新車購入

車の買い取りや下取りの査定額を高くする方法とは?

2017/06/18

長く乗った愛着のある車、次の車を安く買う為にも少しでも高く売りたいですよね。

新車を買うなら大抵はディーラーへ行きますよね。

そこで今まで乗っていた車を下取りに出します。

でもチョット待ってください。

あなたは自分の車の下取り査定額ご存知ですか?

えっ知らない?

あなたそれじゃあ損をするかもしれませんよ。

ガゼルは基本的にディーラーのいいなりだったかもしれないです。

そのディーラーが昔からの付き合いだったのでそうなってしまったのです。

でも今思えばそれでもやるべきことがあったんではないかと思っています。

じゃあどうやったら査定額をあらかじめ知る事ができるのか?

新車ディーラーと買取店のメリットとデメリットを考察していきたいと思います。


スポンサーリンク

新車ディーラーに売るメリットとは

新車ディーラーに車を下取りに出すと、いろいろと都合の良い事が多いです。

値引きの代わりに査定額を増額できる

新車ディーラーに車を売る最大のメリットとは値引きをしない代わりに下取り車の査定額を増額して上乗せしてくれることです。

最近はどこのディーラーも値引きを渋ってきます。

商談していると途中で増額したいことがあります。

そんな時に値引きの交渉をするのは、ストレート過ぎて相手も引いてしまいます。

そこでそのような時には、値引きではなく下取り査定額を上乗せするのです。

売却した代金を新車購入に充てる事ができる。

買取店に車を売却すると、そのお金をわざわざ新車ディーラーに振り込まなければなりません。

しかし新車ディーラーに売却すると、そのお金をそのまま新車の購入資金に充てる事ができます。

面倒な事もありませんし第一商談がスムーズに進みます。

またセールスマンを一本化できて交渉がしやすいというメリットもあります。

いろいろ何かと都合の良い事が多いです。

キャンペーンなどで査定額がアップする事もある。

新車ディーラーにはいろいろな販売戦略があります。

増販フェアや下取りフェアの時には、下取り車の査定額をアップさせることがあります。

つまり新車ディーラーの下取り査定額は新車の販売戦略によって左右される事があります。

買取店に車を売るメリットとは

買取店に車を売るメリットもまた多いです。

買取店は高額の査定が出やすい

買取店は新車ディーラーよりも査定が高額になりやすいです。

どうしてかと言いますと、新車ディーラーよりも査定額を高くしないと売却してもらえないという事があります。

買取店は中古車市場に精通していますから、ドレスアップした車両などは新車ディーラーよりも理解されやすいです。

更に純正のパーツも添付しておくと更に査定額が上がります。

買取店を複数比較できる

買取業界では色んな業種が進出してきています。

買い取り専門店だけではなく、大手中古車販売店も積極的に買い取りをしています。

業者によってニーズ(欲しい車)は違うのでなるべく色んな業者から査定を受けるのが良いでしょう。

比較して条件の良い所に売却すれば良いわけです。

新車購入前提では無くても売却できる。

新車ディーラーは基本的に新車を購入して頂く代わりに、今まで乗っていた車を下取りに買い取るわけです。

でも買取店では単純な売却もできるのです。

普通に車が要らなくなった時などに車買取店に売却する人も多いです。

2台目の車が要らなくなって売却する人もいます。


スポンサーリンク

ディーラーと買い取り店で査定額を競合させる

車を安く買う方法

車はなるべく安く買いたいものです。

ほとんどの人は車の値引きを連想しますが、値引きは大体ある程度限度が決まっていることが多いです。

「これ以上の値引きはちょっと」などと言われたりします。

そこで車を買い替える人は、車をなるべく高く売る事を考えましょう。

実質的に値引きと同じ効果が得られるからです。

⇒ 新車購入の決め手、商談でやってはいけない事とは?

⇒ 低金利な自動車マイカーローンの種類と返済方法教えます!

まず買取店で査定を受ける

買取店は中古車市場の動向や価値に精通していますから、正確性の高い査定額を出してきます。

そこで、最初に買取店で査定を受けて客観的な車の価値を把握します。

その後新車ディーラーに行って査定を受ければ、その査定の金額が高いのか安いのかが分かります。

査定額が拮抗していた場合は?

査定額が拮抗していた場合は、新車ディーラーと買取店を競合させましょう。

多少は増額の余地があると思われるからです。

そして最終的にそれでも拮抗していた場合は、新車ディーラーに売却すれば良いです。

何故なら、商談の最終段階まで行っても未だ値引きの交渉に入っているとします。

交渉が難航しそうな時でも、下取り車があれば査定額を増やすことで値引きの額を調整できるからです。

売却窓口だけの買取店と違って新車ディーラーは購入と売却の窓口も一本化できるので効率的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか

買取店と新車ディーラーどちらも一長一短あります。

1番良いのは買取店を利用して自分の車の価値を知って最終的に新車ディーラーで購入する事です。

でも買取店の査定額が新車ディーラーよりもずっと高い時はその限りではありません。

その時は御自分で判断されてください。

私の記事が参考になりましたら幸いです。


スポンサーリンク

-新車購入