コンパクトカー ミニバン

安くてコンパクトな3列シートミニバンは

2018/06/20

そもそも家族持ちで大勢の人数で乗るのにコンパクトな車がいいって難しい要求ですよね。

しかも低価格でって、今のコンパクトなミニバンは性能も向上しており価格も高めになっています。

konpakuto-miniban

出典:http://autoc-one.jp/hikaku/2361585/

現行の車としては、有名なのはフリードシエンタあるいは大柄になりますが

プレマシー&ラフェスタ(ラフェスタはプレマシーのOEM)とウィッシュかジェイドあたりかなと思います。


スポンサーリンク

価格で検討すると

予算はどのくらいかですが

コンパクトミニバンと言えども、シエンタやフリードで諸費用込みで200万円はオーバーすると思います。

普通のガソリンエンジンだと車両本体で1800000円程度になると思います。

シエンタハイブリッドG 2328550円 フリードハイブリッド 2210000円、ジェイドになるとさらに高く300万円近くになると思います。

ジェイド ハイブリッド 2720000円から292000円プレマシー&ラフェスタやウィッシュは200万円前半で購入できます。

プレマシー 20Sスカイアクティブ 2260000円ジェイドは新しいですが割高のイメージ、逆にプレマシーは設計は古いものの内装やハンドリング、エンジン性能や3ナンバーということを考慮に入れると割安と言えます。

シエンタとフリードはハイブリッドじゃなければ一番安いです。

普通のガソリンエンジンでもJC08モードで20.6程度出るのでこれでいいのではと思います。

価格差を考えると元を取るのに8~10年近くかかるのではと思います。

燃費で検討すると

これは排気量の差がもろに出ます。

当然1.5Lのシエンタやフリードは当然燃費が良く前述したようにJC08モードでガソリンエンジンで20.6ハイブリッドで27.2Km/ℓ、対してウィシュやプレマシーなどは14~16Km/ℓしか伸びません。

ハイブリッドの設定はなくこれは仕方のないところだと思います。

ジェイドはハイブリッドの設定があるので25Km/ℓガソリン車で18Km/ℓで、ウィッシュやプレマシーより燃費がいいのは重量が軽いからだと思います。


スポンサーリンク

最小回転半径から検討する

最小回転半径は「ハンドルをいっぱいに回した状態で旋回するとき外側のタイヤが通る軌跡の半径」ということですがコンパクトか否かを決定する大事な要素が最小回転半径になります。

狭い道路からの車庫入れや狭い道路でのUターンに遭遇すると運転に自信がない方は本当に時間が掛かるし泣きべそをかきたくなりますよね。

狭い林道でいきなり行き止まりになってしまったら大変!Uターンできる場所までバックしないといけなくなったりします。

この時小回りが効く車に乗っていたら、それほど苦労もせずUターンできたりします。

カタログ値の最小回転半径はタイヤを基準としていますので、参考にはなっても絶対的な指標にはなりません。

例えばバンパーの形状によっても変わってきますしあくまでも参考程度です。

実際試乗してみないとわからない部分も多いです。

シエンタ 最小回転半径 5.2m

フリード 最小回転半径 5.2m

プレマシー 最小回転半径 5.3m

3列シートの使い勝手はどうか?

コンパクトミニバンになると、3列シート付とはいえ緊急用の意味合いが出てきます。

実際ヴォクシーやステップワゴンなどに比べるとかなり狭く実用的ではありません。

どの車種も似たり寄ったりで、3列シートはシエンタやジェイドが格納式なのでスッキリして荷物もかなり詰める印象です。

フリードは跳ね上げ式なのでスマートではなく跳ね上げたシートが邪魔になったりします。

またジェイドは2列目がスライドしますので足元ゆったりです。

ウィッシュやプレマシーは足元も狭いし背も低いので頭上に余裕がなく大人が乗るには3列目は特に使いずらいです。


スポンサーリンク

中古車を検討する

安い3列シートのミニバンが欲しいなら何も新車にこだわる必要はないわけで

むしろ割安感がある中古車を買ったほうが賢いこともあります。

まず人気がない、ミニバンは当然安くなります。

でも自分が気に入っているならそれはそれで選択肢の一つになると思います。ていうか幸運だと思います。

私のおすすめのコンパクトミニバンは?

私がおすすめするコンパクトミニバンはズバリプレマシーです。

まあ賛否両論があるとは思いますが、何を重視するかによって変わってくると思います。

プレマシーを選んだ理由は、まず車の性能がいいということマツダの車ですからその点はこだわっていると思います。

3列目のシートは少し狭いですがフリードやシエンタよりはましです。

但し頭上には余裕はありません。

内装はオーソドックスですが、高級感がありますしプラスティッキーではないです。

燃費は相応ですが昔に比べればかなりよくなっています。

スカイアクティブテクノロジーのおかげでしょうか。

シートもコンパクトにたたむ事が出来、ウォークスルーも狭いながらできます。

何よりも乗っていて楽しいです。

長年同じ車に乗るのであれば大事なことだと思います。

以上参考になりましたら幸いです。



車一括買取業者ランキングあなたはどの業者にする?

今回は、ランキング形式で業者選びを悩んでいるあなたに、おすすめの業者を提案していきます。

おすすめ順は、比較できる業者が多い所です。

結局、どこの一括査定サービスもやることはあまり変わりません。

結論から言うと、買い取り業者を探すことができる「カーセンサー」をメインに利用するべきです。

どうせ同じようなサービスを利用するのであれば、選択肢が多い方が有利だということです。

また一括査定の利用に踏み切れない理由として、多くの業者からひっきりなしに営業の電話がかかってくるというのがあります。

その解決方法としてオークション形式を採用している業者を選ぶのも一つの方法です。

この業者を利用すると窓口は業者の担当者だけですので迷惑な営業電話は来なくなります。

01

カーセンサー.net簡単ネット査定

●電話ではなくメール連絡や電話の時間指定が可能

●提携買取業者数No.1

●有名なカーセンサーなので知名度、信頼度抜群!

詳細は今すぐこちらをクリック

02

ユーカーパック

個人情報は漏れず、複数の強引な営業の電話は一切なし

申込みと同時に買取相場が分かる

●オークション形式なので値段が上がっていくのを見ているだけ

詳細は今すぐこちらをクリック

03

愛車を高く売りたいなら楽天オートで!

●利用料無料なのに申込みをするだけで楽天5ポイント

●成約で楽天1,500ポイント

●申し込み前に査定業者を選択する事が出来る。

詳細は今すぐこちらをクリック

04

ズバット車買取比較

●申込みするとすぐに買取相場が分かる

●比較できる買取業者が多い

●買取業者を自分で選択できる

詳細は今すぐこちらをクリック

05

かんたん車査定ガイド

●申込みするとすぐに買取相場が分る

●今現在の年間利用者数はトップ!

●JADRIの審査に通過した優良業者

詳細は今すぐこちらをクリック



-コンパクトカー, ミニバン