新車購入

車は年収どれ位でどんな車種が買えるの?低所得者の新車購入は無理?

2018/06/21

みんな年収どれくらいあるのだろうか気になりますよね?

年収800万の人は、どんな車を購入しているんだろうか気になりますよね?

ガゼルは介護士をやっています。

年収を言うのも恥ずかしいぐらいですが300万円以下です。

介護の世界に入って7年目ということもありますがこの程度の年収です。

正社員でこの程度なのでパートや派遣だと、200万に届かない人もいるんじゃないでしょうか?

50歳を過ぎて年収300万円以下なんてと思われる方がほとんどかと思います。

世の中には5%程度ですが、1000万円の年収を手にしている人もいらっしゃるのが現実です。

ほとんどの方が弁護士とか、医者とか、自営業の方らしいですがおもしろいことに900万円以下の人は会社員がほとんどということです。

会社員で1000万と言うのは高嶺の花ということですかね。

今回は年収どれぐらいの人が、どのような車に乗っているか興味が沸きましたので考察していきたいと思います。


スポンサーリンク

車の購入年収の何割程度が良いか

年収の半分以下が丁度良い

車は自分の好きな車を買う方が飽きがこないということで、無理してローンを組んで車を購入される方もいらっしゃいます。

しかし車を購入してからの諸経費が結構高いので、やはり維持費も考えていかなければなりません。

独身であれば生活費はそんなにかからないです。

これが家族持ちですと、さらに家計の負担が増えるので購入できる車も限られてきます。

一般的には購入する車の価格は、年収の半分程度が良いとされています。

それぐらいの余裕を持つことで、普段の生活が楽になるということです。

やはり車よりも普段の生活費の方が大事なので、生活費をきちんと計算しておきましょう。

そしてお金に余裕が出来たら車を購入するというスタンスが良いのではないでしょうか?

安くて見栄を張れる車<維持費考慮>

 

🔷 あなたの車を一番高く買い取ってくれる業者はこちら!

年収別車選び

ではどれくらいの年収の人が、どれくらいの価格の車を購入できるのでしょうか?

年収1000万円以上の人

平均年収の半分程度ですので、500万円程度が車の購入の目安となります。

一般の人でこれくらいの年収を稼げる人は少ないです。

ほとんどの日本車は購入できるんじゃないでしょうか?

無理すればポルシェ、ベンツ、 BMW といった高級車も買えます。

年収800万円以上の人

400万円程度の車が妥当だと思います。

外車はコンパクトカーぐらいなら大丈夫ですが、日本車でしたら高級車も狙うことができます。

年収500万円以上の人

250万程度の車が目安となります。

コンパクトカーから低燃費のスモールセダンまで購入することができます。

さらに中古車になるともっと選択肢が増えます。

年収300万円以上の人

150万程度の車が目安となります。

新車ですと軽自動車ならほとんどが購入できます。

国産のコンパクトカーやステーションワゴンにも150万で購入できるものも結構あります。

年収200万円以上の人

100万程度の車が目安となります。

軽自動車なら新品で購入できますが安価な物に限られます。

年収1000万 車選び

適正購入額

適正新車購入額は年収の半分ですので500万円になります。

これは新車でも中古車でも同じですので、500万円を超えない程度の車でしたら余裕をもって購入できるでしょう。

キャッシングやローンなどで借金をしていなければ年収1000万円を超えない範囲で融資してくれます。

銀行や信用金庫のフリーローンを利用すると良いでしょう。

もちろん頭金ができれば500万円以上の車も購入できます。

車を所有しているのであれば、その下取りを頭金に充てる事も考えましょう。

どんな車が購入できるの?

ほとんどの車が購入できます。

国産車ですとクラウンやレクサスなど高級車が購入できます。

外車ですと ベンツ BMW アウディなども購入することができます。

ただし上級車は難しいでしょう。

・BMW3シリーズ

特徴:3シリーズはドイツの自動車メーカー「BMW」が販売している小型の高級乗用車で、全幅は1.698メートルで全長は4.210メートルです。

車の価格は年収の半分以下が目安!


スポンサーリンク

🔷 無料!車一括査定おすすめランキングはこちら!

年収800万 車選び

適正購入額

自動車ローンが組める限度額は年収の30%から40%です。

ですから年収800万の人がローンを組める最大の金額は240万円から320万円になります。

頭金を用意することができれば400万以上の車も購入することができます。

家族持ちより独身の方がローンを多く組めます。

家族持ちですと教育費や住宅ローンなどがあるでしょうから、なるべく余裕を持った車の購入はベストでしょう。

金額としては半分の400万じゃなく300万から400万の間で検討したらどうでしょうか?

頭金はできるだけ多く用意した方が良いです。

下取り車があればそれを購入費用に充てローンの金額を低く抑えましょう。

どんな車が購入できるの?

トヨタ・カムリハイブリッド

スズキ・エスクード

 

マツダ・CX-5

 

年収500万 車選び

購入適正価格

年収500万円の人が購入すべき車とはどのくらいの額がベスト?

年収500万の人が自動車ローンを組もうとすると、限度額が年収の30%から40%なので一般的には150万から200万円のローンが組めるということになります。

独身じゃなく家族がいるのであれば教育費や住宅ローンなどかかりますので200万前後の車選びが良いんではないでしょうか?

ただ頭金や下取り車があれば250万円程度の車は余裕で買えます

どんな車が購入できるの?

スバル・インプレッサG4

ミツビシ・デリカD:2

 

マツダ・アクセラ



スポンサーリンク

🔷 あなたの車を一番高く買い取ってくれる業者はこちら!

年収300万 車選び

適正購入額

銀行などの金融機関で自動車ローンを借りれる限度額は年収の30%から40%です。

ですので年収300万円の方は最大で90万円から120万円の自動車ローンを組めるということになります。

車の購入にあたっては車両本体価格の他に、手数料などその他諸経費がかかります。

その他保険料や自動車取得税などが購入時にかかります。

購入してからも車の維持費として、一般的にガソリン代など含めて年間に40万円ほどかかることがあります。

頭金を貯めたり、下取り車があればそれを頭金に当てたりしてローンの支払いを少なくすることが大切です。

そうすれば年収の半分の150万の車も購入可能です。

どんな車が購入できるの?

トヨタ・ヴィッツ(中古車)

日産・マーチ(中古車)

年収200万 車選び

適正購入額

銀行などで借りられる自動車ローンの限度額が年収の30%から40%なので、年収200万円ですと60万円から80万円になります。

前述しましたように車の購入にあたっては購入前に手数料など諸経費がかかります。

その他保険料や自動車取得税などもかかりますので、できるだけ頭金は用意した方が良いでしょう。

また下取り車があればそれを頭金に当てることができまる。

年収の半分の100万円の車も購入可能でしょう。

購入してからもガソリン代など諸経費がかかりますが、軽自動車を選択すれば諸経費も安くすみますのでお勧めです。

ただ軽自動車を購入するにしても安価な軽自動車に限られます。

どんな車が購入できるの?

ダイハツミライース

★駆動式…前輪駆動FF,4WD
★車体重量…720kg
★馬力…49PS(発売当時は52PS)

スズキアルト

★駆動式…FF,4WD
★車高重量…650kg
★馬力…52PS

現実的なのはミライースとかアルトとかの車両100万円前後の軽でしょうね、車両100万でも乗り出し120万位には成りますから。
無論年収は置いといて車に幾ら使えるか次第ですが。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

車を購入するに当たっては、現実的には結構難しい選択を迫られます。

どうしても年収という壁がありますので、購入できる車の金額にも限界があります。

一般的には年収の半分程度が車の購入金額とされています。

あくまでも目安ということなので、その方の生活状況に応じて新車の購入限度額は変わってきます。

例えば独身者と妻帯者とでは自由になる金額が違います。

また子供を持つと教育費や食費も増えるとことになりますし、住宅ローンがあればますます自由になるお金が少なくなります。

ガゼルは独身ですが将来のことを考えると高級車は買えませんでした。

さきはどうなるか誰にもわかりません。

ですのでなるべく見栄を張らず、自分の生活に合った車を選ぶことが肝要です。

車が趣味とおっしゃる人はまた別の話ですが・・・

車を生活の一部と考えている人は、身の丈に合った車を選ぶことが大切なことなのではないでしょうか?

私の記事が参考になりましたら幸いです。



-新車購入