スズキジムニー

ジムニーの4ドアが欲しい!だったらテリオスキッドはどうよ?

現在のところジムニーには2ドアしかありません。

ジムニーが欲しい人の中には「4ドアがあれば良いなぁ」と思う方もいらっしゃると思います。

ジムニーの4ドアがあれば乗り換えようと思っている人もいると思うんです。

ガゼルも「荷物が積めて、なおかつ大人4人が普通に乗れるジムニーがあればいいのになぁ」と思います。

ほとんどの人は、車二台持てないので我慢するか諦めるしかないと思うんです。

ジムニーの4ドアは今までなぜ出なかったのか?

4ドアのジムニーは出たら売れるのか?

新型のジムニーに4ドアの設定はあるのか?

ジムニーの4ドアのカスタムをしてくれるところはあるのか?

4ドアが欲しい人には、ハスラーがあると言ってしまえばそれまでなのですが性能が違いすぎます。

ジムニーが欲しい人は、ジムニーじゃないといけないんです。

そこで今回は、ジムニーの4ドアについていろんな疑問に答えていきたいと思います。


スポンサーリンク

ジムニー 4ドアなぜでない!

ジムニーのスタイルが、アンバランスになってしまいます。

ジムニーを4ドア化すると、確実に重量が増えてしまいます。

ついでに剛性が不足して、悪路での走破性も悪くなってしまいます。

4ドア化することによって、コストも上がってしまうかもしれません。

何よりもジムニーらしくなくなり需要が減ると思われます。

ジムニー 4ドア 出たら売れるか?

まず売れないでしょうね。

ジムにはクロスカントリーを走るための車です。

実際にクロスカントリーを走る人は少ないでしょうが、これがジムニーの方向性ですから変えることはないと思われます。

クロスカントリーをどの車よりも安定して走らせるにはどうしたらいいか?

やはり重量を減らすことと剛性を強くすることですね。

4ドア化することによって重量増は避けられませんし、ドアが2枚増えることで剛性も落ちると思うんですね。

ジムニーでクロスカントリーを走る人も走らない人もイメージは大切にしていると思うので、そんな人が4ドアのジムニーを選ぶはずがないのです。

4ドアのジムニーはある一定の需要はあると思います。

しかし従来のジムニーのイメージを壊しかねないので、スズキはジムニーの4ドア化には全く興味がないはずです。

一部のジムニーファンには申し訳ないですが、ジムニーの4ドア化は諦めた方が良いでしょう。


スポンサーリンク

ジムニーの新型に4ドアが設定されているのか?

フルモデルチェンジ情報 分かっている範囲をまとめてみた!

強靭なラダーフレームの上にフロントミッドシップにエンジンを置いて、大径タイヤを採用しているジムニーは特殊な車です。

ホイールベースの中心にドライバーを配置させる4WDスポーツがジムニーのアイデンティティならば、後席ドアを設置するというスペースはありません。

しかし多少なりとも妥協すれば、もちろん4ドア化はできる可能性はあります。

あくまでも想像ですが、4ドア化によってひょっとしたら売上が上がるかもしれません。

しかしガゼルはこれは一時的なものだと思っています。

たとえ利便性を追求したジムニーが登場し、4ドア化を待っていたユーザーに受け入れられたとしても、従来持っていたジムニーのイメージを壊す方がダメージが大きいと思います。

パジェロミニの失敗

それはパジェロミニの例を挙げるとよく分かると思います。

パジェロミニは、ジムニーと方向性を変え一般の人にも軽のSUVを認知させたということに関しては功績があります。

しかしそのことによって、パジェロの持ってるイメージがくずれてしまい価値を失ってしまいました。

ブランドイメージが崩れてしまったため、結局はジムニーの後塵を拝することになったのです。

ジムニーの方向性

スズキがジムニーをどう捉えているかによって方向性が変わってきます。

つまりジムニーをジムニーとして見ているのか、ただの量販製品と考えているのか、それによって答えは変わってくると思います。

ジムニーが妥協の産物になってしまったら、ジムニーはジムニーでなくなると考えます。

基本的にはジムニーはクロスカントリーを走るための車であり後部座席の快適性は二の次だと言うことです。

結論としては新型でジムニーの4ドアは出ないということです。

ジムニー 4ドア カスタム

JYMNY CUSTOM

こちらでやってくれるようです!

JYMNY CUSTOM

vol.8 『ジムニー4ドア』

ジムニーユーザーなら誰でも憧れる4ドアです。

4ドアだからといって軟弱ではありません。

リフトアップ&ワイドタイヤでかなり迫力があります。

インパクトはかなり変わりそうです。


スポンサーリンク

テリオスキッドがあるじゃないか!

ジムニーと同じ4WDで大経タイヤを履いてターボとマニュアルの設定もあります。

唯一違うところは、テリオスキッドが4ドアであるというところです。

4ドアでクロスカントリーも走れる理想にぴったりの車がテリオスキッドです。

現在は販売中止となっております。

テリオスキッドは、ジムニーよりも重くさらに4ドアであるが故に剛性も低いです。

従って走破性においてジムニーには到底かないません。

しかしターボ+ mt +4ドア+最低限以上の実用性を併せ持ったテリオスキッドは希少価値があります。

テリオスキッドのメリット

SUVなので着座位置が高く見晴らしが良い

運転がしやすい

街乗りではパワーがありエンジンは静か

ジムニーよりオーディオの音質が良い

●センターデフの4WDのため取り扱いが楽

●5ドアなので荷物の積み込みが楽

以上がテリオスキッドのメリットとなります。

やはり4ドアだと実用性が高いと言うことがわかります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「ジムニーに4ドア仕様があればすぐにでも買うのに」という方は実際にいらっしゃいます。

車を2台持ってないがジムニーには乗りたい

子供が増えたので2ドアではしんどい

こういった方には申し訳ないですが、ジムニーを諦めるかカスタムをするかどちらかの選択になると思います。

でも実際、家族四人でジムニーを所有している人もいます。

日常的に利用するには、大変なこともたくさんあるようです。

しかしどうしてもジムニーじゃないといけないという人は、我慢すべきだと思っています。

どうしても我慢できない人は、別の車ハスラーとか中古のテリオスキッドを選ぶべきでしょう。

新型にもおそらく4ドアは設定されないでしょうから、その辺は考えていたいほうが良いでしょう。

私の記事が参考になりましたら幸いです。


スポンサーリンク

-スズキジムニー