洗車

キイロビンゴールドは水垢やうろこ取りに効果はあるの?

晴れた日はそんなに気にならないのですが、雨がたびたび降りだすと気になるのがフロントガラスの汚れです。

特に油膜がついた場合には、雨の降っている夜間ではギラギラして前方の視界が悪くなります。

視界が悪くなるので当然運転に支障をきたす場合もあります。

こんな油膜の汚れは早急に取り除きたいものですね。

落ちにくい油膜の汚れは、一般の泡状の油膜取りスプレーではなかなか落ちません。

そこで液状の油膜取りをお勧めします。

今回紹介したいのはキイロビンと言う液状タイプの油膜取りです。

キイロビンは、カー用品店に行くと必ず置いてある有名な液状の油膜取りの商品です。

今回はキイロビンの成分や効果さらには施工の仕方など詳しく説明したいと思います。


スポンサーリンク

キイロビンの成分と効果

強力な油膜取りであるキイロビンはどのような成分を含んでいるのでしょうか?

またどんな効果があるのでしょうか?

キイロビンの成分

キイロビンの主な成分は、酸化セリウムというガラス磨きの仕上げ剤です。

研磨剤は含んでおらずガラスを傷つけません。

キイロビンの効果について

前述したように研磨剤は含んでおらず、ガラスに傷をつけないで油膜、太陽光で焼き付けられた被膜を落とす効果があります。

キイロビンは雨が降った時に視界を悪くする、フロントガラスについた油膜や被膜を 完全に除去してくれます。

フロントガラスのギラつきを落とすことによって安全に運転ができるようになります。

さらには落ちにくい頑固な油膜や劣化したガラスコートも簡単に落としてくれます。

また後述しますが、ガラスコーティング作業をする前にキイロビンで油膜を取っておけばコーティングの効果が増大します。


スポンサーリンク

キイロビンで水垢うろこ(イオンデポジット)は落とせるのか?

頑固な水垢やイオンデポジットは落とせるのか?

という疑問に応えていきたいと思います。

水垢やイオンデポジットは落としにくい

ガラスを掃除していると気になるのが白い水垢イオンデポジットです。

白いうろこ状の水垢のことです。

 

これを落とす専用のクリーナーがあるのですが、キイロビンでそれが落ちるのかという疑問があります。

実際にやってみると落ちないことはないのですが、かなり擦らないと落ちないということがわかります。

結構労力を使い疲れますので、やはりイオンデポジットには専用クリーナーを使用しましょう。


リピカ(ripica) イオンデポジットクリーナー 200ml K014

[DETAILING LIQUID] ウォータースポット(シリカスケール/イオンデポジット)除去剤プラス 100ml コーティング施工車・黒濃色車対応 美装業務用

ガレージ・ゼロ 洗車用 イオンデポジットクリーナー 200ml
キイロビンの成分がイオンデポジットを除去したというよりも力技で落としたというのが事実です。

キイロビンの使い方

油膜取りの性能に優れたキイロビンですが、使い方を誤ると性能を引き出すことができません。

そこでキイロビンの性能を最大限に引き出した使い方を紹介します。

作業工程は四つに分かれています。

作業工程

1、フロントガラスを水洗いし簡単に汚れやホコリを落とす。
2、キイロビンをガラスに塗布して油膜や被膜や古くなったコーティング剤を除去。
3、キイロビンで 水垢、ウロコを落とすのは大変なので専用クリーナーを使用する。
4、ガラコなどの撥水コーティングを施行する。

1. ガラス面についている砂やほこりをそのままにして施行すると傷の原因になります。
ですので水で綺麗に洗い流したり濡れた布で綺麗に拭き取りましょう。

2.次にキイロビンをガラスに塗布します。
キイロビンは油膜や被膜を取る効果が高いので、付けて擦るだけで簡単に取れてしまいます。

3. キイロビンは油膜や被膜専用なので水垢やウォータースポットを除去するのは大変ですです。
そういった場合には専用のクリーナーを使用しましょう。

4.キイロビンで油膜や皮膜を除去した後そのままにしておくと、またすぐに元通りになってしまいます。
そうならないために撥水コーティングを施工しましょう。

キイロビンで傷はつくのか?

ガラスを磨くということで傷がつきはしないかと不安に思われる方は多いようです。

しかしキイロビンには一般的な研磨剤などは一切入っていません。

キイロビンは酸化セリウムという成分で油膜を落としてくれます。

ですので傷の心配は一切ないのです。


スポンサーリンク

キイロビンとガラコを併用する効果について

前述したようにキイロビンは、酸化セリウムと呼ばれる成分が含まれています。

ですのでガラスを傷つけないで油膜を落としてくれます。

それだけではすぐにまた油膜がついてしまいますので、綺麗に油膜を落とした後はガラス撥水剤を塗布します。

有名なガラス撥水剤としてガラコという商品があります。

ガラコは塗るタイプもありますが、ムラができたりする欠点があります。

ですからスプレー式のガラコのダブルジェットを使用すると施工も簡単で良いでしょう。

初心者でも簡単に施工ができて、雨の日などはワイパー動かしながらワンプッシュで撥水効果を得られます。

ガラコのダブルジェットは、かなりの撥水効果がありワイパーがビビることもなく視界が良好になります。


SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア ダブルジェットガラコ耐久強化 180ml 04169 [HTRC2.1]

キイロビン120と200違いについて

キイロビンには120と200がありますがどこが違うのでしょうか?

実は成分には変わりがなくキイロビン120は内容量が120 g


PROSTAFF(プロスタッフ) ウインドウケア キイロビン120

キイロビン200は内容量が200 g ということなのです。


PROSTAFF [ プロスタッフ ] キイロビン200 933A41

内容量が違うだけです。

普通乗用車であればキイロビン120で十分足ります。

しかしアマゾンではキイロビン200の方が安いのです。

そうなるとキイロビン200の方がお得ですね!

キイロビンゴールドの効果

キイロビンゴールドはキイロビンの発展版です。

成分は酸化セリウムに加えてガラス系のナノパウダーが入っています。

そのことによって油膜や被膜をさらに早く分解することができるようになりました。

ガラス系のナノパウダーを新たに加えることによって、従来のキイロビンの約2倍の速さで油膜を除去することができるようになりました。


PROSTAFF(プロスタッフ) ウインドウケア キイロビン ゴールド A-11

まとめ

いかがでしたでしょうか?

キイロビンは大変優れたガラスの油膜取りです。

キイロビンゴールドはキイロビンの性能を飛躍させた商品です。

使用することでガラスの透明感がさらに増すことでしょう。

しかし注意したいのはキイロビンは油膜取り専門だということです。

ですから水垢やイオンデポジットなどを落とすのには向きません。

大変な労力を要しますので専用のクリーナーを使用することをお勧めします。

キイロビンで油膜や被膜落とした後はガラコなどのガラス撥水剤でガラスを保護しましょう。

そうすることで視界が良い状態が長い間持続することになります。

私の記事が参考になりましたら幸いです。


スポンサーリンク

-洗車