運転 高齢者問題

高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違えを防止する方法とは?

2018/06/20

高齢者に限ったことではありませんが、アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故が増えています。

私も過去に経験はしています。

私の場合は幸いにも事故には至りませんでした。

一度踏み間違えはしましたが慌ててブレーキに踏み変える事が出来たのです。

初心者の時にこれをやってしまっていたら分かりませんでした。

高齢になると判断能力が低下しますのでこういった事故は起こりやすくなると思います。

そこで高齢者の踏み間違え事故をどうやったら防げるのか考察していきたいと思います。


スポンサーリンク

そもそも踏み間違えはなぜ起こるのか?

踏み間違えの原因は?

AT車ではアクセルペダルとブレーキペダルが並んで付いています。

しかも操作する時は右足だけです。

左足は使いません。

同じ足で踏み込むという同じ動作する装置が並んでいるため踏み間違えが起きると考えられています。

なぜ加速したままで突っ込むのか?

自分が想定したことと真逆の動きが起こると気が動転してしまうことで操作を誤ると考えられます。

ブレーキを踏んだつもりがアクセルを踏んでしまったそれで止まるはずだったが加速してしまった。

それに気が動転して更にアクセルを踏み込んでしまった。

という流れです。

気が動転しているので、アクセルとブレーキを間違えたのでペダルを踏みなおすといった行動はできないのです。

事故を起こしたドライバーの証言にも「ブレーキを踏んだのに加速してしまった」ということが多いです。

またバックしているときに体をひねって後方を見ていると、脚が前を向いているのに後ろを意識しないといけないという前後のずれで、操作を誤ってしまうということも起きてしまいます。

突然携帯が鳴ったりいろんなことで注意をそがれる事がありますので、いつ操作を間違える危険があるかは分かりません。

オートマティック(AT)による間違い

 

踏み間違えはマニュアル車(MT)では起こりにくい事なのですがAT車では起こりやすくなります。

MT車では左足を使いますし、それぞれ役割が違います。

左足はクラッチ担当ですが、このクラッチを踏み込んでギアを入れないと動力が伝わらないような仕組みになっています。

つまり右足で思いっきりアクセルを踏み込んでもクラッチがつながっていないと発進しないわけです。

操作が複雑なので間違える事はありますが、仮に間違えたとしても事故には至らないことが多いのです。

構造が複雑なことで運転しずらいMT車ですが逆にそれがプラスに働く面もあります。

ところがATは違いますよね。

右足だけですべて完結しますから踏み間違えの危険性が高いわけです。

フロアマットによる危険性

ある事故で運転手がブレーキが利かなくなったと証言しています。

しかしブレーキの不具合は見つからずフロアマットを二重に敷いていることが原因ではないかと結論図けられました。

純正のマットでも足を強くずらすとマットが外れてしまうものもあったので、そのことでアクセル操作が阻害されたと考えられる事例がありました。

二重に敷かれていると重なった部分が降り曲がったりすることで、ブレーキが踏めないこともあるかもしれませんから要注意ですね。

私はフロアマットではないのですが、缶ジュースを飲んでいて誤って落としてしまいました。

それがブレーキペダルの下に挟まってしまいブレーキペダルが踏めず慌てたことがあります。

どこに危険が潜んでいるかわからないので油断は禁物です。


スポンサーリンク

踏み間違えの対策

各メーカーによる踏み間違え防止アシストシステム

駐車場でブレーキとアクセルを踏み間違え、車止めを乗り越えて店舗に突っ込んだという事故が増えてきました。

各メーカーとしても対策に乗り出しています。

●トヨタ 「インテリジェントクリアランスソナー」
搭載車種・ヴェルファイア、ハリアー、クラウン、アルファード

●日産 「踏み間違い衝突防止アシスト」
搭載車種・エルグランド、エクストレイル、ノート、セレナ

●ホンダ 「誤発進抑制機能」
搭載車種・ジェイド、オデッセイ、レジェンド

●三菱 「誤発進抑制機能」
搭載車種・ekシリーズ

●マツダ 「AT誤発進制御」
搭載車種・アテンザ、CX-5、デミオ、アクセラ

●スバル 「AT誤発進抑制制御」
搭載車種・XV、フォレスター、レガシイシリーズ、インプレッサ

●ダイハツ 「誤発進抑制制御機能」
搭載車種・ムーヴ、ミライース

●スズキ 「誤発進抑制機能」
搭載車種・アルト、スペーシア、ワゴンR

いずれも前進時や低速走行時に急なアクセル操作を感知するとエンジンの出力を抑えて警告音を出したりします。

それでも運転手から操作されることがなければ段階的にブレーキがかかったりするシステムになっています。

ナルセ機材のワンペダル方式とは?

事故を防ぐためにアクセルとブレーキを一体化させた世界で唯一の安全設計ペダルとうたっています。

ではどのような仕組みなのでしょうか?

ワンペダルは1つのペダルに足を置いたまま操作します。

仕組みはこうです。

●足を右に傾けるとアクセル踏み込むとブレーキになります。

●更にアクセルをかけたままでペダルを踏み込んでもクラッチが外れてアクセルを踏んでも車は前に進まない仕組みになっています。

これで車の暴走は防げますね。

運転中に操作を誤ったとしても止まれるんだという安心感があります。

●ワンペダルは右足用と両足用があります。

●身体障碍者手帳により助成金が活用できます。

オートバックスのペダルの見張り番とは?

●ブレーキとアクセルを同時に踏んだ場合ブレーキが優先されるシステム

●アクセルを強く踏み込んでも車が急発進しないシステム

●バック時の踏み間違えの急発進も防ぎます。

●いろんな車種100車種に対応しています。

●1年間の交通事故補償がついています。

ナンキ工業のSTOPペダルとは?

●急激にアクセルペダルを踏み込んだらブレーキに変わり車体を停止させる。

●踏力を緩めれば再びアクセルに変わります。

●短時間で取り外しが可能

●踏み込む力の調整が可能

●ほとんどの車両に取り付けが可能


スポンサーリンク

まとめ

車はオートマティック(AT)になって運転が楽になりました。

しかしその一方で緩慢な運転になったり横着な運転になったりと車にまかせっきりになっている付けが回ってきているように思います。

お年寄りはマニュアル車を運転すればいいといったような極端な意見もあります。

確かにマニュアル車だとクラッチという余計な操作が入りますので発進ミスは起きにくいと思います。

しかし現在のセーフティーテクノロジーでは限界があります。

ですのでどうしても個人の運転技術にゆだねられるところがまだ大きいと思います。

年を取って判断能力とか運動神経が衰えるのは仕方がないことです。

それでもお年寄りも生活の為に車に乗らないといけないのであれば、より一層安全運転技術が進化するように期待するしかないですね。

私の記事が参考になりましたら幸いです。



-運転, 高齢者問題