エンジン駆動系

車のFF方式のメリットとは?ドリフトの仕方雪道の走り方教えます!

現在の日本車の車種の大部分の駆動方式は FF です。

車のタイプによって比率は変わってきます。

家族を乗せたり荷物を積んだりすることが得意な車に多く見られます。

あなたの車もFF車じゃないのですか?

ガゼルもしばらくFF車に乗り続けています。

FF 車って結構万能な車だとガゼルは思っています。

ガゼルはスキー場に行くので雪道を走ることが多いのですが、選んでいるのは4WDじゃなくて FF 車です。

FF車はオフロードを除き、大抵の路面状況では安心して走行することができます。

メリットとデメリット

車種にはどのようなものがあるの?

ドリフトはどのようにするの?

雪道では強いの?

このような疑問に答えていきたいと思います。


スポンサーリンク

FFと2WDの意味とは?

フロントエンジン リアドライブ

FF はフロントエンジンリアドライブの頭文字を取った略称です。

車のエンジンが前部分にあり、なおかつ前輪を駆動する方式のことです。

簡単に言えば前にエンジンがあり、前のタイヤを動かしているということです。

FFの構造、仕組みとは?

前述したように FF 車は、前にエンジンがあって前のタイヤを動かしています。

エンジンやトランスミッションや操舵装置など、主な構造物のほとんどがボンネットに収められています。

構造上の特徴としては、前輪は駆動輪であり操舵輪でもあります。

ですので駆動しているシャフトをハンドルで自由に操作できなければなりません。

その際に自由に動くジョイントが必要になります。

その技術は難しく、昔一部のメーカーが FF の製造を諦めたぐらいでした。

FFの特徴とは?

FF 車の特徴として室内空間は広く取れるということがあります。

これは FF 車がエンジンとトランスミッションを横置きにできるということが理由になっています。

ですので、構造上駆動部分をコンパクトにすることができます。

そのことによって室内空間の自由度を高める事が出来るのです。

FF車 車種一覧

現在、軽自動車、コンパクト、ミニバンの殆どはFF車です。

小型セダンやステーションワゴンにもFF車は多いです。

逆に大型セダンやクーペ・スポーツでは比率としては少なめです。

 

車種タイプ 車名 比率
軽自動車 ワゴンR、ムーブ、アルト、ラパン、ミラ、プレオ、N‐ONEなど 9割
コンパクトカー ヴィッツ、パッソ、アクア、フィット、マーチ、ノート、デミオ、アクセラ
ミラージュ、スイフト、MINI、ゴルフ、アルファロメオミト、プジョー308など
9割
セダン カローラアクシオ、プリウス、カムリ、ティアナ、アコード、シビック
アテンザ、パサート、アルファロメオ159、ボルボS40など
3割
ステーションワゴン カローラフィルダー、アベンシスワゴン、ウィングロード、アテンザワゴン
ゴルフヴァリアント、ボルボV40など
2割
SUV RAV-4、ハリアー、エクストレイエル、CR-V、CX-3、アウトランダー
RVR、SX-4ムラーノ、BMW・X1、AUDI・Q3など
8割
ミニバン アルファード、ノア、ウィシュ、エルグランド、セネナ、ラフェスタ、オデッセイ
ステップワゴン、ビアンテ、プレマシー 、ゴルフトゥルーラン、メルセデスVクラスなど
9割
クーペスポーツ コペン、インテグラタイプR、シビックタイプR、シロッコ、フォーカスRS
アルファロメオスパイダー、プジョーCCなど
2割



スポンサーリンク

FF車のメリットデメリットとは?

メリット

エンジンの占有スペースが少ない

部品点数が少ない

室内やラゲッジルームが広い

一般的に雪道にも強いと言われる(スタッドレスタイヤを履いていれば十分なことが多い)

プロペラシャフトが必要ないので車内が広く取れる

基本的に FR や4WD より安く車が作れる

駆動輪にエンジンなどの重量物があるのでトラクションがかかりやすい

車体をコントロールしやすく初心者向けである

端に移動するだけなら全くと言っていいほどデメリットはない

デメリット

一般的に FR や4WD に比べてチープな感じがする

FR や4WD に比べで加速とブレーキングが苦手

エンジンの振動が伝わりやすいこと

ハイパワーエンジンの搭載が難しい

コーナリングが苦手(アクセルオン:曲がりにくい、アクセルオフ:内側に切れ込む)

フロントタイヤの摩耗が激しい

FF車でドリフト

よくFR車でドリフトをしている走り屋がいますがかっこいいですよね

そう言えばFF車でドリフトをしている人は少ないように思います。

ドリフトしにくいFF車でドリフトが出来れば目立ちますね!

FF 車でのドリフトの仕方

フロントにはグリップの良いタイヤを、そしてリアには可能な限り細くて溝のないグリップの低いタイヤを履きます。

リアは空気圧を高めにします。

リアは基本トーアウトをするように設定します。

サスペンションは フロントのトラクションを稼ぐためにできるだけ固めに設定します。

早い進入速度でコーナーリング中にブレーキングをするとテールが流れます。

感覚的に流れ出すのが分かってからすぐにカウンターを当ててアクセルオンします。

この時に進入速度が遅いとリアがグリップしてしまいテールがスライドしません。

コーナー出口辺りでようやくリアがグリップしてきます。

グリップしたと同時にステアリングをセンターに戻しましょう。

タイミングが遅れてしまうとハンドルを切った方向に突っ込んでしまい、早く戻しすぎると内側に切れ込んできます。

タイトコーナーでは操作に余裕がないので、サイドブレーキを使用して一気にリアを出します。

Fドリ シビック

初心者のドリフトの練習の仕方

なるべくグリップしないタイヤをリアに履きます。

そしてそんなにスピードを出さないままハンドルを切って、サイドブレーキを引いてスピンをしてみます。

それが成功したら次にスピンをしないようにカウンターを当ててみます。

90°で止めることができれば上出来です。


スポンサーリンク

FF車での雪道走行について

FF は駆動輪である前輪に重量物があるので比較的雪道に強いと言われています。

ですのでスタッドレスタイヤさえ履いておけば大抵の雪道だと走破してしまいます。

ここで注意してほしい点があります。

FF 車は前輪駆動がゆえにコーナーリングが苦手です。

前輪駆動なのでテールが流れやすいんです。

FR 車はテールが流れてもコントロールしやすいのですが 、FF 車はコントロールできなくなる可能性があります。

FF 車でコーナーを曲がる秘訣

FF 車でコーナーを曲がるときは車体が滑らないようにゆっくりと曲がることです。

ではゆっくり回るにはどうしたらよいか?

カーブに進入する前に十分に減速をしておく事

ステアリングを普段よりゆっくりと回すこと

スピードを十分落としていればハンドルをゆっくり回すことができます。

逆にスピードがついているとハンドルを素早く回さなければなりません。

まあどの駆動方式も急なハンドル操作は控えなければなりませんが・・・

FF 車はまっすぐ走るには問題はありません。

雪道での下り坂のタイトコーナーでは十分注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一般的に FF 車は万能だと言われています。

急な坂道や急カーブが多い山道などの下りは少し苦手ですが、一般道では全く問題がありません。

雪道もほとんどの場合は問題ありません。

またガゼルが年に30回以上スキー場に通っていても特に困ったことがないです。

雪道では特にですが、下りのカーブが少し厄介だと思っています。

そういうことが分かっているので、雪道の下り坂ではかなりスピードを落として走行しています。

上り坂では特に問題がないので、スタッドレスタイヤを履いておけばスイスイ登れます。

ガゼルにとっては、荷物がどれだけ積めるかの方が重要問題です。

FF 車にするのか? FR 車にするのか?4WD 車にするのか?

それは 使用目的に合った車種を選ぶことに尽きます。

私の記事が参考になりましたら幸いです。



スポンサーリンク

-エンジン駆動系