ジムニー

ジムニーは狭い!JA11の後部座席を広くする方法とは?

2018/06/20

一般的にジムニーの室内は、狭いと言われています。

考えてみればオフロードを走るための車ですので、快適性は犠牲になっています。

ジムニーを購入する際にはそういうところも考慮しないといけません。

しかし割り切れる人ばかりではないので、どうすればいいのか考えなければなりません。

もう少しジムニーの後部座席が広かったら家族4人乗れるのに

もう少し荷室が広かったらキャンプでも使えるのに

もう少し全席の足下が広かったら楽に運転できるのに

Ja 11のリアシートは狭すぎてどうにかならないものか?

ジムニーの荷室を広くとるにはどうしたらよいのか?

JA11の後部座席を広くするにはどうしたらよいのか?

あなたもこのようなことで悩んだことがありませんか?

これらの疑問について考えていきたいと思います。


スポンサーリンク

JB23車内は狭い

JB23は現行型ですので、以前のモデルよりは広くできています。

誤解を受けないように言っておきますが、車内の広さは変わりません。

車体の大きさがほとんど変わっていないからです。

荷室ではなく人が乗車する空間の広さのことです。

🔷 あなたの車を一番高く買い取ってくれる業者はこちら!

JB23の前席は広い?

しかしどのジムニーも運転席と助手席であれば、なんとか乗車できる感覚です。

JB23の運転席シートは座面が広いので、長距離を運転しても疲れにくい造りになっています。

人によって感覚は違うのですが、室内を広くとるためかシートは薄めに作ってあります。

ですので快適とは程遠い座り心地となります。

ジムニーの室内は運転するのに必要な最低限の広さを確保している程度です。

家族や友人をのせて長距離のドライブに出かけるというスタンスではありません。

ジムニーの室内の狭さを我慢できるかどうかということです。


スポンサーリンク

JB23後部座席は狭い

しかし後部座席は、大人が乗るには狭すぎて足を伸ばすことは難しいです。

やはりジムニーは、オフロードを走るための車なので足回りのストロークを確保するために室内の広さは考えられていません。

つまりオンロードを快適に走るためには造られていないのです。

ただし JB23は、以前のモデルに比べて後部座席の足元の広さは確保してある方です。

後部座席はおまけのようなものですから、荷物置き場と割り切った方が良いです。

後部のラゲッジ部分は

後部座席がスライドできますので、めいっぱい後ろに下げるとさすがに荷室は狭いです。

後部座席を倒した時の段差をなくす方法とは?

後部座席は倒すことができますが、かなり段差ができてしまいます。

この段差をなくす方法があります。

それは後部座席の座面を取っ払うということです。

合わせてヘッドレストも取らなければなりません。

後部座席の座面を取り払うことによって、後部のラゲッジ部分は平になり荷物を積みやすくなります。

段差部分が邪魔になって積めなかったものも積めるようになります。

JB23ジムニー 後部座席 大人

前述したように JB23のジムニーの後部座席に大人が座るのはつらいです。

大柄の大人ですと拷問です。

後部座席に子供が乗る場合であれば4人でも移動ができます。

しかしいずれにせよ荷室が狭くなり荷物は多くは積めません。

ですので長距離の移動は大変になります。

昔のグレードよりは人間が乗車するのは楽になっていますが、いずれにせよ大人4人が乗って移動するほどジムニーの室内は広くはありません。

🔷 無料!車一括査定おすすめランキングはこちら!

JA11の室内は狭い

JB23と同様 JA11の室内は、かなり狭いと言えます。

ただ JA11に乗っている方は、ジムニーのイメージを大切にしている人が多いので狭さも気にならない人が多いです。

JA11は悪路を走る車であり街中を快適に走る車ではないと割り切っているのです。

つまりマニアにとっては、この狭さも荒地をワイルドに走るというイメージにぴったりなので十分に満足できるのです。

JB23よりも大人が4人乗車してドライブに出かけるというのは拷問に近いです。

JA11の後部座席は狭い

ただしノーマルの JA11の荷室は JB23よりも広くなります。

つまり荷室のおかげで後部座席は JB23よりも狭いわけです。

これはどういうことでしょうか?

JA11の後部座席は狭いその理由とは?

そもそも JA11は4ナンバーの車です。

4ナンバーの車というのは、後部は 貨物扱いになります。

ですので人は乗れますが、とにかく荷室の広さを確保しなければならないのです。

つまりジムニーの後部は、人が乗るスペースよりも荷物を積むスペースの方を広くしなければならないのです。

ジムニーはもともとを室内が狭いので、荷室を確保してしまうと後部座席が犠牲になるのです。

さらに荷室を確保するために、後部座席のシートはスライドできないように固定になっています。

ですので運転席を少しでも下げてしまうと、後部座席 の足元は足が入らないほどになってしまいます。

これでは大人どころか子供も乗車出来なくなってしまいます。


スポンサーリンク

JA11の後部座席の足元を確保する方法

前述したように JA11 の後部座席は、人が乗るには狭すぎます。

なぜなら座席がスライドできないし、取り付け位置も適切ではないからです。

その理由は貨物用にしているからです。

もう少し後部座席を後ろに出来れば人が余裕で乗れるのにと思いますね。

それを実現するパーツが、タニグチというメーカーから出されていましたが、今は生産中止となっています。

これは後部座席の下にスライドするレールをつけて、後部座席を自由に前後できるようにするパーツです。

 

残念ながら現在は生産されていないのでヤフオクなどで落札する人が多いです。

確実に落札できるとは限らないのであとは自分で自作するしかありません。

後部座席を後方に固定する方法

後部座席を後方に移動するにはボルト止めですが、ステイを使って後方に固定します。

その際シートが低すぎるのでスペーサーを交わさなければなりません。

タニグチ製のスライドシートを取り付けても、車検時には外さないといけないのでボルトで固定しても同じことです。

自分で自作すれば費用も安く済みますし、ぜひチャレンジしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ジムニーの車内空間は狭いです。

それはジムニーがクロスカントリーを走るようにできていることにあります。

広い車内空間は、荒れ地を走るための性能をスポイルしてしまいます。

つまり悪路を走るために車の剛性を高めなければならないので、必然的に車内は狭くなります。

モノコックボディであれば室内を広くとることができますが、ジムにはラダーフレームですのですでにスペースが限られています。

それを良い方にとるか悪い方にとるかで評価は変わってきます。

はっきり申しますとジムニーは、悪路を走るための車ですので乗り心地とか車内の広さは諦めてください。

乗り心地とか車内の快適性を求めるんであればハスラーをお勧めします。

ハスラーであればそこそこ悪路も走れますし快適です。

ジムニーが気に入って購入したのであれば「あばたもえくぼ」ということわざがありますが、悪いことに目をつぶれば弱点も長所になることでしょう。

私の記事が参考になりましたら幸いです。



車一括買取業者ランキングあなたはどの業者にする?

今回は、ランキング形式で業者選びを悩んでいるあなたに、おすすめの業者を提案していきます。

おすすめ順は、比較できる業者が多い所です。

結局、どこの一括査定サービスもやることはあまり変わりません。

結論から言うと、買い取り業者を探すことができる「カーセンサー」をメインに利用するべきです。

どうせ同じようなサービスを利用するのであれば、選択肢が多い方が有利だということです。

また一括査定の利用に踏み切れない理由として、多くの業者からひっきりなしに営業の電話がかかってくるというのがあります。

その解決方法としてオークション形式を採用している業者を選ぶのも一つの方法です。

この業者を利用すると窓口は業者の担当者だけですので迷惑な営業電話は来なくなります。

01

カーセンサー.net簡単ネット査定

●電話ではなくメール連絡や電話の時間指定が可能

●提携買取業者数No.1

●有名なカーセンサーなので知名度、信頼度抜群!

詳細は今すぐこちらをクリック

02

ユーカーパック

個人情報は漏れず、複数の強引な営業の電話は一切なし

申込みと同時に買取相場が分かる

●オークション形式なので値段が上がっていくのを見ているだけ

詳細は今すぐこちらをクリック

03

愛車を高く売りたいなら楽天オートで!

●利用料無料なのに申込みをするだけで楽天5ポイント

●成約で楽天1,500ポイント

●申し込み前に査定業者を選択する事が出来る。

詳細は今すぐこちらをクリック

04

ズバット車買取比較

●申込みするとすぐに買取相場が分かる

●比較できる買取業者が多い

●買取業者を自分で選択できる

詳細は今すぐこちらをクリック

05

かんたん車査定ガイド

●申込みするとすぐに買取相場が分る

●今現在の年間利用者数はトップ!

●JADRIの審査に通過した優良業者

詳細は今すぐこちらをクリック



-ジムニー