにこの洗車クロスで吹上ています。

今までは100均のクロスを使っていたのですが長い間使っていると吸収力が悪くなってきましたのでこれを購入しました。

このクロスは使えば使うほど吸収力がアップするような感じがします。

このクロスは万能です。

自分はボディの他にガラス家内装のダッシュボードやステアリング拭き取りに使用しています。

シュアラスター マイクロファイバークロス [拭き取り・仕上げ用万能クロス] SurLuster S-81

まとめ

マイクロファイバークロスのメリットは

1、柔らかいのでキズがつきにくい。

髪の毛の100分の1の細さと言われるマイクロファイバークロスは触った感触がフワフワです。

ですからボディーにも傷がつきにくいです。

2、吸水性が高く作業効率がいい

前述したように髪の毛の100分の1の細さといわれる繊維なので普通の綿製のふき取りクロスより何倍も水分を吸収します。

また一度吸収するとその水を戻さないという特徴もあります。

3、掻きとる力がある。

マイクロファイバークロスは繊維が柔らかくてふわふわなのです。

しかし繊維の形状はエッジが効いていてワックスやコンパウンドのふき取りに適しています。

要するにボディーについた異物を掻き出す効果が優れているということです。

マイクロファイバークロスのデメリットは

1、繊維は柔らかいから強くこすっても大丈夫と思ってしまう。

確かに繊維は柔らかいですが、だからと言って強くこすりすぎるとやはり傷がつきます。

2、汚れが取れるからとクロスを洗わずに使用して傷をつけてしまう。

繊維にごみや汚れがついているままで擦ってしまうとさすがに傷がついてしまいます。

3、普通のクロスより高額。

やはり高性能ですから値段も高くなります。

通販でまとめ買いをすると安くなります。

以上マイクロファイバークロスについての捕捉でした。

私の記事が参考になりましたら幸いです。


スポンサーリンク

-洗車