修理・整備関係

車の錆止めスプレーは転換剤がおすすめ!下回りは自分でできる?

今はあまり聞かれなくなりましたが、「マフラーが錆びて落ちた」とか「車の中から下の道路が見える」とかそういった話を聞いたことがあります。

現在のように、車を頻繁に買い換えなかった時代ですのでそういった話もあったのでしょう。

今の時代ですからそんなに真剣に考えなくてもいいことかもしれませんが、油断していると知らぬ間に錆が進んで故障の原因になる可能性があります。

できれば錆の原因を作らないようにしたいものです。

そこで今回は錆びる原因や錆の予防について

錆止めの方法についてどんな方法があるのか?

自分で錆止めを処置するにはどういう方法はあるのか?

このような疑問について考察していきたいと思います。


スポンサーリンク

車のボディが錆びる原因とは?

昔と違って最近の車の鋼板には防錆性や腐蝕性に優れるものを使用しています。

ですので簡単に錆ができることはありません。

しかし絶対に錆ができないと言う保証はありません。

ボディに傷がつく

車をぶつけたり飛び石などでボディーが傷つくとそこから錆が発生する場合があります。

特に石を跳ねた時につく傷は、非常に分かりにくいので注意が必要です。

ドアやトランクやサンルーフの周りに水が溜まる場合があります。

原因は様々ですが、その状態が長期間続くとそこから錆が発生することがあります。

屋根付きの車庫じゃなく青空駐車の車に多く見られるようです。

塩水や融雪剤の影響

海岸の方にドライブに行ったり、サーフィンなど遊びに行ったり、家が海の近くにあったりすると塩水を浴び錆びやすくなります。

またガゼルのようにスキー場に行く場合、雪を溶かすための融雪剤が山道に撒いてあります。

これは塩化カルシウムで塩分を含みますのでボディに着きますとサビの原因になります。

ですので、これらは付いたらすぐに水で洗い流さないと錆が発生することがあります。

鉄粉の影響

さらにブレーキパッドから鉄粉が発生します。

これがボディに付着しますとサビの原因になります。

あまりないとは思いますが、鉄道の高架に近い駐車場などは鉄道の車輪からの鉄粉が飛んできてボディに付いてしまいます。

これもサビの原因となります。


スポンサーリンク

どんな場所に錆が発生しやすいか?

錆の発生しやすい場所というのはある程度決まっています。

どういうところに錆が発生しやすいのでしょうか?

車体の下回り

車体の下回りは錆びやすい箇所の代表です。

さらに目立たない場所にあるので、知らぬ間に錆が進行していて気が付いたらボロボロになっていたということも多いようです。

走行中に飛び石があってボディーが傷つき、さらに融雪剤が撒かれていると塩分が付着し錆が進行します。

下回りのサビが故障の原因になることがありますので注意が必要です。

下回りは非常に洗いにくく、丁寧に洗車をしている人は少ないと思います。

車のマフラー

車のマフラーは非常に錆びやすく穴が開いてしまいます。

ガゼルも見たことあるのですが、ひどい場合は腐食が進行してマフラーが落ちてしまうことがあります。

理由としてはマフラーが高熱に達したり、急激に冷えたりするため防錆塗装が長続きしないのです。

ですから定期的に点検して錆びていたら防錆処理をすることが必要です。

車のボディの錆止め・錆防止方法・防錆には何がある?

車のボディの錆を予防するには洗車やワックスがけが有効です。

ですが、ボディに錆が発生したらできるだけ早く対策をすることが大切です。

たとえ錆が発生しても処置が早ければ比較的簡単に除去することができます。

問題なのは、気がつきにくい車の下回りやタイヤハウスなどのサビ対策です。

これは整備工場などに依頼して専門家に処置してもらうと安心です。

専門家とよく相談してアンダーコートを定期的に実施すると良いでしょう。

車の錆止めに塗料を塗る方法

アンダーコートとは?

それではアンダーコートとは一体どのような塗装のことでしょうか?

簡単に言えば車体の下回りの防錆処理のことです。

車の下回りは洗浄しにくく水が入り込みやすい場所です。

ボディ周りはしっかりとした塗装がされていますが、下回りはそこまできちんと塗装がしてありません。

そこで錆びやすい下回りをコーティングして錆の予防をするわけです。

アンダーコートの施工の種類について

車検時に整備工場で施工する。

新車を購入した時に整備工場で施工する。

缶スプレーで自分で施工する。

など3種類あります。

ディーラー等の整備工場で施工

ディーラーなどの整備工場で施工してもらうのが一番安心で確実です。

しかしコストが一番高くかかり数万円はするでしょう。

しかし一度処置すれば、長期間は施工しなくても大丈夫です。

それにずっと乗ることを考えればランニングコスト的には安上がりです。

はっきり言ってガゼルの周りにはアンダーコート処理までしてる人はいません。

でも長期的に見るとアンダーコートしていた方が安心だと思います。


スポンサーリンク

車の下回りの錆止めを diyでする方法

専門業者に頼むと確実ですがやはりコストはかかってしまいます。

高いコストをかけるのは嫌だという方は自分で施行されたらどうでしょうか?

ホームセンターやカーショップなどで販売されている缶スプレーを使って自分で施工するとコストは安く済みます。

車の錆止めのおすすめ


KURE(呉工業) スーパーラストガード (300ml) 長期強力防錆スプレー [ 品番 ] 1037 [HTRC2.1]
50?70ミクロンの強力な半硬質被膜を表面に形成し、高湿度、高濃度ガスなど過酷な条件下でも卓越した防錆性能を発揮します。

乾燥時間が短いので、効率的な作業が可能です。


RESPO 防錆スプレー RS-930S 420ml
金属及び精密機械の保存用防錆処理

機械・工具類の防錆処理

パーツ類保存中の防錆処理に

目に見える部分は簡単ですが、下回りを隅々まで塗るのは結構大変です。

業務用のアンダーコートスプレーよりも市販の缶スプレーの方が結局は割高になります。

下回り全体を施行したとするとかなりの量の缶スプレーを使うはずですから・・・

工賃はかかりますが同じ面積を施工するなら業者に出した方が安上がりという場合もあるでしょう。


スポンサーリンク

車の錆転換剤のすすめ

赤錆から黒錆に化学反応させて錆の進行を防ぐ方法です。

通常錆と呼んでいるのは赤錆のことで鉄をボロボロにしてしまいます。

一方黒錆は鉄の表面に張り付き酸素や水分から鉄を守り赤錆を進行させない錆のことです。

鉄を熱したときに黒くなりますがそれが黒錆です。


ホルツ サビを取らずにサビを止める サビ転換スプレー MH150【HTRC 2.1】
面倒なサビとり作業なし。

サビに直接スプレーするだけで、サビ止め被膜に変化。

特殊エポキシ樹脂により鉄の腐食を防ぎます。



レノバスプレー 錆転換剤 300ml
赤褐色の錆の表面を特殊エポキシ樹脂により保護します。

鉄の腐食を防ぐことができるサビ転換コーティング剤です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

錆が発生する原因は様々です。

傷がついたり水が溜まったり塩分が付いたりすると錆が発生します。

ガゼルはスキー場に頻繁に行くので、結構錆びる可能性が高いと思っています。

ですからなるべくスキー場に行った後は水で洗い流すほうがいいと思いますがなかなか面倒くさくてできません。

でもたまには下回りを洗車した方がいいです。

サビが発生する場所は大体決まっています。

錆が発生する場所は目に届かないところが多く施工もやりづらいです。

なかなか大変な作業ですので大抵の方は業者に頼むことになると思います。

錆が発生すると故障の原因になったりしますので早めに処置をしましょう。

私の記事が参考になりましたら幸いです。


スポンサーリンク

-修理・整備関係